骨盤矯正で小尻になれる

骨盤矯正、産後の骨盤矯正

骨盤矯正をしたいと考える時には、例えばスカートが入らなくなったり、パンツがキツクなったり、今まで履いていた洋服がキツク感じた時に思う事があります。
つまり骨盤が大きくなったように感じる時に、骨盤矯正をしたいとか、小尻になりたいと思います。
骨盤矯正で小尻にする時には、タイプがあります。
骨盤矯正をするには、
何をしたら骨盤が小さく小尻になる事ができるのか???
どうすれば骨盤が小さくなるのか??

  1. 骨盤を小さくする時には、まずは骨盤周辺の浮腫み・脂肪を減らす事と、骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正する事です。(数回かかります)
  2. 骨盤の歪み・骨盤の開きを起こした原因を見つけ出して改善していきます
  3. 体質改善で体の中から変えていきます。体質から変えると、さらに小尻になり維持しやすくなります。(1度で終わりません)
  4. 眠りの問題がある方は維持する事が出来ません。

と言えば、骨盤を小さくする骨盤矯正をする訳ですから、骨盤には何があるのか??を知る必要があります。
むやみやたらに骨盤矯正をしても、骨盤は変わらなし小尻にならないからです。
骨盤には当然ですが、骨盤の骨があります。骨盤の骨は3つの骨で骨盤が形成されています。一つは中央の仙骨(尾てい骨)、そして両横の骨が寛骨です。
下のイラストが骨盤ですが、これの、どこを骨盤矯正で小さくする事ができるのか、第一に骨が小さくなることはありません。
骨盤矯正で骨盤を矯正する
では、骨盤の関節を矯正する事をしたら小さくなるんじゃないの??と多くの方が思いますよね。
骨盤の関節は仙腸関節を言います。
骨盤矯正で仙腸関節
仙腸関節には仙腸靭帯があり、体の上と骨盤をつないでいます。ここが外れたり大きく歪んでしまう事はありません。そうすると走る事も歩くことも立つこともできなくなるからです。
下のイラストの矢印の部分を良く、見て下さい。
骨盤矯正で仙腸関節で
見ても分かるように、そんなに間はありません。この中に仙腸靭帯がありますけど。骨盤の歪み・骨盤の開きする時も、そんなに大きく開いたり、歪んだりする事はありません。仙腸靭帯は骨間仙腸靭帯、前仙腸靭帯、後仙腸靭帯に別れますが、付着している部分で違いがあるだけです。
仙腸靭帯が緩んでも数ミリから1センチの範囲で緩むだけです。
と言う事は大きく緩んでも1センチ、お尻が大きくなっているだけです。しかし数ミリでも数センチでも緩んでいると代謝に影響が出て骨盤(お尻)周辺に浮腫み、脂肪が多くなっていきます。
骨盤が大きくなっている時には、骨盤の歪み・骨盤の開きでも大きく感じますが、骨盤の歪み・骨盤の開きから脂肪・浮腫みが増えて大きく感じる時もあります。
骨盤周辺に多くなる脂肪や浮腫みは運動不足だとか、動かさないからだとか、代謝が悪いからだと多くの雑誌やテレビで言われていますが、それだけではありません。
もちろん運動したりストレッチしたり動かしたりする事でも代謝は上がりリンパの働きも向上していきます。
しかし運動したりストレッチしたり動かしたりすることで悪影響も出てしまいます。
骨盤矯正で
そして運動してもストレッチしても簡単に脂肪は減りません。逆に初めは浮腫みが増えていきます。それは浮腫みの性質に関係があります。
浮腫みとは、リンパの流れで老廃物が増えることで増えていきますが、どうして増えるのか、理由があります。
浮腫みが増える理由は、疲れの蓄積です。体に疲れが溜まって多くなると、流れ、働きが落ちていきます。それが浮腫みの原因になります。
脂肪は、簡単に減る事はありませんが、根性出してしばらくしていると徐々に減っていきますが、その代償として体を悪くしていきます。
人は怠惰です。つまり、楽しみたい、楽したい、お金持ちになりたいと誰でも思います。
つまり運動したりして、自分を追い込むと言うことを聞きますが、自分を追い込まないと痩せる事もありませんが、追い込んだ自分と、追い込まれた自分は自滅していくからです。
そして頑張った分だけ体には疲れが溜まっていきます
疲れが溜まっていくと、必然的に骨盤の歪み・骨盤の開きが起こります。負の連鎖のように!!
それ以上、追い込まれた自分は自分で、自分の体と精神を虐待していることになります。
それでもガンバざるおえない訳ですけど!!
毎日の生活、掃除することや洗濯物を干したり、料理を作ったり、趣味をしたり、スマホを操作したり、見たり、テレビを見たりラジオを聞いたり、仕事したりパートで働いたり食事を食べたりケーキを食べたりマカロンを食べたり、お菓子を食べたり菓子パンを食べたり、美味しいものを食べたりする事でも、アルコールを飲んだりする事でも、体にも内臓にも負担を強いています。
骨盤矯正をする時に、これらのことが多く深く関係しています。多くの方や専門家の先生も理解していませんが。
疲れの蓄積が多くある方ほど、骨盤が大きくなります。浮腫み・脂肪も増えていきます。

 

骨盤矯正をしていくなら、蓄積した疲れを減らす事ですが、減らす為にも、どこに疲れが蓄積しているのか、見つけ出す必要があります。
疲れも、たまる所がある訳ですから。
疲れが溜まると言う事は単純ではありません。
骨盤矯正と疲れ

 

 

骨盤矯正をするなら、浮腫み、脂肪を減らして、少し小さくなりますが、それだけではありません。
骨盤矯正と言うと多くの方が、骨盤の歪み・骨盤の開きをすれば良いと思うでしょうが、骨盤の歪み・骨盤の開きをして整えても、少しは小さくなりますが、それだけではありません。

 

根本的に、
何も原因がなくて浮腫み、脂肪が増える事はありません。
そして
何も原因がなくて、骨盤の歪み・骨盤の開きが起きる事もありません。

 

骨盤矯正をする時には、多くの方が、今、履いているスカートやパンツがキツクなったら骨盤矯正をしてみたい、受けて見たいと思う方が多くいます。

 

骨盤を小さくしたい

 

小尻になりたい

 

お気に入りのGパンを履きたい


 

骨盤矯正をする時には、初回から骨盤を小さくする事をしていますが、何をしたら骨盤が小さくなるのかと言うことも関係します。

 

何も異常がなければ骨盤は小さくなりません。

 

骨盤周辺には脂肪、浮腫みも増えていますが、それを減らすことは当然ですが、どうして骨盤周辺に増えているのかと言う理由があります。

 

体には日常で多くなるモノが体にたまっていくと誰でも骨盤の歪み・骨盤の開きが起こります。そうすると骨盤周辺には脂肪・浮腫みが増えていきます。

 

日常で増えていくモノが骨盤を大きくしてしまい、浮腫み、脂肪が増えることになります。


 

 

と言う事は、太ったからとか思いますよね。
もちろん

  1. 浮腫みが増えても、お尻が大きく見えます。
  2. 脂肪が増えても、お尻が大きく見えます。
  3. 骨盤が歪んでも骨盤が大きく見えます。
  4. 骨盤が開いても骨盤が大きく見えます。

しかし、骨盤が歪んだり開いたり、浮腫み、脂肪が増える原因があります

  1. 何も原因がなくて歪んだりする事はありません。
  2. 何も原因がなくて骨盤が開いたりしません。
  3. 浮腫みは骨盤の歪み・骨盤の開きすると多くなります。
  4. 脂肪も骨盤の歪み・骨盤の開きが起きると多くなります。

と言う事を考えれば、
どうして骨盤が歪んでいるのか??
骨盤の開きが起きているのは、なぜなのか??
と言う問題があります。

 

骨盤の歪み・骨盤の開きが起きたり浮腫み、脂肪が増える原因は特別なことではありません。
日常に潜んでいることが原因です。
それは蓄積疲労です。
骨盤矯正と疲れ

蓄積疲労と骨盤の歪み・骨盤の開き

蓄積疲労とは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で積み重なったものです。誰でも積み重なる悪いものは、体に多くたまっていきながら体を崩していきます。
疲れが多くたまると、疲労になり疲労が多くたまると蓄積疲労になり骨盤の歪み・骨盤の開きを起して代謝を悪くしてリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなり浮腫み、脂肪を増やしていきます。

