整体で小顔矯正、骨盤矯正が人気で腰痛、肩こりが楽になる

ストレスの蓄積が歪みやズレになり痛みやコリに、浮腫み、顔や骨盤が大きくなる

ストレスと言うのは意味不明な言葉ですがストレスと言うのは疲れが大きくなって疲労になり、疲労が多く蓄積して、蓄積疲労になるのが『ストレス
』です。

ストレスとは

ストレスには2つのストレスがあり、精神的なストレスと肉体的なストレスがあります。
良く使われる言葉でストレス発散とか言うのは、精神的なストレスの発散です。

 

体には発散できていないストレスが多く蓄積して、積もっていきます。

 

ストレスが減る事がなく、蓄積したのが原因で歪みやズレを起こしていきます。

 

 

肩こり、肩の痛み

肩こりと言うとどうしても筋肉のコリというイメージが強いために筋肉のコリが、どうして起きるのかということも見つけ出すこともしなくて筋肉をマッサージしたり揉んだり柔らかくすることが中心になっているんですが、それだけしていると、肩こりを起こしている本当の原因が進行してしまうということがあります。
肩こり、肩の痛み
確かに肩こりですから筋肉のコリを、ほぐしたり柔らかくしたり揉んだりすると肩こりが楽になったように感じて、 しばらくは肩こりが楽になることもあります。

 

肩こりが起きる時には肩の部分の筋肉のコリだけで起こしていることはありませんので、全身に影響だしていて肩こりを感じている部分が特に悪くなっているんです。
疲れが増える⇒疲れの蓄積量が多くなり⇒疲労になり疲労が増えると⇒蓄積疲労になり蓄積疲労から⇒骨盤の歪み・背骨のズレになり⇒筋肉にも疲労がたまり肩の部分で背骨のズレが起きると、肩こり、肩の痛みになる。
肩こり、肩の痛み
疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く生み出されたものが体に蓄積していくんですが体に蓄積していくときには筋肉だけに溜まることはありませんので身体の奥底にたまっていくことが原因で骨盤の歪みを起こしながら背骨のズレを起こし筋肉の緊張や筋肉疲労が起きて筋肉が凝りを起こすことから肩こりとして感じます。
背骨のズレを起こしたりすると筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨が歪んだりすると筋肉が引っ張られたり反対側は緩んだりしてリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していくことから筋肉の問題が改善しにくくなって肩こりとして感じます。
しかし背骨のズレで疲れを多く貯めたり蓄積疲労を多く貯めたりする部分というのがありますので確認をしながら溜まった部分から疲れや疲労を減らすことをしなければいけません。
肩こりといっても筋肉だけをほぐせばいいというものでもありませんし背骨のズレを矯正して整えていけばいいというものではなく、どこから背骨のズレを起こしているのかということを改善しなければいけません。

 

眠りが浅いと肩こり、肩の痛みにもなりやすくなります。
肩こり、肩の痛みと睡眠負債
肩こり、肩の痛みの原因は体質に関係がありますので体質改善も必要になります。

 

肩こりの方

肩こりのある肩が来院すると話を聞いて、どこの部分がコルのかを言ってもらいます。肩こりと言っても背骨の部分のコリだったり、腕の部分の重たさだったり違いますし首のコリから起きている肩こりもあります。どうしてコリが起きたのかと言う事よりも、まずは検査してコリを感じる部分を確認していきます。
多くの方が肩こりは筋肉のコリだと思っていますが、実は筋肉のコリだけで起きていることはありません。筋肉と言うのは骨から骨へ付着していますから背骨のズレを起こすと引っ張られていきます。これがコリになります
コリが起きるとリンパの流れが当然、悪くなり老廃物が多くたまっていきます。
まずは、筋肉のコリから解消することをしていきます。筋肉のコリがほぐれてきたら、次は背骨のズレを見つけ出すことをして解消します。もちろん痛くない方法で。
そして筋肉や背骨のズレが改善できたら、背骨のズレを起こした原因を見つけていきます。何も原因がないのに背骨のズレが起きる事はありません。
どうして背骨のズレが起きたのか、理由が有るはずです。一番は、そこが重要です。だから低周波治療器や電器などでわからなくしたり、中和することは良くありません。あくまでも検査することが大切です。
肩こり、肩の痛みを解消すること

