カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは荒々しい、痛い、怖いと言うイメージがありますが、当院のカイロプラクティックは技術力の進歩により痛くもなく怖くもなく安心で安全なカイロプラクティックをしています。

何もボキボキしなくても骨盤の矯正、背骨の矯正はできるからです。

痛みやコリの原因は骨盤の歪み・背骨のズレが原因なんですが、どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きたのか、と言う原因があります。

何も原因がなくて骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。何かの原因があるから骨盤の歪み・背骨のズレになりますから。

姿勢、猫背で骨盤の歪み・背骨のズレが起きることもありません。確かに肩関節、股関節の脱臼はありますが、背骨の脱臼はありません。

背骨は中枢神経を守っていますから。簡単に歪んだり、曲がったすることはないように作られています。それをカバーしているのがじん帯や筋肉です。

猫背や姿勢で背骨が曲がると大変なことになります。

では、どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのか、と言う原因になります。

運動しても骨盤の歪み・背骨のズレは起きることはありません。

スケートで転んでも飛んでも骨盤の歪み・背骨のズレは起こりません。

ランニングで走っても骨盤の歪み・背骨のズレは起こりません。

バーベルを持ち上げても骨盤の歪み・背骨のズレは起こりません。

ジャンプしても骨盤の歪み・背骨のズレは起こりません。

テニスをしても骨盤の歪み・背骨のズレは起こりません。

野球をしても骨盤の歪み・背骨のズレは起こりません。

泳いでも骨盤の歪み・背骨のズレは起こりません。

カイロプラクティックと言うのは

しかし、

外からと内からとダメージがあると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

外からあるダメージとは、毎日の生活、仕事、運動、寝不足でたまる疲れやストレスがあります。この疲れやストレスは体の内側にたまります。

しかも体の内側に疲れやストレスがたまるということは筋肉にもたまりながらある部分に多くの疲れやストレスがたまります。

それは内臓に蓄積していく疲れやストレスです。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓と中枢神経しかありません。

水に疲れやストレスがたまることはありませんから、あとは筋肉とじん帯、内臓(大脳なども)しかありません。

つまり疲れやストレスは最終的には内臓にたまりますが、内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

体の内側から崩れていくことが骨盤の歪み・背骨のズレになります。

運動したり、生活したり、仕事をしたり、旅行に行ったり、温泉に入ったり、競馬に行ったり、パチンコしたりすることなどでも疲れやストレスが多くなります。

特に寝不足の疲れやストレスの蓄積は大変なものがあります。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積は避けることができないものがあります。

疲れやストレスがない方、疲れやストレスがたまってない方はいません。

落としすぎて疲れやストレスがわからなくなっている方はいます。

疲れやストレスがたまると減ったりしますが、多くは徐々に蓄積されていきます。

疲れやストレスを唯一減らすことができるのは寝ている時だけです。しかし最近は眠りが浅い方が増えています。

多くの方が夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていますが夢は目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残りおぼえています。

夢を見る時間は1秒、2秒、又はそれ以下です。長く夢を見ていたと言う記憶があっても、脳が起こしているトリックです。

例えば6時間の睡眠があっても寝付く時間と夢を見る時間が5時間50分くらいある方がいます。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝つきが悪い、眠りが浅い、夢ばかり見る、夜に目を覚ます、寝た感じがしないなどの方は眠りが浅いと言うことはわかっていますので不眠症だと気が付いているけど認めたくない方が多くいます。

歪みやズレは疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスは内臓に蓄積していきますが、内臓は病気ではなく働きが弱くなりハレたり、炎症を起こしたりしながら体の中から崩れていきます。

この崩れが骨盤の歪み・背骨のズレになります。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレがあるからといって直結して痛みやコリになることはありません。

歪みやズレには程度があります。軽いのから重症の程度です。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きても何も感じません、限界を超えるまでは。

限界を超えた時に重いものを持ったりすることなどで痛みやコリになります。つまり重いものを持つなどに代表させるものが切っ掛けです。

痛みやコリが起きる時には骨盤の歪み・背骨のズレと切っ掛けが必要です。

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても軽いうちはスランプ気味だったり、痛みやコリを強く感じません。

骨盤の歪み・背骨のズレがある時に、さらに多くの疲れやストレスがたまります。この疲れやストレスの蓄積の多さが内臓に蓄積していくと、、蓄積した内臓の疲れやストレスの多さで内臓に関係する筋肉のバランスが悪くなり骨盤の歪み・背骨のズレになります。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティックなら痛くないカイロプラクティックをしているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年04月09日