蓄積疲労のたまる場所

蓄積疲労もたまる部分があります。蓄積疲労は全身にたまりながら、どこかにたまっていきます。
蓄積疲労は体に与えるダメージの中でも大きくあります。一番、大きいのは精神的なダメージ(ショック)です。
つまり蓄積疲労は体の、どこかにたまっていきますが、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものが蓄積疲労になっていきます。
骨盤矯正と蓄積疲労
しかし蓄積疲労は美味しいものを食べても、焼肉を食べても減る事はありません。
唯一、蓄積疲労を減らす事ができるのは、眠りです。
眠りとは熟睡の事だけを言います。
脳が寝ていることを熟睡と言います。
人が布団やベッドの上で目を閉じてスースー寝息を立てていると見た方は、寝ていると思うでしょうが脳の中が、どうなっているのかということまで考えてみていません。
例えば8時間の睡眠時間があっても、脳が熟睡できる時間というのは30分以内になっています。
30分以内の熟睡の時間がどれぐらいできているのかで寝ているのか、眠れているのか寝ていないのかということが違います。
骨盤矯正をする時には、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものをたまっている所から減らさないと効果がなかったり戻りやすくなったり維持することが出来なかったり持続性がなかったりしています。
すべては技術の問題ではなく、自分の体に原因があります。
当然ですが、眠りが浅いと浮腫み、脂肪が増えていきます。つまり太りやすくなります。
代謝が悪い所ではありません。
リンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなるのも当然の結果です。

 

骨盤矯正と眠りのトラブル

そして骨盤矯正と言っても疲れやストレスだけではなく眠りの問題も深く関係していますので最近は多くの方が眠りにトラブルを抱えているんですがトラブルになっていることさえ気がついていないで寝ている方が多くいます。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることつまり熟睡の時間だけを言います。
熟睡の時間は6時間睡眠時間があっても30分以内になっています。 つまり30分がどれぐらい取れているのかという問題が眠りの問題だと言えます。
眠りと骨盤の歪み・骨盤の開きと骨盤矯正
眠りの問題も不眠症と睡眠負債の二つがあります。

不眠症と骨盤矯正

不眠症というのは自分が、不眠症だとも思っていない方や考えていない方が多くいるんですが、不眠症というのは夜寝ようとするときに、1時間も2時間も眠れなかったり、夜中に何回も目を覚ましたり、トイレに行ったり、夢ばかり見て寝た気がしないというのが不眠症の特徴でもあり目が覚めるのが不眠症です。
不眠症だということも分かっていない方も多くいますがどうして眠れないのかなと思ってる方が多くいますので眠りというのは大脳が休養とって寝ていることつまり熟睡状態のことだけなんです。
不眠症の方を検査すると全員の方は骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあって背骨がずれてガタガタ状態になっているんですが普通だったら寝込んでいなきゃいけないような状況でも脳内麻薬というモルヒネに似たホルモンが多く分泌されることがあり分泌されてしまうと痛みやコリを感じにくく自分の体調が分からなくなっています。
今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたが院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと全員の方が同じ答えを返してきます。
全員の方の答えは体調は良いと思いますとか調子は悪くありませんと答えてしまいますが、検査してみると全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり骨盤周辺にブヨブヨした状態の浮腫みや脂肪が多くなっていますので、眠れていればこういう状況は起こらないと思います。 不眠症や睡眠すらのことに共通されることは、大脳がすごく弱ったり、疲弊したり、衰弱状態になっていると脳細胞が急激な現象を起こしていきますので初めのうちは頭がぼーっとしたり、イライラしたり記憶のトラブルが起きてもの忘れやうっかりや取り違えなどが多くなってしまいます。
骨盤矯正と眠り

睡眠負債と骨盤矯正

不眠症とは違って睡眠負債というのは夜寝ようとする時に、すぐ眠れて朝まで目が覚めないから、良い眠りをしているという感じだと思うんですが実は、すごく浅い眠りをしている方です。
寝ている本人は全く寝ているから分かっていませんが寝ているということは脳が休養をとって寝ている、つまり熟睡状態の時間がどれぐらいあるのかということです。
骨盤矯正と睡眠
睡眠が浅いの方は、夜に寝ようとすると、すぐ眠れて寝ながら考え事をしている時間が、5時間も6時間もあって、目が覚める瞬間に夢を見ているから夢しか記憶に残っていません。
睡眠負債の方も不眠症と同じように脳にトラブルを抱えていて簡単には回復しませんが維持することができなければいけませんので眠りの解消もしていかなければ骨盤矯正で小尻にしても維持することができません。
骨盤矯正と不眠症

 

 

蓄積疲労・睡眠の問題を改善すると

骨盤矯正をする時には骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正しながら浮腫み、脂肪を減らす事もして、疲労が蓄積した部分を見つけ出す事をしていきますが、疲労がたまりやすい部分は弱い部分です。
弱い部分には多くの疲労がたまり、骨盤の歪み・骨盤の開きを起して代謝を悪くして浮腫み、脂肪を多くしていきます。

蓄積疲労がたまるのは

骨盤矯正をする時には 蓄積疲労の問題が一番多く関係しますが蓄積疲労というのはどこにたまるのかという問題なんですが多くの方は気が付いていませんが身体全身に蓄積疲労が溜まりながら骨盤の歪みや骨盤の開きそしてむくみや脂肪を増やしてしまうんですがたまるところがあるから蓄積していくわけです。
たまるところというのは筋肉にも溜まりながら多くは内臓にたまっていきます。
しかし内蔵と言っても病気というわけではありませんので病院に慌てて行かないでください。
骨盤矯正と関係する事
色々な症状を起こす時には蓄積した疲労というのは筋肉にもたまりながら、全身にもたまりながら内臓に多く蓄積していく傾向がありますので、弱い内臓に多くの疲れが溜まり疲労になって色々な症状を起こしていきます。
つまり先ほどから説明しているように疲労がたまる場所というのは内臓なんですが病気というわけではなく内臓疲労から骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨がズレたりそして全体的な疲れがたまるとむくみや脂肪が多くなったり歪みや日焼けからむくみや脂肪が増えてしまうということが起きてしまいます。
骨盤矯正と関係する事、生理痛、便秘
内臓に疲労が、たまって多くなってしまうと便秘症の方は、骨盤の歪み・骨盤の開きを起こしながら背骨のズレて便秘が強くなり何日も便が出ないひどい便秘になっていき、生理痛の方も生理に関係する部分に疲労がたまっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていきます。
骨盤がゆがんだり骨盤が開いたり背骨がずれたりすることは疲労の蓄積から起きているんですが弱い部分に多くの疲労が溜まり疲労が蓄積していくことが原因で骨盤が大きくなっていきます。
つまり骨盤矯正と言っても骨盤を矯正すればいいというわけではなくむくみや脂肪を減らせば良いというわけではないと説明したのは雷蔵が深く関係しています。
当然、内臓というのは骨盤の内側に入っているものですから内側の内臓の状態が深く骨盤の歪みや骨盤の開きに関係してそれ以上に背骨のズレを起こす結果になってしまいますが腰痛を起こしているわけではない方も多くいるためわかっていない方が多くいます。

 

体質改善と骨盤矯正

骨盤矯正するする時に体質改善の矯正からしていくと、維持しやすくなります。持続性が向上しますが、初回からできる事はありません。
体質改善と骨盤矯正
体質改善と言うのは体の質を変えていく事で、さらに骨盤を小さくしたり小尻にすることができる矯正です。
体質改善と骨盤矯正
体質改善レベルの矯正は強い矯正になりますから、初回や2回目くらいまではできません。
また、期間を空けた方はできなくなります。と言うのも期間を空けると生活、仕事、運動(歩いたりすることも)で蓄積疲労が多くなるからです。
また、眠りの浅さから蓄積疲労も多くなりますので。

 

 

 

当院の骨盤矯正の方法

骨盤矯正とは
当院のサイトなどを見て骨盤矯正を受けたいと思う方はお電話で、まずは予約をされてください。
予約する時には日にちと希望される時間を受付に言ってもらえれば空いていればすぐに予約ができますが 、お電話の時に初めに『ホームページを見ました』とか『初めてです』という言葉を付け加えるとスムーズに行きます。
そして当日の予約時間の5分前には当院に来院されて必要事項を書いてもらう必要がありますが、 骨盤矯正という項目のところに〇をされてください。
記入してもらった紙をスタッフに渡すと待合室から中に入ってもらいますので中に入ったら、院長と机に座ってもらい確認を行います。
院長から、『骨盤矯正でいいですね』という確認です。
骨盤矯正というのは小顔矯正とは違って鏡で見ることはできませんので自分の手で比べてもらうことをしています。