肩こりの施術

肩こりの解消する時には
① 筋肉のコリをほぐしていくこと。
② 筋肉のコリをほぐしながらリンパの働きも良くして老廃物を流していきます。
③ 筋肉がほぐれてきたら、背骨のズレを見つけていきます。場合によっては椎間板ヘルニアになっている方もいますので改善していきます。
④ 背骨のズレを起こした原因を見つけていく為に検査して見つけます。
⑤ コリが解消されてきたら、おおもとの原因の体質を変えていきます。(体質改善の施術)

 

 

 

生理痛・ひどい生理痛

生理痛が起こりやすい方は、いつも薬ばかり飲んで症状を抑えたりしていると思いますが、原因があるのに、薬ばかり飲んでしまっても飲んでる間に進行するということがあると思いますので、原因を見つけ出さない限りは薬というのは一時的に緩和しているだけです。
生理痛とは
生理痛が起こりやすい方は、軽い生理痛の月もあれば、ひどい生理痛のつきもあると思いますので、変化するということは、どうして変化するのかということを考えなければいけませんので、当院では変化するのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張や眠りの問題でも多くなってしまうものが関係していると考えています。
生理痛を起こす原因というのは何かがあるから生理痛を起こしているわけですから生理痛を起こさない方もいると思いますので程度もあれば何回もあれば状態も全て違いますから一概に言うことはできませんが何かが関係しているということを考えなければいけないと思います。
生理痛

生理痛と疲れの蓄積

生理が近づいてきたり生理痛になってしまうと体の状態というのが深く関係していますので体の状態が、どういう状態になっているのかということを考えなければいけませんが、多くの方は気が付いていないぐらい体調を落としていますので体調を落とした時には、生理痛はひどくなります。
体調が落ちてしまうということはホルモンのバランスも悪くなっているし骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり卵巣や子宮に関係する背骨のズレも大きくなっています。
疲れが増える⇒疲れの蓄積量が多くなり⇒疲労になり疲労が増えると⇒蓄積疲労になり蓄積疲労から⇒骨盤の歪み・背骨のズレになり⇒生理がきたら、ひどい生理痛になる。

 

生理痛の、おおもとは体質にありますから、体質改善も必要になります。

 

 

 

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

頭痛や偏頭痛が起こりやすい方も薬ばかり服用して一時的に抑えることをして先のことを考えていない方が多くいるんですが頭痛や頭の痛みというのは頭で起きているわけですからしっかりとした原因が頭にあります。
睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛
よくテレビや雑誌などでも特集されることがあり 肩こりや首のコリや眼精疲労から頭痛が起きていると言われていますがこれらも同時に起きているから原因だと言われてしまいますが頭痛や偏頭痛というのは起きている原因が頭の中にあります。

眠りと頭痛

当院では頭痛や偏頭痛の主な原因は本人にあまり気が付いていないことも多くあるんですが説明してもわかってもらえないことがありますが眠りの問題を抱えている方が頭痛起こしている場合が多いようです。
眠りというのは熟睡の時間だけを言いますので例えば8時間睡眠時間があっても最高にいい熟睡ができているのは30分以内だと言われています。
眠りとは
熟睡というのは脳が寝ていることだけです。
脳が寝ていることを熟睡と言います。
布団やベッドの上で目を閉じてスースー寝息を立てていると人は寝ていると思うでしょうが、脳の中のことまで考えていませんので脳が寝ていない限りは眠れていません。
いくらどんなに体を横たえていてもスースー寝息を立てていても膿が出ていない限りは眠れていません。
しかし多くの方は夜、寝ようとしてすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛

不眠症と頭痛

メモリの問題も不眠症と睡眠負債という言葉がありますが不眠症の方は気がつきやすいんですが不眠症だと思っていないことも多くいます。
不眠症というのは夜寝ようとする時に寝つきが悪く一時間も二時間も眠れないのが不眠症です。
しかし夜中に何回も目を覚ましてしまうのも不眠症なんです。
夜中に何回も目を覚ましてしまう方は不眠症だと思っていないし、 すぐ眠れてしまうため不眠症だとも思っていません。

