自律神経失調症

  • はてなブックマークに追加
  • 自律神経失調症になったら原因を見つけ出すことも大切です。どうして自律神経が失調状態になったのか必ず原因があります。簡単に解消するものではありませんが体を整えるだけではなく直していくこと北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司
自律神経失調症

自律神経失調症とは

体に何かの不調が起きて自律神経失調症だと言われたら何をしますか。当院では自律神経失調症を少しずつ改善する事をしています。自律神経失調症と言われたら原因を見つけ出すことが大切です。

自律神経失調症になると原因は生活、体に原因があります。それをサプリメント、薬で抑えつけることも大切ですが抑えているだけでは直りません。

自律神経失調症になると慢性化もあります。慢性化すると直りが悪くなりますから早めの矯正と言うよりも体の回復をはかることが大切です。

自律神経失調症になると色々な症状が起こります。頭痛、頭の痛み、肩こり、イライラ、頭がボーとする、めまい、体が火照る、熱い、などなどきりがありません。

自律神経失調症を解消する為にも自律神経について、少し知ることも必要です。当院では学者ではありませんから検索してみることも必要ですが、いつも治療にあたっている院長が検査する事をしながら自律神経失調症を解消させる、お手伝いをしていきます。

自律神経失調症とは

自律神経と言う神経は実際にある神経です。この神経が失調状態になると自律神経失調症といいます。多くの自律神経失調症といわれる場合は、原因が不明で言われることが自律神経失調症と言います。昔の神経痛みたいな感じです。色々んば検査をしても血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査をしても数値の異常が出ない時に言われます。

つまり病気であって病気ではないと言う事です。

自律神経と言う神経は脳幹の部分から出ている神経です。この神経がバランスが崩れていることを言います。交感神経、副交感神経のバランスが崩れている時です。

自律神経失調症になる時にはどう言う時に進行して、どうして起きるのか、と言う事ですが、それは体調が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしているときです。

奈落の底のような体調、ドン底のような体調になる時には、しばらくの間、眠りに関係する問題が気が付いていない状態で起きています。

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、プレッシャー、抑圧などで疲れやストレスがたまります。この疲れやストレスがどこにたまるのか、という事を意識した人は少ないと思います。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。体重の半分以上は水分です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまる所は内臓と筋肉と中枢神経です。中枢神経は内臓ですから疲れやストレスは内臓と筋肉に多くたまります。

先ほど説明したように脳幹にも疲れやストレスがたまると言っていますが、この脳幹にあるのが自律神経です。

つまり脳幹に多くの疲れやストレスがたまると自律神経はバランスを崩して失調症になります。

脳幹の弱りが自律神経失調症

脳幹と言うのは生きていく上で大切な部分です。脳幹が自分自身だと言えます。脳幹が元気だから運動したり生活したり仕事ができます。

しかし脳幹に疲れやストレスがたまっていると言う検査は病院ではありません。色々な症状を言っても検査しても数値の異常がなければ自律神経失調症といわれます。

年齢を見れば更年期障害といわれます。

自律神経失調症と更年期障害は症状の差がありません。年齢だけで判断されてしまいます。50歳、40歳であれば更年期障害だと。40代でも若年性更年期障害があります。

自律神経失調症になると症状においては更年期障害が起きるときの差はありません。

自律神経失調症とは眠りが浅いのに気が付いていない方が多くいます。

毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスの蓄積が多くなっていきます。

体は疲れやストレスがたまってくると筋肉にも疲れやストレスをためながら、内臓にも疲れやストレスをためていきます。内臓に疲れやストレスがたまって多くなると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

骨盤の歪み・背骨のズレにも段階と言うか程度があります。

疲れやストレスが多い時もあれば少ない時もあります。日々、変化していますから、自律神経失調症から起きる症状が軽く感じたら疲れやストレスの蓄積が減って体調は少し良いと言う事になります。

しかし時間でも午前と午後でも違います。

疲れやストレスの蓄積が内臓にたまっていくことが原因で普通は痛みやコリが起こります。腰痛、腰の痛み、肩こり、頭痛、頭の痛み、めまい、耳鳴り、ダルイ、やる気がしない、などなどの色々な症状は内臓にたまった疲れやストレスが原因でおきていますが、これを背骨のズレが表しています。

背骨のズレと内臓は関係があります。しかし脳が弱っていると痛みやコリを感じません。感じる方もいますが脳が痛みやコリを感じる部分の大脳が弱ると感じません。

どんなに歪みやズレが起きていても痛みやコリを感じる大脳が弱っていると限界まで悪くしないと痛みやコリは感じませんしわかりません。

自律神経失調症になると症状を感じる方もいれば、痛みやコリを感じない方もいます。

これには大脳の感覚神経が深く関与しています。感覚神経がマヒしていると痛みやコリを感じません。

当院では体の施術をするときに、変化をわかるようにしていますから頭を触っておぼえてもらいます。頭が小さくなるので触っておぼえてもらうようにしていますが、小さくなったのがわからない方がいます。これは大脳になる感覚神経の問題が起きている方です。

大脳の感覚神経のマヒは大変なことが起きています。

 

自律神経失調症は

マッサージしてもマッサージとは筋肉をほぐしているだけですから自律神経失調症とはあまり関係ありません。

整体、カイロプラクティックでも歪みやズレの矯正しかしていませんから、ダイレクトには関係ありません。当院、骨盤の歪み・背骨のズレもありますが、自律神経とは違います。自律神経は脳にあります。内臓と脳の改善ができる先生ではないと。

低周波治療器や電器でも違います。サプリメントでも違います。

内臓を治療できる先生しか変える事ができません。

当院では体調の検査、筋肉のコリ検査、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの検査、内臓の働きの検査、リンパの流れの検査をしています。

総合的に体を検査する事をしています。筋肉だけではなく骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレだけではなく内臓の働き、大脳の問題などを施術することをしています。

自律神経失調症は簡単ではありませんが、しばらくの通院で徐々に変化してくる施術をしています。

その為には対症療法ばかりではなく体質改善も必要になります。

対症療法と言うのは湿布を貼ったり、サプリメント、医薬部外品、マッサージ、低周波治療器や電器などをすることです。

体質改善と言うのは悪くなった細胞を変えていくことができる方法ですが初回からはできません。

当院の施術は癒しでもなくマッサージでもなく体を直していくことが目的です。そのため薬を飲んでもらって変える事をしていません。通院してもらう事で変える事ができます。

定期的な通院でしか先に進めることはできません。そのためしばらくの通院が必要になりますが自分の体にお金をかけたくない方には合いません。

保険は効きませんから料金がかかります。交通費もかかりますし時間もかかりますが、何かを変える時に変えないと変わるチャンスを逃してしまいます。

当院でも治療には限界があります。何かを変えていく訳ですから。変える為には準備も必要です。

まずは体調を上げる事よりも何かの症状を感じている部分から解消していきます。体調よりも痛みやコリなどの症状を優先するのでダルクなることがあります。

回復するには体力が必要です。

体力は運動では付きません。サプリメントを飲んでも上がりません。

体力を上げるには施術でのみ上げることができます。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから自律神経失調症を解消するならカイロプラクティック徳力整体院

2018年06月19日