手で骨盤を比べる

骨盤の両翼に手を当ててもらって、両方を比べるだけです。
しかしただ骨盤の横に手を当てただけではわかりません。当院では スタッフがメジャーや計測する道具で測ることはしていませんのでスタッフが測ってしまうと位置が違ったり矯正する前を緩く測って矯正した後きつく測るという嘘が生まれることもありますので自分で触れば変化がわかれば比べやすいと思いますので自分で触ってもらいます。
骨盤矯正をする時に 触るのは下の写真にあるように骨盤の真横を触ってもらいます。
骨盤矯正の触り方
できたら今でも鏡の前に立って、自分の骨盤の両横を触って比べてみてください。
骨盤というのも小顔矯正と同じように中心軸から比べたら、右側の大きさと左側の大きさが違いますので、左右の出っ張り具合を比べてもらいます。

 

多分ですが全員の方は何らかの左右の違いがありますので左右の違いがわかるということが骨盤矯正をして行く時に小さくなったのが分かるということになります。
骨盤矯正をして行く時に骨盤矯正をする前の骨盤の大きさと矯正したあとの骨盤の大きさを比べることが自分でできます。
しかし簡単な方法ではありませんのでしっかりと、意識をしながら比べるということが大切になりますので、右側と左側を真ん中から「どちらが大きいだろう」と比べると分かりやすいと思います。
骨盤矯正をする時に、矯正する際に寝てもらって直前に院長とともに骨盤の幅を触ることもします。 そしてウエストの幅も変わると思いますのでウエストの幅も触って覚えることをしてください。
自分の骨盤の大きさを触って覚えたら骨盤矯正に入ります。

骨盤矯正をしていきます

当院の骨盤矯正はボキボキもしないし痛くもないし電気や機械を使うこともなく骨盤を小さくすることができますので手の事実だけで骨盤を小さくしていきます。
骨盤矯正をして行く時には院長が骨盤をマッサージするような感覚だと思えば分かりやすいと思いますのでマッサージをするような感覚で揉んだり押したりしているだけで骨盤が徐々に小さくなっていき骨盤の歪みや骨盤の開きも解消されて浮腫みや脂肪も減るという特殊な骨盤矯正をしています。
マッサージをしているわけでもありませんしマッサージをして骨盤が小さくなることはないと思います。
院長は特殊な技能を持っていますので院長が骨盤をマッサージしたり揉んだりして行くと骨盤が徐々に小さくなっていくという大変不思議な骨盤矯正をしているため多くの方が骨盤が小さくなったので喜んでもらえて自分でもできますかと聞かれることが多くありますが院長は特殊な技術があるから、そして30年の研究と成果があるからできる成果だということも分かってください。

 

骨盤矯正と言っても骨盤周辺に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすことでも骨盤は小さくなります市骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正することも大切なことで矯正すると小さくなるでしょうが単純にそれだけではありません。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまうと代謝が悪くなり、リンパの流れが悪くなることから老廃物が多くた、まわりに浮腫み、脂肪になるということもありますが、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのかという原因が存在しているんです。
初回では骨盤を小さくすることをしていきますが、まだまだ整えなければいけない部分も多くありますので、維持する力はその先にあります。骨盤の歪みや骨盤の開きが起きると浮腫みや脂肪が多くなります。
今まで多くの方の骨盤を矯正してきましたが全員の方が骨盤が正常の大きさでは、亡くなっています。
つまり全員の方が骨盤が肥大しているということなんですが肥大する時も徐々に肥大していきますので自分でも気がつかないで、いつのまにか太くなっているということなんですが、太くなるのは、脂肪や浮腫みの多さの方もいらっしゃいますが、それだけではありません。

 

 

 

最新情報はここまで

 

 

骨盤矯正をして行くときには骨盤を小さくしていく事が出来なければ骨盤が小さくなりませんから骨盤と言うと骨盤と言うのは中央の尾てい骨(仙骨)と言う骨と両横の寛骨と言う骨で骨盤を形成しています。寛骨を3つに分けると腸骨、恥骨、坐骨と言う事になります。
仙骨と寛骨の一部である腸骨の関節が仙腸関節です。
骨盤矯正をしていく時には、どこを小さくすれば骨盤が小さくなると思いますか。仙腸関節もズレが起こりますがズレを起こしても数ミリです。1センチも動きません。この仙腸関節は上肢と下肢をつなげている部分ですから歩いている時なんかは少し動きますが、大きく動きません。
では、どこをどうすれば骨盤を小さくすることができるのか、と言う事になります。
骨盤周辺にある脂肪、浮腫みを減らしても骨盤は小さくなりますが。それでは骨盤矯正というよりも骨盤周辺矯正と言った方が良いかも知れません。もちろん

骨盤矯正で脂肪や浮腫みを減らしていきますが。


骨盤の周辺の脂肪や浮腫みを減らしても骨盤は小さくなったように感じるかも知れませんが。それでは骨盤矯正ではなく、骨盤周辺矯正になります。
骨盤矯正をして行くときには骨盤の歪み・骨盤の開きも改善することをしていきますが、骨盤の歪み・骨盤の開きは骨盤矯正でも最低限のものですから、それだけで骨盤が小さくなることはありますが、それだけではありません。
では何をしたら骨盤を小さくすることができるのか????
そして小さくなった骨盤をどうすれば維持すること、持続させることができるのか。この2つが問題ですね。
今までに多くの方が骨盤矯正を希望されて訪れていますが、全員が骨盤が小さくなっています。
当院では実際に小さくなった骨盤をできるだけ自分でわかるようにか小さくなったのが感じるようにしています。
そのため、少し難しいことをしてもらいます。それは骨盤の触り方にあります。骨盤矯正をする時には自分でわかるようにしていますから、自分で骨盤矯正を受ける前の骨盤の大きさを測るように触ってもらいます。これができないと骨盤を小さくしても分かりません。
しかしメジャーで測ることよりも難しく、小さくなっても分からないと言う方もいます。当院では骨盤矯正に入る前に2度ほど骨盤を触って練習をします。しっかりとわかってもらう為に。

骨盤矯正に入る前に

当院の骨盤矯正は院長である私が検査をして、どれくらい小さくなるのか、やってみないとわかりませんが、しっかりと小尻にすることができます。
安易に骨盤矯正といっても、色々な骨盤の状態がありますから、検査することで確認しながら骨盤矯正をすることをしています。
そのため初回から骨盤が小さくなっていく骨盤矯正ですから、骨盤矯正に入る前に自分の両方の手で骨盤の横に手を当てて幅をおぼえるようにして下さい。
しかし自分の骨盤の幅をおぼえると言うことは簡単なようで簡単ではありません。
しかし幅をおぼえることをしない骨盤が小さくなっても分かりません。
最近は骨盤矯正を希望されて訪れる方が増えていますが、多くの方は骨盤の歪みや骨盤の開きがあります。この骨盤の歪み、開きを改善することでも骨盤が小さくなります。そして骨盤周辺の脂肪や浮腫みも解消することもしていますが、1回で骨盤が小さくなったからと言って終わりではありません。
それは骨盤の歪みや開きが起きた原因に起因しています。
何も原因がなくて勝手に骨盤が歪んだり、開いたりすることはありません。
何かがあるから骨盤の歪みや開きを起こしています。骨盤矯正といっても骨盤の中にある骨盤内臓も深く関係しています。
生理痛、生理不順、便秘、軟便、膀胱炎、尿漏れ、股関節痛なども骨盤矯正に関係しています。骨盤を整えていくと改善する場合もあります。
骨盤矯正をして行くときに体調が悪かったり、眠りが浅いと戻りが大きくなります。

 

 

 

 

 

骨盤矯正をして骨盤の歪みを治す方法というのは色々な方法があると思うんですが根本的なものが整っていない限りはいくら骨盤の矯正をしても効果的には半減以下です。
骨盤矯正をしていく上で一番、重要になるものは状態を確認することなんですが、何も考えていない先生も多くいるため専門家の先生でさえも骨盤矯正をして、骨盤を小さくすることができないということもあります。
骨盤矯正と言うと色々な方法がありますので参考までに下のような骨盤矯正を多く見受けられますので説明を加えています。