睡眠負債と片頭痛

睡眠負債というのは不眠症とは違って目がさめにくく夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めることはありませんが眠りが浅い睡眠しかしていません
眠りが浅い睡眠とは何なのかという問題は寝ながら考え事をしている睡眠になっているんです。
夜寝ようとする時にすぐ眠れて寝ながら考え事をしてる時間が圧倒的に3時間も4時間も5時間も6時間も7時間もあって目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残らないため寝ていると思っています。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛と睡眠負債
寝ながら考え事をして睡眠というのは一番最悪な睡眠ですから夢のように絵がありません。
寝ながら考え事をしているというのはまさに考え事をしているような状況で寝ているわけです。
脳が寝ていることが熟睡ですから脳が寝ていない時間が圧倒的になくなって行けば行くほど体全身に疲労が多くなり蓄積して蓄積疲労が起こり骨盤のゆがみや背骨のズレを起こしながら代謝も悪くなり内臓疲弊が起き頭痛になっていきます。

 

疲れが増える⇒疲れの蓄積量が多くなり⇒疲労になり疲労が増えると⇒蓄積疲労になり蓄積疲労から⇒骨盤の歪み・背骨のズレになり⇒自分でも気が付かないで眠りが浅くなり脳の緊張や興奮、圧縮などが起きると圧迫されて頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる。

 

体質改善も必要になります。

 

 

便秘と便通の解消

便秘になりやすい方はサプリメントや繊維質のある食事をしたりマッサージをしたり便秘薬を使うことが多くあると思うんですが無理やり出しているような状況だと思いますので自然ではない状態で出そうとしても同じ結果を繰り返しやすくなると思いますので原因を見つけ出していくことは簡単ではありませんが原因を見つけ出して少しずつでも改善していけば変化してくることもあります。
便秘
便を、先へ先へ送り出す働きのこと、または動きのことを蠕動運動と言いますが蠕動運動というのは便を出す方向の方に送ることなんですが腸が動かない限りは蠕動運動をすることはできませんので腸が元気であればしっかりと働いて蠕動運動をすることができ便を前に送り出すことができますし便が硬くなるということもありません。
便秘を改善したり便通を改善しようとする方法は、いろいろな方法があると思うんですが腸自体に何かの働きをかけるということはしていませんので、大腸の働きが良くなる細菌をヨーグルトで服用したりということも良いかも分かりませんが大腸自体の問題を考えなければいけません。

疲労の蓄積と便秘

毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張や眠りの問題でも多くの疲れが生み出されていき生み出された疲れは体にもたまにながら内臓にも溜まり大腸にもたまっていきますので弱い大腸に溜まっていくと便通が滞ってしまうということが起きます。
元から大腸の弱さがある方が大腸にも疲れや疲労がたまっていくと大腸の働きが悪くなるのは普通に起きていますので体にたまる疲れや疲労がどこにたまるのかという問題は弱い部分に多くたまっていきますので弱い部分が大腸の方は大腸の働きが低下していき便秘になります。
また日々の疲れや蓄積するひろだけではなく眠りの問題からも蓄積疲労が多くなっていきますので蓄積疲労というのは大腸にたまれば貯めこむことができた胃腸の働きを予定に低下させてしまうということが起きてしまいます。
便秘と疲れの蓄積が疲労になり、疲労
疲れが増える⇒疲れの蓄積量が多くなり⇒疲労になり疲労が増えると⇒蓄積疲労になり蓄積疲労から⇒骨盤の歪み・背骨のズレになり⇒もともと大腸の働きに問題があり大腸の働きの低下が余計に起きると数日も便が出ない便秘になる。

 

体質改善も必要になります。

 

 

自律神経失調症とは

疲れが増える⇒疲れの蓄積量が多くなり⇒疲労になり疲労が増えると⇒蓄積疲労になり蓄積疲労から⇒骨盤の歪み・背骨のズレになり⇒自律神経の乱れが起きて自律神経のバランスが崩れて色々な症状が起き、自律神経失調症になる。

