肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にして楽になったら終わりではなく、楽になったら原因をみつけること、北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを楽に

肩こりを楽にしていくなら筋肉ばかりほぐしていないで肩こりの原因をみつけていかないと根本的には治りません。肩こりを感じていない時も原因は進行していくからです。

肩こりを起している時には原因があります。単純な筋肉のコリから起きる肩こりはあまりありません。

当院では今まで多くの方の肩こりを楽にしてきましたが、全員が筋肉だけで起きている肩こりではありませんでした。

もちろん筋肉からほぐしていきますが、その先に肩こりを起こしている原因があります。しかし肩こりと言うのは筋肉さえほぐしてしまうとわからなくなりますが、肩こりの原因が残っています。

専門家の先生もそこまで見つけることはしていません。筋肉さえほぐしてしまえば楽になるからですが、一時的なコリ止めばかりしていると原因もいつまでも同じままではありません。

体は何かの痛みやコリが起きるときには、体が悲鳴を上げている時です。体は痛みやコリとして自分に気がつくようにして警報を鳴らしています。

しかし人は、それを簡単に考えています。

何も原因がなくて肩こりが起きることはありません。何かの原因で肩こりになっています。

その原因を見つけることは多くの方ができませんから、対症療法ばかりしています。

対症療法は

対症療法と言うのは原因をみつけることができない方がしている治療法です。

原因をみつけることはたやすいことではありませんから、一番、簡単な方法が多くあります。

湿布を貼ったりすることも対症療法です。肩こりになる原因は関係ありません。火元を見つけることなく警報のスイッチを切るだけです。もりろん単純な筋肉のコリもあるかも知れません。しかし今まで30年以上、肩こりを解消してきて筋肉だけの肩こりはありませんでしたし、さらに最近は肩こりも複雑化してきています。

例えば、病院で注射を打ったりすることも注射を打っても痛み止め、コリ止めです。一時的なコリを改善していると言うよりも痛み止めですからコリをわからなくしていると言う事ですね。コリ止めをして間に合わせている感じです。

低周波治療器や電器も同じことです。低周波の電流をプラス端子からマイナス端子へ電気を流します。低電流を流して筋肉を動かしていきます、これをほぐすと言いますが、確かにリンパの流れが良くなって老廃物が流れます。循環が良くなります。しかし筋肉を動かす時には筋肉疲労が多くなります。つまり筋肉が付かれているのに、さらに筋肉疲労を多くして積み重ねていきます。当院では昔は低周波治療器や電器を使っていました、意味も考えもせずに。

マッサージも専門家の方に揉んでもらっても家族の方に揉んでもらっても筋肉を中心にほぐしますから、その先にある原因は関係ありません。筋肉をもめばリンパの流れが良くなって老廃物が流れます。循環が良くなります。

最近の肩こりは

昔と違って最近の肩こりは違ってきています。

と言うのも検査することができますから、本当に肩こりが筋肉のコリが中心で起きているのか、見つけることができます。

検査することで発見できるのは、背骨が炎症やハレを起こしている方や髄膜まで炎症やハレを起している方がいました。

普通では考えられないことなんですが。

でも、実際に起きています。検査する時も何回も見直していますが、同じ結果になります。

骨に炎症やハレというと「え~うそだろ」と言う感じですが、本当に起きています。

しかし背骨の炎症やハレも起きる原因があるから起きている訳ですから、さらに原因をみつけることをしないと肩こりを改善することができまんせんから。

もちろん普通の背骨のズレがあります。普通の背骨のズレがある上に背骨の炎症やハレが重なって起きています。

背骨の問題が起きる原因

背骨のトラブルが起きる原因は体調の悪さと寝不足になります。

最近は寝ているようで眠れていません。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると自分で思っていても誰が見ても寝ているようでも脳から寝ていないと眠れていません。

脳が休養を取って眠らないと眠りとは言えません。睡眠負債と言う言葉があります。寝る時間ではなく脳から寝ていないことを言います。

昔でしたら夜に寝ようとすると寝つきが悪く1時間も2時間も眠れなかったりと言う方が不眠症でした。

また何とか眠れるけど夜に目が覚めてしまうと1時間も2時間も眠れない方もいます。

しかし最近は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている方がいて、異常と思えるほど体調が悪いのですが、本人は、それを感じていません。

つまり体調の悪さをわからなくなっています。この方は痛みやコリも感じにくくなり風邪も引けません。インフルエンザも隠れインフルエンザになります。

体調の悪さは限界まで悪くなります、限界といっても奈落の底のような体調の方がイヨイヨ目いっぱい悪くなって肩こりになるという方も多くなっています。

この方は自分では元気だと思っています。感じていないしわかっていないからです。

ここまで悪化した肩こりは良くするのが大変です。

簡単にいく肩こりではありません。

肩こりを回復させるのは

体調を上げても上がりません。何をしても回復しませんし、治療したすぐから落ちていきます。持続する力がありませんし、維持することができません。最大の理由は脳にあります。

脳の生命機能の中枢が機能が落ちています。治療した状態を維持して回復させていくのは脳や脳幹の力です。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ている睡眠は、寝ながら考え事をしている睡眠になります。

つまり寝ていても脳は寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は妄想に近い睡眠です。寝ている時にどんどん体調が落ちていきます。寝ている時の方が回復するよりも落ちていくスピードが急速に早くなります。

ここまで落ちている方が、多くいます。当院では簡単には回復させることはできません。

体調を落とすとハイテンションになります。笑い方もハイテンションになります。

会話ができなくなります。

妄想が多くなると思い込みが多くなります。

物忘れが多くなります。

うっかりが多くなります。

記憶障害になります。

肩こり所では済みません。

内臓にも負担が大きくなります。特に心臓が負担を起こしていきます。

 

 

肩こりを楽にしていく為には楽になったら原因をみつけて改善することから、北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年03月06日