骨盤矯正とは

骨盤矯正を希望されてきた方の多くが骨盤矯正の意味がわかっていなくて、ただ骨盤が小さくなりたい、小尻になりたいという方が多くいますので、骨盤矯正というのも知ってもらうために、説明をしていますのでしっかりと読んで確認するようにしてください。
骨盤矯正をする時には骨盤の歪みは骨盤の開きを確認して矯正すれば良いという訳でもなく、骨盤周辺に多くなってしまった浮腫みや脂肪を減らせば骨盤が小さくなることはなると思いますが、そういうことではありません。
骨盤矯正をして行く時に、骨盤の中にある内臓はどうなのかということも考えなければいけませんので、骨盤が小さくなったぶんだけ大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣を圧迫する可能性も無いとは言えません。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きた時には、前側も横も後ろ側も循環が悪くなりますので、リンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積していき浮腫みや脂肪が多くなっていきます。
今まで骨盤矯正を希望されて来た方の検査をしてみると、全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり、歪みが開きから増えてしまった浮腫みや脂肪が多くなっています。
骨盤矯正で小尻に

 

骨盤の歪みを直す方法

骨盤の歪みを治す方法というのは色々な方法がありますが骨盤ストレッチをしたり腹筋をしたり筋トレをしたり、骨盤矯正に関係のある筋肉を使って足上げをしたり色々な方法がありますがすればするほど骨盤がうまく調整できるかと言うとそういうこともある可能性もあるんですが効果的はどうなのかなと思います。
骨盤の歪みと言うと骨盤ベルトや骨盤矯正ショーツというのも売りに出されていますので履くことで骨盤を締め付けたりすることがありますが締め付け出れば締め付けるほどリンパの働きを悪くなり老廃物が多く貯まるという事も起きてしまいますので単純に秘めつければいいというわけでもありませんのでガードルでもなければ少数でも骨盤矯正ベルトでも同じ結果になってしまいます。 締め付けるということは血液の流れを悪くしてしまいますので悪くなるのは血液だけではなくリンパの働きも低下するということが起きてしまいますので単純に締め付けても効果的にはということがあります。

 

骨盤ベルト

骨盤矯正ベルト
骨盤矯正をして行く時に骨盤ベルトで締め付けたりして骨盤を小さくする方法があって骨盤ベルトをしながら腰を回したり運動したりすることで骨盤は引き締まるということがあるんですが骨盤のゆがみは骨盤の開きが起きている原因はどうなのでしょう。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている原因はしっかりと存在していますので閉めつければいいというわけではなく締め付けてしまえばリンパの働きも悪くなり老廃物が多く蓄積していき浮腫になってしまいます。
しかも簡単に脂肪も減ることもありません。
骨盤矯正をしていくときには骨盤というのは可動関節になりますので可動関節ということは階段を上ったり脚を上げたりする事で動かなければいけない関節のことですから志免つければいいというものではないです。
可動関節を固めてしまったら本当に筋肉や靭帯も固くなってしまいますので筋肉や靭帯が硬くなればぎこちない動きになってしまいます。

 

骨盤矯正ショーツ

骨盤矯正ショーツ
骨盤矯正ショーツというのが売られていますがガードルとは違って全体を締め付けるのではなく、理想的な締め付けを行うということで骨盤矯正ショーツを履くことも多くあると思いますが、単純に、骨盤矯正ベルトと同じで締め付ける度合いが違ったり形が違ったりという漢字だけになってしまいますので、根本的なものは変わるのかと言うと締め付けているだけだと思いますので、リンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積していくということは当然、起きてしまいます。

 

骨盤矯正ストレッチ

骨盤矯正ストレッチ
骨盤矯正をする時に骨盤矯正ストレッチというのがありますが、運動的にしても効果が出にくく出るのも、しばらく時間がかかって出る可能性もありますが、ストレッチしても汗をかいても発刊させても骨盤が締まることはなく、逆に浮腫みが多くなってしまうという結果になってしまいます。

 

骨盤矯正クッション

骨盤矯正クッション
骨盤矯正クッションというのも売られていますがバランスボールと同じように骨盤を不安定な位置にして筋肉のバランスを取ろうとして鍛えることをしていますが効果的にはどうなのかなと思いますがやってみないので分かりません。
そんなことをするよりも基本的な事をしなければいけないと思っていますので体から整えていかなければどんなに鍛えたって効果はりにくく逆にむくみは多くなっていくと思います。

 

骨盤ダイエット

骨盤矯正ダイエット
骨盤矯正ダイエットというのがあるんですが骨盤を整えていくことでダイエット効果があるという方法だと思いますが骨盤を整えても基本的なものが考えていないし骨盤がどうして歪むのかということがわかっていなくて骨盤矯正をしても効果は半減どころではありませんしダイエット効果があるとは思えません。
骨盤矯正というのも骨盤は土台という意味もありますので土台が歪んでいると背骨も歪むという感じだと思いますが逆にどうして骨盤が歪むのかということもわかっていないから骨盤矯正ダイエットという感じになっているんだと思いますので基本は身体の状態です。

 

骨盤矯正と産後

産後の骨盤矯正
出産した後に骨盤が歪んだままになっているという感じでよく言われているんですが出産だから骨盤が歪んでいるというわけではなく出産が出産前の状態がかなり関係するということで骨盤が歪んだりしているんです。
出産してしまって体力を多く使うことがあり体力を使うことで骨盤が歪んでしまっているという感じだと思います。
出産する前や出産した後の状態がかなり関係して骨盤のゆがみは骨盤の開きが起きているということで骨盤矯正をしています。
分かっていない方が出産で骨盤が歪んでしまったと思っているでしょうが実は出産で歪むというよりもご自分の状態で歪みが起きているということを考えてください。
何も原因がないのに出産で歪みが起きることもありませんし元に戻らないということもないんです。
何かの原因があるから出産後に骨盤が歪んだままになっているということですから出産が原因ではなく出産の前後の問題が原因なんです。

他院の骨盤矯正

他院の骨盤矯正
当院の骨盤矯正と違って他院の骨盤矯正は、どういうことをやっているのかと言うと一概に説明することはできませんが、骨盤矯正をしてボキボキしたり骨盤を揃えたり足を揃えたりという感じだと思いますし機械を使ってエアーで骨盤を締め付けたりすることも骨盤矯正だと思っている方もいます。

 

骨盤矯正効果

当院の骨盤矯正は体を整えていくことで骨盤を小さくしていく方法ですが特殊な骨盤矯正になりますので、どこでもできる矯正ではありません。
骨盤矯正をして骨盤が小さくなって小尻になることができても効果的には維持することができなければ意味はありませんし持続性がなければ意味はありませんので持続性ができるようにするためには数回以上かかります。
当院の骨盤矯正
当院の骨盤矯正はボキボキもしないし電気や機械を使ったりすることもなく院長のての技術だけで骨盤を検査しながら骨盤矯正をしていきますので無理やりな骨盤矯正をしているわけではありませんので理想的に骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。
骨盤矯正をして行く時には一番関係するのはご自分の身体の状態が関係しますのでどうして骨盤のゆがみは骨盤の開きが起きているのかという問題や浮腫みや脂肪が多くなっている原因があるんです。
今まで多くの方の骨盤矯正をして行きましたが、当院では先ほども説明したように検査することをしていますので検査をしてみると自分でもわかっていない方が多くいるんですが体調がすごく悪い方が多くいます。
しかし体調が悪いからといって何も感じていないしわかっていない方も多くいますので麻痺したり鈍感になっている方もいるぐらいです。
当院で検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあるということは何かが起きているから骨盤のゆがみは骨盤の開きがあるわけですから何かを検査して見つけ出さなければまたそれを解消しなければいけないということです。
それから始めなければどんなにいい骨盤に調整をしても骨盤も小さくなりにくく小尻になることもなく浮腫みや脂肪も減ることもなくまた安定して維持することはできないと思います。

 

しかし骨盤矯正を受けて骨盤が小さくなったぶんだけ骨盤の中にある内臓はどうなるのでしょう。 今まで骨盤が大きくなっていたのに骨盤を小さくしたら大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣はどうなるのかということも考える必要があります。
つまり骨盤が小さくなったら内臓を圧迫してしまう可能性もあるということです。

 