更年期障害とは

疲れが増える⇒疲れの蓄積量が多くなり⇒疲労になり疲労が増えると⇒蓄積疲労になり蓄積疲労から⇒骨盤の歪み・背骨のズレになり⇒更年期が近い方が更年期障害になる

 

美容整体(小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消など)

小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットをしています。
小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット
疲れが溜まる時には、たまる場所を選んでくれませんから顔のも骨盤にも疲れはたまります。疲れが多くなり疲労になると代謝が悪くなり、浮腫み・脂肪が増えていきます。
小顔矯正を希望している方も、体の調整をしないと顔だけ小さくしても体がガタガタだったり、ブヨブヨだったりしていると小顔が良く見えません。
骨盤矯正を希望される方も、全体の調整をしないと骨盤を小さくすれば良いと言う訳ではありません。骨盤が大きくなるとスカートやパンツを履くときにキツクなるのは骨盤だけではなく足のモモの部分も同時に太くなります。骨盤でパンツが入らないのか、足が太くてパンツが入らないのか、色々あります。
小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットでも蓄積している疲労を減らすことをすれば変化していきます。
顔が大きくなる
何よりも効果があるのは運動よりもストレッチするよりもダイエット食品を試すよりもリンゴダイエット、バナナダイエット、ヨーグルトダイエットするよりも基本は蓄積疲労を減らしていく事です。
蓄積疲労を減らすと顔も小顔にりますし小尻になることもできます。
蓄積疲労はストレスとも言います。ストレスには2つの種類があります。肉体的なストレス・精神的なストレスの2つです。
しかしストレスと言うと、わかっていなくて使っている方が多くいますので、わかりやすいように蓄積疲労で説明していきます。
蓄積疲労が多くたまると顔は浮腫み、脂肪が増えますが、それだけではなく顔自体が大きくなります。
蓄積疲労が多くたまると骨盤は骨盤の歪み・骨盤の開きを起こしながら浮腫み、脂肪が増えますが、それだけではなく骨盤自体が大きくなります。

小顔矯正

小顔矯正をするときには検査する事をしています。
何を検査して見つけ出すのかと言うと毎日毎日の仕事や運動することや生活することや精神的な緊張やプレッシャーや寝不足状態で多くの疲れが溜まっていて、疲れが多くなればなるほど疲労になって、疲労が溜まれば溜まるほど蓄積疲労になっていきます。
この蓄積疲労が体にも溜まっていき体に溜まっただけではなくて顔にも溜まっていくんです。
蓄積疲労が顔にも溜まっていくと何が起きるのかと言うと浮腫みや脂肪が多くなっていきます。 むくみや脂肪が多くなるのは顔の表面の皮膚と皮下脂肪と筋肉や靭帯層に多く溜まっていくんですが、その部分だけに溜まっていくものではなく顔の骨も大きくしてしまいます。
顔の骨も大きくなるという事実は当院でも今までは分かりませんでしたが検査をしてみるとあることがわかりましたので本当に顔が大きくなっているということが起きていました。
顔の骨も生きているから顔の骨が肥大しながら大きくなっているということで、浮腫みや脂肪も余計に増えていくんです。
小顔矯正

顔を小さくするとは

顔が大きくなっているので顔の骨を小さくすることができれば同時に浮腫みや脂肪も減っていくという効果があるんですが、どうやったら減らすことができるのかということは大変なことなんです。
当院で行っている小顔矯正は多くの方がびっくりする方もいますが変化というのは、個人差がありますので全員がびっくりするように変わるかと言うとそうではありませんが特に初回は多くの方が顔に疲れを溜めてしまっていて、顔全体が大きくなっていますので初回は、顔の変化が大きいようですが、体調が悪いと小顔矯正をした後にダルクなる方がいます。
小顔矯正をしていくときにも体調や体力が必要ですし、眠りが浅ければ体調が、すごく悪くなっていますので変化に対応できないと、ダルクなったりきつくなることがありますので回復してくればダルさはなくなっていくと思います。
ダルクなっても、受け続けてもらうと、本当に変化するのは顔だけではありません。

 

疲れが増える⇒疲れの蓄積量が多くなり⇒疲労になり疲労が増えると⇒蓄積疲労になり蓄積疲労から⇒骨盤の歪み・背骨のズレも起こりながら⇒徐々に顔が大きくなり脂肪、浮腫みが増えていきます。

