腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛、腰の痛みを楽にすることから始めて、痛みが楽になってきたら、そこから始める施術は原因を見つけ出すこと北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛み

腰痛腰の痛みになる時には骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。しかし骨盤の歪み・背骨のズレを矯正しなくても腰痛、腰の痛みは楽になります。

しかし楽にすることと、直すことは違います。

楽にする事ばかりしていると原因は進行していきます。進行した物が椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症などになる確率が大きくなります。その他にも起こります。

腰痛腰の痛みが起きるときには骨盤の歪み・背骨のズレが原因ですから、骨盤の歪み・背骨のズレを残したままだと問題が多く起きていきます。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるのに、何も起きないと言う事はありません。

腰痛、腰の痛みを楽にする方法は色々あります。例えば湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電器などをすることです。

湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電器などをする時には原因なんか関係なく痛みを楽にすることをしています。

いくら痛みが楽になっても、原因である骨盤の歪み・背骨のズレは残っています。

骨盤の歪み・背骨のズレがある時に重いものを持ったりすると体を支えることができませんからバランスが崩れてギックリ腰、腰痛、腰の痛み、椎間板ヘルニアになります。

骨盤の歪み・背骨のズレ

腰痛、腰の痛みの一つの原因は骨盤の歪み・背骨のズレです。

しかし、どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きたのか、原因があります。なにも原因がなくて骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。どこかに骨盤の歪み・背骨のズレの原因がありますが、普通一般的にはここまでできる専門家の先生はいません。

整体院やカイロプラクティック院でボキボキしたりすることも骨盤の歪み・背骨のズレを矯正しているだけです。骨盤の歪み・背骨のズレの原因まで考えていませんし、そこまで検査もできません。

当院では特殊な検査をしています。足の長短だけでは見えないものを確認する為の検査です。検査して正確になにがどうなっているのか、見つけていきます。

骨盤の歪み・背骨のズレがある時には上肢と下肢をつなげている関節が不安定になっています。不安定な時に重たいものを持ったりすると支えることができません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあって不安定な時に、前かがみの姿勢をすると負担が大きくなり急に腰が痛くなります。骨盤の不安定がない時には、同じことをしても痛みにはなりません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあって不安定な時に、車の運転を長くして同じ姿勢でいると、徐々に骨盤の歪みや開きが大きくなります。そうすると腰が痛くなります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあって不安定な時に、横すわりで座っていると徐々に骨盤の歪みが大きくなっていくと腰が痛くなります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあって不安定な時に、歩いているだけで徐々に骨盤の歪みや開きが大きくなり腰が痛くなります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあって不安定な時に、寝ているだけで朝から腰が痛くなります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあって不安定な時に、クシャミをしただけで腰に痛みが走ります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあって不安定な時に、運動している時に何かをきっかけで腰が痛くなります。

骨盤の歪み・背骨のズレの原因

腰痛、腰の痛みになる骨盤の歪み・背骨のズレは、体の内側から起こります。つまり体の中に原因があります。人の体には弱い部分とそうでもない部分があります。

そうでもない部分は痛みやコリにはなりません。しかし弱い部分と言うのは疲れやストレスがたまりやすくなっています。

この弱い部分と言うのは弱くなったわけではありません。生まれつきの弱さの事を言います。生まれつきある弱さは遺伝です。家系的な要素が大きくある部分です。つまり親が病気になっていれば子供も親からもらった遺伝子に出てます。しかし親が悪い訳ではありません。家系ですから。

例えばですが親が肝臓病になっていれば確実に子供も肝臓が弱く生まれてきます。しかし子供の場合は、まだ弱さであって病気ではありません。これから弱くなっていく過程です。健康な細胞から一気に病院の細胞になることはりません。病気になる為に1年や3年でなることはなく10年くらいかかりながら進行していきます。

細胞の悪さが完成したら血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査をすると異状が見つかります。完成したらです。なっていく途中ではわかりません。

腰痛、腰の痛みの原因

腰痛腰の痛みになる骨盤の歪み・背骨のズレの起きる原因が腎臓です。生まれつき腎臓が弱く疲れやストレスをためていく事で老化が進み悪くなっていきます。しかし、この段階でも病気ではありません。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

弱い腎臓に疲れやストレスが溜まりやすく、たまると細胞は変化して老化していきながら時々、腰の痛みを起しています。老化の最終形態が腎臓の病気です。

いつ完成するか、完成まじかでも完成しないかで判断が違います。

腰痛、腰の痛みは腎臓の弱さがある方が痛みになります。

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。特に最近は睡眠負債の方が多くなっています。

睡眠負債とは

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。眠りと言うのは脳から寝ていることを言います。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

わからないのに寝ていると思い込んでいます。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。しかし寝ながら考え事をしている睡眠と言うのが最悪な睡眠になります。

寝ながら考え事をしている睡眠が多くなると脳が弱っていきます。脳が弱るとそれだけでは済まなくなります。

寝ながら考え事をしている睡眠は脳を弱らせていきます。脳が弱ると痛みやコリにも鈍感になりマヒした感じになります。マヒした感じなると限界まで悪くならないと腰痛、腰の痛みを感じなくなります。

不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。

 

腰痛、腰の痛みの原因

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛腰の痛みを楽にする為には。

2018年06月08日