当院では色々な状態を考えながら検査することで見つけ出して骨盤矯正をしていますのですべての問題を解消しながら骨盤を小さくすることができます。 骨盤矯正を受ける時には初回から骨盤は小さくなっていくんですが一度で終わる骨盤矯正もありませんので体から整えていたり色々な面から解消していかなければいけない面がいっぱいあります。

 

骨盤矯正

 

当院では北九州市小倉南区で30年以上の経験があり、初回から骨盤が小さくなることで評判の骨盤矯正をしています。
当院の骨盤矯正はボキボキもしないし痛くもないし、電気や機械を使ったりすることなく骨盤を小さくすることができる骨盤矯正をしています。
今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたし骨盤周辺に多くなっているむくみや脂肪を減らしたりすることは当然ですけど、当院の骨盤矯正は骨盤矯正をして行く時にウエストまで細くなっていきます。
骨盤矯正というのは下の写真の 赤い矢印の部分の幅を狭く小さくすることが骨盤矯正です。
骨盤矯正とは
多くの方が骨盤矯正を希望されてきていますが骨盤矯正というのは何なのかということもわかっていなくて考えていなくて予約される方もいますので、骨盤矯正というのは骨盤全体の幅を小さくしていくことであり、平面的に見ても骨盤の幅を小さくしていくことなんです。

 

疲れやストレスの蓄積と骨盤矯正

骨盤矯正をして行く時には一番関係するものは疲れやストレスの蓄積なんです。 疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなので生み出されていくものです。
ということを考えれば、誰でも積み重なっているものですから誰でも骨盤は大きくなっているということがあります。
逆に考えて正常な骨盤の方はいません。
疲れやストレスと骨盤矯正
疲れやストレスが、色々な部分に溜まっていくと働き悪くなったり流れが悪くなったり血流も停滞したりリンパの働きも悪くなり老廃物も多く蓄積していくということが起きてしまいます。
疲れやストレスが溜まって多くなってしまったことほど太りやすいし浮腫みも多くなりますし脂肪も増えていきます。
普通一般的に食べ過ぎているということもありますし、運動しないから動かさないからだと言われていますが、それだけではありません。
疲れやストレスが溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて、歪みや開きが、徐々に大きくなっていくと骨盤周辺にも浮腫みや脂肪が多くなって増えていきます。

疲れやストレスを減らすと骨盤が小さくなります

増えて蓄えられた疲れやストレスを溜まっているところから減らしていくと徐々に色々な働きが良くなって代謝も上がりむくみや脂肪も減っていき大きくなってしまった骨盤が少しずつ小さくなっていくという骨盤矯正をしていますので普通一般的な骨盤矯正ではありませんのであくまでも理想的に美容的に健康的に骨盤を小さくしていく骨盤矯正をしています。

 

 

当院では評判の良い骨盤矯正をしていますが、骨盤矯正と言っても色々な方法があると思いますが当院の矯正は痛くないボキボキしない低周波治療器や電器に頼らない矯正をしています。
当院も骨盤矯正を始めて30年になりますから色々研究したりして技術を向上させています。その為、特殊な骨盤矯正をしています。<

 

  1. 骨盤矯正を受けた方の感想

 

骨盤矯正
まずは骨盤矯正をする時には考えなければいけない問題があります。
それは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債です。この2つの最悪なものが多くなると骨盤矯正をする時に効果と持続性を無くしていくからです。
一見、関係ないような疲れやストレスと睡眠負債なんですが、ただ骨盤を小さくすれば良いと言う物ではありません。
骨盤矯正をする時には、何をしたら骨盤が小さくなるのか、と言うことも考えなければなりません。
考えもなしに骨盤は小さくならないと思います。
骨盤矯正

 

骨盤を小さくする為には毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスに原因があると言いました。
骨盤矯正

 

骨盤矯正をして行くときには検査する事をしていますが、当然、検査するのは骨盤の歪み・骨盤の開きもですが、それだけではありません。
骨盤の歪み・骨盤の開きの矯正もすることは、もちろんなんですが。
骨盤矯正を希望されてきた方の骨盤が正常なのか、と言う事です。今まで多くの方の骨盤矯正をしてきて全員の方が正常ではありません。
どうして正常ではないのかと言うと疲れやストレスの蓄積と睡眠負債で多くの方が骨盤が大きくなっています。
今まで30年、骨盤矯正をしてきて正常な大きさの骨盤の方は一人としていません。
骨盤矯正をする時にはたまった疲れやストレスを減らすことと睡眠負債の改善が一番、効果的です。

 

骨盤矯正で骨盤が小さくなる

 

疲れの蓄積が疲労になり、疲労が多くなる事と睡眠負債

疲れやストレスを減らすと言うものは簡単ではありません。特に全員に起きている睡眠負債は、さらに厄介です。
そのため、当院では骨盤矯正をしていくときには、
1回目、
骨盤だけを触って骨盤を小さくする事をしていきます。骨盤矯正に入る前に自分の骨盤を触っておぼえてもらいます。どれくらい幅があるのか、と言う事です。自分で触って小さくなったのが、わかるようにしています。しかし多くの方の体調が落ちていますから骨盤の歪み・骨盤の開きがあるのは当然です。
体調の低下で痛みやコリがないからと言っても良いとは限りません。
今まで30年、骨盤矯正をしてきましたが、骨盤矯正を希望された方、全員の方が体調がすごく悪くなっていましたが、説明しても理解してもらえない事もあります。
疲れやストレスの蓄積と睡眠負債があれば睡眠負債の問題の方が重要です。始めから全部はできませんから、1回目は骨盤を触って小さくして小尻にしていきますが持続性はありません。と言うのは、疲れやストレスの蓄積と睡眠負債が多くあると思うからです。
疲れやストレスのたまった多さと言うのは生半可なものではありません。
骨盤矯正で骨盤を小さくするには
疲れやストレス、睡眠負債が多くなるのに維持する力、持続がある訳ありません。

小尻になる為には基本から

当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなって小尻になっていきますが骨盤矯正は1回で終わることはありません。
どんなに骨盤が初回から小さくなっても、骨盤矯正に関係する部分が他にもあります。
誰でも毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。
それが疲れやストレスです。
骨盤矯正で骨盤を小さく
疲れやストレスが多くなると浮腫み、脂肪が多くなります。
疲れやストレスは骨盤にもたまっていきます。骨盤にたまった疲れやストレスを減らすと骨盤が小さくなります。
しかし疲れやストレスがたまるのは骨盤だけではありません。骨盤以外の体にも多くの疲れやストレスがたまっていきます。
体も疲れやストレスを減らしていくと歪みやズレなども解消していくのは、もちろんですが骨盤への影響を減らす事ができます。

 

骨盤矯正をしていくなら、多くの方が思っていることは、本当に骨盤が小さくなるのか、そして骨盤が小さくなったら維持することや持続力はあるのか、と言うことを多く聞かれます。その答えは、本当に骨盤が小さくなります。そして維持することや持続力は多くの方がないと思います。持続力や維持することは骨盤矯正のテクニックではなく技術力ではなく自分の体の状態にあります。
その説明をしていきます。

※当院の施術をお受けになる方は顔に引くタオルをお持ちになると顔が痛くありません。施術台の顔の部分が固い場合がありますので、少しでも変える為にも。もちろんタオルをお持ちでないでもできます。洋服はスカートでもジーパンでも大丈夫です。ただし麻などの固い生地は避けて下さい。

 

骨盤矯正をする時には骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正して整えていく事でも骨盤は小さくなりますが、少ししか小さくなりません。
骨盤の歪み・骨盤の開きがあると骨盤周辺に多くの脂肪・浮腫みが多くなります。それに応じて足の太ももも大きくなります。
骨盤矯正で小尻になれる

人気がある骨盤矯正

当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなりますが3通りの骨盤矯正があります。

 1回だけの骨盤矯正:

1回目から骨盤が小さくなっていきますが、試しに受けてみたいと言う方、本当に骨盤が小さくなるのか疑問の方の骨盤矯正ですが、あまりお勧めしません。と言うのも骨盤矯正と言っても骨盤だけ小さくすれば良いと言う訳ではないからです。
骨盤矯正と言っても骨盤の中にある内臓のことを考えていません。骨盤を小さく小尻にすると言うことは中にある大腸、小腸、子宮、卵巣、膀胱に影響があるからです。ですから、ただ骨盤を小さくすれば良いと言う訳ではありませんが試しに受けて見たいと言う方には、本当に骨盤が小さくなります。しかし維持する力、持続力は3つの中で一番、ありません。
骨盤矯正と言っても体調を上げたり体の調整が色々あるからです。骨盤だけ小さくなって小尻になれば良いと言う訳ではありません。
※骨盤矯正を受けたあと体調、体力がない方は小尻になった分だけ体調や体力が取られますからダルクなることがあります。揉み返しではありませんが揉み返しのような感じです。
骨盤矯正で小尻になれる