 

小顔矯正を希望される方

当院では小顔矯正をして行く時には初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますので必ず受けに来た本人に比べてもらうことをしていますから小顔矯正を受ける前と、受けたあとの変化を確認することができます。
小顔矯正と言っても顔に多くなってしまった浮腫みや脂肪を減らせば、顔が小さくなることもありますが、単純に浮腫みや脂肪だけを減らしても、少ししか顔は変わりませんので、それ以上、顔を小顔に変えていくためにはあることが必要になります。
あることというのは検査をすることなんですが当院では特殊な検査をしていますので小顔矯正とかも検査してみると顔に何らかのトラブルがありますので、トラブルを解消して減らすことをしていけば、本当に顔が小さくなって、初回から顔がスッキリ細くなっていきます。
当院のような特殊な小顔矯正ができる整体院やカイロプラクティック院はないと思いますしエステでもできません。

顔を小さくするとは

小顔矯正で顔を小さくしていく為には、色々な方法があると思いますが、当院の小顔矯正は他とは違いますから初回から顔が小さくなることで人気があります。
顔を小さくする為には、矯正に入る前に顔を触っておぼえてもらいます。当院のスタッフが計測はしません。他人が測ると位置が違ったり、緩く測ったりする事もあります。
自分で顔を触って記憶しておくことができると顔が小さくなったのが、わかると思います。小顔矯正をする前と、矯正後を比べる事ができます。しかも自分でです。
だから人気があります。

 

小顔矯正の施術は

小顔矯正をする時には
① 自分で顔を触って大きさをおぼえてもらいます。
② 小顔矯正に入る前に院長が検査を行います。
③ 顔を小さくできる部分を見つけていきます。
④ 小顔矯正をしたあと患者さんに、もう一度触ってもらいます。
⑤ 顔が小さくなったのが、わかると思います。
⑥ さらに体質改善の施術で小顔にして体の中から変えていきます(持続性の向上の為に)
小顔矯正
小顔矯正で顔を
小顔矯正で顔を小顔に

 

 

骨盤矯正をするなら

骨盤矯正をするときにも初回と2回目に一番最初に減らすものは疲れの蓄積で疲労になっているものがあるのかないのかということを確認しながらしなければいけませんので、疲れや疲労が多くなっていると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくはあり、背骨のズレてガタガタになっている方もいますので、ガタガタになっていれば浮腫みや脂肪も当然、増えています。
骨盤矯正をしたいと思う時には、骨盤が大きくなっている感じがしたりズボンやスラックスやパンツなどを吐いた時に足が通りにくかったり、骨盤の部分が入らなかったりという方が多くいますので、浮腫みや脂肪が多くなっていて太っているという場合もあるんですが、単純にそれだけではありません。
体に疲れや疲労がたまっていくと、徐々に骨盤が歪んだり開いたりしていきながら、背骨のズレも起こりながら代謝が悪くなり、老廃物が多く蓄積していくリンパの流れが停滞気味になっていきます。 リンパの流れが停滞することで浮腫みが多くなり、浮腫みが多くなれば脂肪を作っていきますので、疲れや肥料というのは浮腫みや脂肪を多くしてしまう原因になります。
骨盤矯正で小尻にするなら

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして行く時にはどこに疲れや疲労が溜まったのかということを検査しなければ分かりませんので検査をしてみると部分的にたまっている場合は、溜まった結果、骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしているということもありますし、いろいろな状況が検査することでわかってきますので単純に骨盤を小さくすれば良いというわけではなくたまった疲れや肥料を減らしていくことが骨盤を小さくすることになり、浮腫みや脂肪を減らすことになり代謝を上げることにつながります。
骨盤に疲れや疲労がたまっていくと骨盤が大きくなっていき骨が炎症を起こしてさらに大きくなっている方もいますので確認をしながら整えて正常に戻していくことで骨盤が小さくなりむくみや脂肪も減っていき代謝が上がるという骨盤矯正をしています。

 