②骨盤矯正を数回受けて見たいと思われる方:

当院の骨盤矯正は他とは違います。骨盤矯正と言うよりも骨盤の治療と言う意味合いがあります。そのため骨盤矯正と言うと骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正して小さくなったとしても戻りがあります。
骨盤矯正をする時にはしばらくの通院が必要になります。期間を開けないで骨盤矯正をしていくと効果も敵面で変わっていきます。骨盤矯正をする時には骨盤だけではなくウエストも細くなっていきます。期間を開けないで来ると③の体質改善に進みやすくなります。そうするともっと変わっていきます。
※骨盤矯正を受けたあと体調、体力がない方は小尻になった分だけ体調や体力が取られますからダルクなることがあります。揉み返しではありませんが揉み返しのような感じです。

③体質改善による骨盤矯正:

当院では体質改善の施術による骨盤矯正の方法があります。当院で一番、最高の治療になります。体質改善と言うのはアンチエイジングの施術であり、若返りの施術です。体の中から変える事ができる唯一の方法です。骨盤矯正をして行くときには骨盤の歪み・骨盤の開きだけではありません。関係する部分が多くあります。それらを若返らせていくことで細胞が変化して若返ります。

 

 

骨盤矯正は

当院の骨盤矯正は痛くない怖くないボキボキしない骨盤矯正をしています。
多くの方が骨盤矯正に訪れて骨盤が小さくなっていっていますが、ほとんどの方が、おぼろげに骨盤矯正と言うことばかり考えていて骨盤矯正の意味を分かっていません。
当院の骨盤矯正は骨盤周辺の脂肪や浮腫みも解消していきますが、足の太さを少しでも変える事ができますが、それで小尻にすると言ってたんでは骨盤矯正ではなく、骨盤周辺矯正です。
骨盤矯正と言うので骨盤をどうにかして小さくしていくのが骨盤矯正です。
骨盤と言うのは中央の仙骨(尾てい骨)と言う骨と両横の寛骨と呼ばれる骨で骨盤が形成させています。
寛骨は腸骨、坐骨、恥骨の骨の3つが合わさって寛骨と言う骨を形成します。中央には仙骨があって寛骨と仙骨で骨盤と言います。
骨盤周辺の脂肪や浮腫みではなく、リンパの流れでもなく、循環でもなく、骨盤の大きさを変える事をするのが骨盤矯正です。
当院では、その骨盤自体を変える骨盤矯正をしていますが、無理な骨盤矯正はしていません。不自然な骨盤矯正ではありません。
当院に訪れる方は、ほとんどの方が骨盤の歪みや骨盤の開きがあります。
今まで30年以上、骨盤矯正をしてきて骨盤の歪みや開きがないと言う方はいませんでした。
これを解消して整えるだけでも骨盤は小さくなります。しかし、最近は多くの方が骨盤に問題を抱ええています。
骨盤の問題と言うのは、骨盤の歪み、骨盤の開きは当然ありますが、それ以上のことが起きています。
自分で気が付かないで体調が落ちていると骨自体が炎症を起こしてハレあがっている方が多くなっています。
当院の院長は検査する事ができますから、検査してみると骨盤の歪みや開きも確認できますが、特に中央の仙骨が炎症を起こしてハレあがっている方が多く見受けられるようになりました。
骨盤の骨がハレあがっていると骨だけでは済まないこともあります。
この骨の腫れあがりを改善することができれば骨が正常に戻って正しい大きさになっていきますから骨盤が小さくなっていきます、そうすると骨盤が小さくなって小尻になると言うことです。
普通は骨盤が炎症を起こしたり、ハレ上がると言うことは起きません。
最近は骨盤矯正の方も、小顔矯正を希望する方も骨の炎症やハレが多くなっています。

多くの骨の炎症やハレの原因は睡眠負債にあります。

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ている????。寝ている本人に、寝ていると言うことがわかりますか??寝ているのに!!
眠るということは脳から寝る事です。スースー寝息を立てていれば寝ていると思うのは違います。
朝まで目が覚めないでも寝ながら考え事をしている睡眠をしていると脳疲労が多くなって体調が落ちていきます。体調が落ちても脳疲労があると調子の悪さ、痛みやコリを感じません。
マヒした状態では健康ですとも言えないし、体調は良いですとも言えません。
寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。夢ほど記憶に残らないのが寝ながら考え事をしている睡眠です。
この睡眠が、最悪な睡眠です。
長く睡眠負債になると脳梗塞、心筋梗塞、うつ、パニック、認知症、痴ほうの進行が早くなります。
本当は睡眠負債が優先されますが、骨盤矯正希望の方は、骨盤に集中して骨盤を小さくしていきますが、睡眠負債があると体調、体力が落ちていますから変わる方に体力を取られると『ダルク」なります。
骨盤矯正とは
当院の骨盤矯正は30年の経験がある院長が骨盤矯正を痛くもなく怖くもなくマッサージをするような感覚で骨盤矯正をしていきます。
マッサージするような感覚と言いましたがマッサージをしている訳ではありませんし、マッサージをして骨盤が小さく小尻になることはありません。
一番、わかりやすいのは骨盤を検査する事をして異常のある部分を見つけることができます。

異常のある部分とは

骨盤の歪み、骨盤の開き
筋肉、じん帯の緊張やハリを解消
内臓を元気にしていく
骨の炎症やハレを解消
最近は検査することができるから、わかったことですが特に骨が炎症を起こしている方が多くいます。
もちろん骨盤の歪みや骨盤の開きもあります。
つまり骨盤が開いたり、歪んだり、骨まで炎症やハレが起きています。普通では起きないことが起きている方が増えています。
これらを改善していくと骨盤が小さくなって小尻になっていきます。
つまり正常にしていくことで骨盤が小さくなるわけですが、骨盤が歪みや開き、骨の炎症やハレが起きていても何も痛みやコリはありません。
ですから多くの方が骨盤が歪みや開き、骨の炎症やハレがあるとは思いません。
中には骨盤が歪みや開き、骨の炎症やハレで生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎を起こしている方もいます。
自分でも気が付かないで骨盤が歪みや開き、骨の炎症やハレがある骨盤周辺に脂肪や浮腫みが多くなります。
そして足も太くなります。

骨盤矯正とは

当院の骨盤矯正は痛くもなく怖くもなく、ボキボキもしない骨盤矯正をしています。
当院では30年間で色々な方の骨盤を小さくする治療をしてきました。骨盤矯正をする時に一番、気を付けて欲しいものがあります。
それは体調なんですが。
骨盤矯正と体調は密接に深い関係があります。
他の骨盤矯正をしている治療院では、骨盤を中心に矯正していますが、体調から上げていかないと戻りやすく効果も出にくくなるからです。
最近の骨盤矯正を希望されて訪れている方の骨盤を検査してみると異常な状態が起きていることが多くなっています。
異常な状態とは普通では起きないことです。
最近は環境も悪くなる一方で人の体調も悪い方と悪すぎる方が異常に多くなっています。
一番の問題はテレビでも言っていますが、睡眠負債が多くなっている問題です。
当院では睡眠負債のある方は検査することで、すぐにわかりますが、特に検査しなくても頭を触ればわかります。頭を触るとブヨブヨしている頭の中には異常に固くなっている頭がい骨があるからです。
頭がい骨の固さは脳の固さと同じです。
脳が固い方は、「アクビ」が寝る時間になっても出ません。
ですから寝る時間になって寝たら朝まで起きないから寝ていると勘違いしている方が多くいます。
夜に目が覚めないしから寝ていると思っていることです。
しかしある睡眠の状態の方は目が覚めませんが一番、浅い睡眠です。
このある睡眠とは寝ながら考え事をしている睡眠です。この寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまうから夢を見ていることほど記憶に残りません。

このため寝ていると思っている訳です。

しかし、この睡眠が一番、浅い睡眠です。この睡眠時間が長いと、また、多いと脳はドンドン弱って脳疲労になるからです。脳疲労が多くなればなるほど脳細胞の減りが急速に早くなります。
睡眠負債が多くなると心筋梗塞、脳こうそく、認知障害になりやすいからです。
骨盤矯正と言っても睡眠負債が多いと効果が出にくくなりますし維持することができないし、持続時間が減少していきます。
睡眠負債から起きる脳疲労や脳衰弱は簡単には改善できません。一番、厄介なのは睡眠負債から起きる脳の問題ですから。
骨盤矯正を希望されてきた方も初めは主に骨盤だけを小さくしていく治療をしていきます。骨盤矯正をしていくとウエストまで細く引き締まっていくのが当院の骨盤矯正です。
初回の骨盤矯正は、検査して異常がある部分を見つけて、それを変えていくことで骨盤を小さくしていく事ができます。この治療のことを体調の骨盤矯正と言います。
最近は変な現象が起きていると言ったのは、筋肉、じん帯、骨盤の骨などが炎症を起こしていたり、ハレていると言う事があります。
これも検査できるから見つかったことですが、もちろん骨盤の歪みや骨盤の開きもあります。
特に骨が炎症を起こしたりしても痛みやコリはありません。
しかし骨の炎症やハレは骨の変形を起したり、肥大させていきます。
特に骨盤の中央の骨の尾てい骨(仙骨)が炎症を起こしていたり、ハレている方が多くいます。
この骨が肥大したりしていると骨盤が横に広がります。人によっては股関節の問題を起こしている方もいます。
つまり骨の炎症やハレを検査することで、見つけて治療していくと骨盤が正しい大きさになって小尻になっていく事ができます。

 

正しい方法に行くと骨盤周辺の浮腫みも減少していきますし、脂肪も減りやすくなるからです。

評判の良い骨盤矯正

当院では初回から骨盤が小さくなることで評判の良い骨盤矯正をしています。
当院の骨盤矯正は1回目から骨盤が小さくなりますが、骨盤矯正と言うよりも骨盤の異常を見つけることで骨盤を整えていくことができる方法で骨盤矯正をしています。
当院では今まで多くの方に骨盤矯正を受けてもらい骨盤矯正をしてきましたが、ほとんどの方の骨盤を検査することで見てみると異常がある方ばかりでした。
骨盤の異常と言うのは、骨盤の歪み、骨盤の開きに始まり、これ以外の骨盤の問題も多くありますから、それらを正常な状態に整えて行くと骨盤が小さくなって小尻になることができます。
骨盤の歪みや骨盤の開きだけでも、骨盤が大きくなります。
●特に骨盤が歪みを起こしていると脂肪がつきやすくなりますし浮腫みやすくなります。つまり太くなります。足にも影響が出てしまいますから脚が太くなります
●骨盤が開いていると骨盤自体が大きくなっていきます。急にズボンがきつくなることもありますし骨盤が開いてしまうと働きが低下して腰痛、膀胱炎、尿漏れ、股関節の痛み、生理痛、生理不順、便秘になります。
骨盤の歪み・開き以外にも骨盤にはトラブルが多くなっています。
当院に骨盤矯正を希望されてきた方のほとんどは骨盤に歪みや開き以外にも色々な状態が起きていました。
この状態と言うのは
  骨盤の骨の炎症やハレ、
  筋肉・じん帯の炎症やハレ、
  骨盤周辺にある脂肪の炎症、ハレ、
  骨盤内臓の弱り・・・・などです。
骨盤矯正をする時には、このすべてが関係しますから、確認していく為には検査していくことからしていきます。

評判の良い骨盤矯正

40代の女性
骨盤矯正と下半身が大きいのでパンツもきついので細くなりたくて来てみました。
※この方の骨盤は歪みが大きく骨盤周辺の代謝も悪くなって浮腫みや脂肪の量が大きくなっていました。骨盤が歪みを起こしていると代謝も悪くなって、リンパの流れが悪くなって老廃物も多くたまります。
しかも、骨盤の中の内臓も働きが落ちて生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎なども起こりやすくなります。
しかも、体調が悪くなっていますので、体調が悪いだけでも普通に骨盤の歪みが起こります。骨盤の歪みが起これば代謝、リンパの流れも停滞気味になります。これが浮腫みや脂肪になります。
そして骨盤が炎症を起こして腫れていました。
これを整えていくだけで初回から骨盤が少しずつ小さくなって、数回目で脂肪も、浮腫みも減っていっています。
今まで良くならなかった原因は体質にも関係がありますから体質改善体の中ら変えていくことをしましょう。

30代の女性

 

小尻になりたくて、ここの骨盤矯正のページを見てきました。
※骨盤矯正に入る前に、骨盤の幅をおぼえてもらいます。骨盤矯正をする前と、骨盤矯正をした後の変化を比べられるようにしています。
当院では、自分の手で骨盤の両横を触っておぼえてもらいます。両横の幅を手で押して幅を確認してください。
骨盤矯正後には、小さくなっていますので。
しかし、骨盤だけ骨盤矯正をしても、維持ができない方や持続力が続かない方がいます。
これは体調と歪みのせいなので、歪みや体調を上がていくことをしてください。
人によっては体調を上げるだけで臀部のヒップアップになる方います。
そして、体質改善の施術で骨盤矯正をすると持続力がグンと上がって小尻を維持しやすくなるし、ヒップアップにもなると思います。
骨盤矯正は数回は必ず受けるようにしてください。
特に体質改善の施術は初回からはできません。

骨盤矯正と体調と体質

骨盤矯正で骨盤が小さくなって、小尻になる為には、体調と体質の関係があります。体調と言うのは、わかりにくいものですが、体調を上げる施術をして骨盤矯正をしないと、効果と戻りが大きくなります。
体調と言うのは基本的なものですから、骨盤矯正で骨盤だけ小さくしても、変化が出にくく、効果と維持力が減少していきます。
特に電機や機械で骨盤矯正が出来ても、効果は出てくれませんし、もし出ても、戻りが大きくなります。
体調を上げる時には、体調がかなり深く関係しています。体調が良くならないと、骨盤矯正の効果が半減してしまいます。
体調と言うのは、大変、わかりづらくあります。
当院でも多くの方が骨盤矯正に来院されますが、体調が悪いのに、体調の事は言わない方も多くいます。
体調が悪いと、体は歪みを起こしています。もちろん、骨盤も歪みを起こして骨盤が開いたり、歪みが強く起きていたり、骨盤の骨の炎症や、骨自体が腫れていることもあります。
普通は、これくらいのことが起きていると、張りや、痛みやコリを感じているはずなんですが、感じにくくなっている方も多くいます。
これは、痛みを感じる神経の問題が起きている関係です。
体調が良いと(悪くないと)思う方も、当院で検査して、状態を説明しています。

骨盤矯正の進み方

① 予約するときは、来院しようと思う日と時間を決めて携帯の番号を用意して、「ホームページを見ました」と始めに言ってお電話で予約して下さい。
② 予約日には予約時間の5分前に来院して下さい。必要事項をかいてもらう時間が必要ですから。
③ 骨盤矯正に入る前に、院長から、どこを変えたいのかお聞きします。
④ 骨盤矯正に入る前に、いま、現在の骨盤の幅を触っておぼえましょう。触り方は一番わかりやすい触り方を教えますので、その触り方をして、おぼえていましょう。
⑤ 施術台に寝てもらって、骨盤矯正に入りますが、先ほど触った自分の骨盤を寝たまま触りましょう。
⑥ 特に骨盤矯正でもウエストが変わりますので、ウエストの幅を初めに触って下さい。
⑦ 骨盤矯正に入りますが、デモンストレーション的に、20秒くらい院長がウエストを揉みます。院長が20秒くらい触っただけでウエストが細くなっています。
⑧ 本格的に骨盤矯正に入ります。20分くらいの骨盤矯正ですが、長くすればいいと言う訳ではなく、20分くらいの骨盤矯正が一番効果が大きく表れます。
⑨ 骨盤矯正中ですから、もう少しお待ちください・・・・。
⑩ 骨盤矯正後には、もう一度、骨盤を触ってみてください。骨盤が小さくなっています。
⑪ 骨盤矯正には1度で変わりますが、数回受けて下さい、1回の骨盤矯正では体に蓄積したものや歪みは解消できません。
⑫ 当院には体質改善で骨盤矯正をする方法があります。体質改善の施術は一番、小尻効果と持続力があるので人気の骨盤矯正になります。
体質改善の施術は、定期的に受けている方のみできます。期間を開けるとできません。体質改善による骨盤矯正は回数券をお勧めしています。と言うのは、受けてれば受けるほど体形が変わってくるからです。当院の体質改善の施術は当院だけの施術なので他ではしていません。(ここをクリックして)
骨盤の歪みがお尻を大きく見せる