疲れが増える⇒疲れの蓄積量が多くなり⇒疲労になり疲労が増えると⇒蓄積疲労になり蓄積疲労から⇒骨盤の歪み・背骨のズレも起こりながら⇒徐々に骨盤が大きくなり脂肪、浮腫みも増えて骨盤が大きく太くなります。
骨盤矯正

 

骨盤矯正を希望する方

当院では人気があって評判の良い骨盤矯正をしているんですが初回から骨盤が小さくなると説明しているように本当に初回から骨盤が小さくなっていきますので、ご自分でも実感してもらうようにしているのが当院の特徴ですから比べてもらうことをしています。
骨盤矯正をして行く時には骨盤周辺に多くなってしまった浮腫みや脂肪を減らすことでも骨盤を小さくなっていくと思いますが、それだけでは骨盤は少ししか小さくなりませんのでどれぐらいむくみや脂肪があるかで変化することもありますが、それだけではありません。
そして骨盤矯正と言っても骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すれば良いかと言うと、それも違います。
検査をしてみないと正確なところはわかりませんが骨盤矯正をしていく時には当然のことですが骨盤周辺に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすことはしていますし骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正しても 骨盤は小さくなっていくと思いますが、それだけではありません。
さらに骨盤の歪みや骨盤の開きが、どこから起きたのか、 骨盤の歪みや骨盤の開きも原因があるから歪んだり開いたりしているわけですから、その原因まで改善していかなければ、どんなに小さくしても維持することはできませんし持続性はないと思います。

検査して異常を見つけ出す

骨盤矯正をする時には骨盤にトラブルが起きていないかということは、検査することをしていますので今まで多くの方の骨盤を小さくすることができているのは、検査をして異常を見つけ出すことができるからです。
骨盤矯正を希望される方の骨盤を検査してみると骨盤の歪みや骨盤の開きだけではなく周辺に多くなってしまった浮腫み、脂肪だけではなく違うトラブルが起きています。
この状態は個人個人違いますので一概に説明できるものではありませんので骨盤矯正を希望されて訪れた方に対して検査することをしています。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正を希望させる方が多く来ていますが、当院の骨盤矯正はボキボキしたりすることはしていません。しかし初回から骨盤が小さく小尻になる事ができます。初回から骨盤を小さくすることを言うと言うことは実際にしないと言えません。
骨盤矯正で骨盤が変わるのは

 

① 骨盤の歪みや開きを矯正する事
② 骨盤周辺の、浮腫み、脂肪を減らすこと
③ 骨盤の炎症やハレがある方も多くいますので炎症やハレも改善すること
④ 骨盤の歪み・骨盤の開きを起こしている原因を解消すること
⑤ 体質改善で体を良くすること(持続力が向上します)

 

 

浮腫みを解消する

浮腫みを解消する時にも疲れや疲労というのは大変、深く関係していますので、単純にリンパマッサージをすればいいというわけでもないしリンパ療法でリンパを流せばいいというわけではありませんので回復させなければいけないのに、余計な刺激を与えても効果は一時的にしかありません。
疲れの蓄積が疲労になり、疲労と浮腫み
何も原因がなくてむくみが起きたりリンパの停滞が起きたり老廃物が流れないということはないので何かの原因があるので単純に流せばいいというわけでもないし軽いマッサージをすればいいというわけではありません。
何よりも蓄積した疲れや疲労を減らしていくことをすると、体は本当に浮腫みが取れて、引き締まっていくという効果があります。

 

疲れが増える⇒疲れの蓄積量が多くなり⇒疲労になり疲労が増えると⇒蓄積疲労になり蓄積疲労から⇒骨盤の歪み・背骨のズレも起こりながら⇒浮腫みが増えていきリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなることから浮腫みが増えていきます。

 

 

脂肪が増えるのは

疲れが増える⇒疲れの蓄積量が多くなり⇒疲労になり疲労が増えると⇒蓄積疲労になり蓄積疲労から⇒骨盤の歪み・背骨のズレも起こりながら⇒脂肪が増えていきます。

 

 

太るのは

疲れが増える⇒疲れの蓄積量が多くなり⇒疲労になり疲労が増えると⇒蓄積疲労になり蓄積疲労から⇒骨盤の歪み・背骨のズレも起こりながら⇒太りやすくなります。

page top