骨盤矯正

当院の骨盤矯正は小尻になれるので数ある施術の中でも人気の矯正法の一つです。
骨盤矯正をする時も、ただ骨盤を小さくしていけば良いと言う訳ではありません。それでは、戻りも大きく浮腫み安くなります。
今まで、多くの方が当院の骨盤矯正の矯正をしていますが、多くの方が体に疲れやストレスがたまった状態になっています。
疲れやストレスと言うのは、電気で刺激しても、ボキボキしても、寝ても、サプリメントをとっても、旅行に行っても、温泉に入っても解消しにくいのが疲れやストレスです。
多くの方が簡単に考えていますが、毎日の生活や死後のストレスなどが多く、ドンドン日増しにたまるのが疲れやストレスです。
どうして疲れやストレスが骨盤矯正に関係するのかと言うと理由があります。この理由から減らしていていく事をしないと、浮腫みやタルミ、小尻になることができないからです。
ただ、ボキボキしたり、マッサージをしたリ、リンパマッサージをしたリ、電器や機械をしても骨盤んは維持するのが、小顔と同じくらい難しいようです。
ストレスから骨盤の歪みが起きます
小尻になる為には
骨盤が小さくなって小尻になる為には、体調と体質が重要です。
体調と言うとわかりにくいですが、体調は痛みやコリがなくても落ちている場合が多くあります。体調が悪いと言う事は、疲れやストレスが多く蓄積しています。
疲れやストレスが多く蓄積していると循環や血流、リンパの流れ、老廃物の流れ、内臓の働き、筋肉疲労の蓄積、ホルモンのバランスなどが低下して悪くなっています。
ほとんどの方が、体調というのをわからない方もいます。風邪を引いて寝込んでいないと体調が悪いと思わない方います。
しかし、寝込んでいないでも体調は低下しています。体調が低下して慣れていると、わからなくなる方もいます。
体調は痛みやコリがないとわかりにくいですが、ほとんどの方が体調を落として当院に来院されます。

体調と言うのは

体調が悪いと歪みが起きています。必ず、多少なりとも疲れやストレスはあります。疲れやストレスがない方は生きていません。
人は疲れやストレスとうまく付き合って生きています。
自分には疲れやストレスはないと言う方がいたら、全然、疲れやストレスを良く分かっていない方です。
いくら良い骨盤矯正をしても、骨盤矯正が出来ても、体調が落ちている方は、戻りが大きくなります。また、しばらくすると浮腫みが多くなって脂肪になります。
股関節の部分が広がっていきます。つまり、骨盤が広がります。骨盤が広がっていくと生理痛や生理不順、子宮や膀胱の問題が起こります。
骨盤の中の子宮の正しい位置から移動する子宮脱や膀胱炎も起こりやすくなります。
骨盤が歪みを起こしていると妊娠しにくくなります。又、妊娠中に骨盤が歪んでいると、出産してからの子供の成長に影響していきます。
特に、妊娠中の骨盤は重要で、骨盤が歪んでいると歪みが起きた骨盤の中に胎児はいますから、影響が大きくなります。
痛みやコリはなくても骨盤矯正は大事だと言う事がわかりますよね。

小尻になると言う事は

骨盤が小さくなって小尻になると言う事は、簡単に考えないで下さい。その意味は、骨盤と言うのは体の土台と言うことをよく言います。
骨盤が歪みを起こしていると骨盤の幅が広がるだけではなないからです。
骨盤が歪みを起こすと、背骨歪みを起こしていきます。背骨が歪みを起こせば背骨から出る脊髄神経が影響を受けて、内臓に行く自律神経も乱れてしまいます。
骨盤が歪みを起こして背骨もズレていくと顔まで歪みが起きていきます。
体全体に影響が大きいのが骨盤です。
骨盤を整えるだけでも、体調が良くなる方もいます。また、今まで数年間の生理痛が解消したと言う事もあります。
また、数十年の椎間板ヘルニアが良くなったと言う例もあります。

(20代の女性の方)

 

今も女性の方が来られて色々な所を治療することをした後ですが、骨盤矯正できたのですが体が細くなるから嬉しいです。
知り合いから体が細くなってきたねと言われて本当に嬉しかった。

骨盤矯正を受けた方の感想をいただきましたので参考にしていただければと思っています。
骨盤矯正

 

50代の女性(北九州市小倉南区から)
洋服を選ぶ時に骨盤を大きな鏡で映してみた時に自分でも骨盤が大きいなと感じてしまったのでいい骨盤矯正をしているところがないのか探して検索してみましたので見つけることができました。 ここの整体の骨盤矯正は本当に痛くないので安心して受けていることができますがマッサージをするような感じだと思えば簡単だと思いますが実際に変化しているので簡単にしているようで簡単ではない技術なのかなと自分でも実感するぐらい骨盤が小さくなっていきます。 もちろん一回で変わる骨盤の変化は人それぞれ違うそうなんですがむくみや脂肪が取れていくだけではなく骨盤の歪みや骨盤の開きを整えればいいというわけではないそうなんでしっかりと話を聞くようにしています。

 

30代の女性(北九州市小倉南区から)
最近、パンツを履くときにきつくなってしまったので足が太くなったり骨盤が太くなったのかなと思って骨盤矯正に行きましたが骨盤矯正と言っても何をするのか全然、考えもせずに来たんですが骨盤矯正と言っても、本当に骨盤が小さくなるのか骨盤を小さくすることができるのか不安でした。 ここの整体の先生が言うことでは骨盤矯正といっても骨盤周辺のむくみや脂肪を減らすことでも少しは小さくなるそうなんですが骨盤周辺のむくみや脂肪が多くなる原因は骨盤の歪みや骨盤の開きにあるそうなんです。 しかも骨盤の歪みや骨盤の開きの原因もあるということなので本当に多くの原因が骨盤矯正する時に関わっているということがわかります。 骨盤矯正を受け出して10回少し過ぎたところなんですが今ではかなり骨盤が小さくなっていて娘からも「お母さん、お尻が小さくなってきたね」と言われてしまいました。

 

20代の女性(北九州市小倉南区から)
骨盤矯正を受けに来たんですがどうしてもお尻を小さくしたいので小尻になるために来ました。はじめ受ける時に先生から骨盤を触ってみてくださいと言われて骨盤を触る事をしましたが自分ではわかりにくかったんですが骨盤矯正を受ける直前に 先生が私の手の上から手を添えてもらう事をしましたら本当に骨盤の幅が分かるようになりました。 骨盤矯正を受けた後は本当に骨盤が小さくなっているし驚くばかりなんですが骨盤だけでもなくウエストまで細くなっているのにはびっくりしました。

 

10代の女性(北九州市小倉南区から)
ジーパンを履いてもジーパンがきつくなってしまったので特に骨盤のところと足の腿のところがきつい感じがして太ったのかなと思って骨盤矯正に来たんですが骨盤が大きくなっていることに気がついている自分が本当に不安です。 骨盤矯正と言っても色々な骨盤矯正があると思うので自分でも今までは整体に行ったりして骨盤矯正も以前受けたことがあるんですがあまり変化がないのに料金ばかり高かったのを覚えています。 ここの先生の整体を受けだして骨盤が本当に小さくなって料金も普通ぐらいだと思うのでしばらく受けてみようと思っています。

 

50代の女性(北九州市小倉南区から)
本当に骨盤が小さくなるのか不安でしたが受けてみると不安が一掃されるぐらい骨盤が小さくなるのか分かります。 特に自分でもを比べることができるのがここの特徴みたいですね。

 

40代の女性(北九州市小倉南区から)
小尻なりたいと思うので骨盤矯正を探していましたがスマートフォンで検索したら色々な所が出てきたんですが、ここがいいと思って予約させてもらいました。 ここの先生は本当に痛くもない骨盤矯正をしてくれていますので安心して受けていることができます。

骨盤矯正とは

 

 

 

体質改善 アンチエイジング 若返りの施術

 

北九州近郊で北九州市小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区や周辺の下関市、田川市、飯塚市、直方市、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町、福岡市、福津市、田川からも来られています。

 

 

page top