小顔矯正で小顔になる

小顔になれる嬉しい小顔矯正

小顔矯正で顔を小さくするなら、初回から顔を小さくすることができる方法をおしているんですが初回から顔を小さくするためには、何を減らしたら、または何を変えていくと顔が小さくなるのかという問題がありますが、初回から顔を小さくするためには、むくみや脂肪から減らしていくんですが、むくみや脂肪を減らせばいいわけではないんです。
小顔矯正

エステの小顔矯正

小顔矯正というとエステの小顔矯正があるんですが、エステでは、どういう風にやっているのかと言うとエステのお店で、違うかも分かりませんが顔をマッサージして刺激をして発汗を促すようにしたり楽やタオルを巻いたりクリームを塗ったりして汗を出して水分を減らすことをしたり温かい蒸気を当てて汗をかくような方法をしていると思いますので、主には中にある水分を何らかの手段で減らすことをしていると思います。
エステの小顔矯正というのは顔の中にある脂肪やむくみを減らす手段として水分を出すことをしていると思いますので当院の小顔矯正の方法とは全然、違う方法をしていると思います。
小顔矯正とは

当院の小顔矯正

当院で行なっている小顔矯正というのは顔を刺激することは多少はしていますが中心になるのは顔を刺激することではなく、顔の水分を減らすというよりも整えていくことで顔を小さくする方法だと言えます。
顔を整えていくためにはラップを巻いたりタオルを巻いたり蒸気を当てたりすることもなく汗を出す方法をしているわけではありませんのでエステの小顔矯正とは全然、違うものだと思っています。

当院の小顔矯正とは

当院でやってる子顔矯正というのは強制に入る前に鏡で自分の顔を見たり手で触ったりということを優先してしていますので院内のスタッフがメジャーで計測する道具で計測したりすることはしていませんので自分で顔の変化がわかるようにしているのが特徴なんです。
顔を鏡で映しても何を見ているのかということが問題になるんですが見るべきものは顔の大きさと左右差を中心に見てもらうことをしています。
顔というのは左右が対称の方はいませんので目の位置が違ったり鼻の向きが違ったり口が傾いていたりまたは顔の輪郭が左右が違ったりということがありますので、それを確認する為にもまずは顔を鏡で映して、自分の顔を真ん中で分けて左右を比べてもらうことをしています。
小顔矯正をする前に
鼻を中心として右と左側に分けて鏡で見る時に、右側の ライン の方がシャープだとか左右差があると思いますのでどちらの部分が、どの辺が出っ張っているとかどの辺がすっきりしているのかということを確認してもらわなければ記憶力がある方はいいでしょうけど意識してしっかりと確認してもらうことをしています

自分で顔の変化がわかる

何も考えずにおぼろげに見ても顔の左右差というのは意識することができませんのでしっかりと何を中心にして鏡で見るのかということを確認する必要がありますのでそのためには説明をして触り方とかをお教えしますので、その通りに触ってもらえればいいと思いますが意識することをしてください。
つまりただ単に見ただけでは分かりませんし何を見るのかということを意識するということが大切になります。
自分の顔を鏡で見て映して分かったら今度は手で触ってもらうことをしていますが手で触ってもらうということは大変難しいことであり鏡で見て顔の大きさを確認するよりも困難を極めてしまいますが手で触ることの変化が分かれば 小顔矯正をしたあとの顔が違ってきます。
やはり鏡で見て顔の形や大きさを覚えるよりも、自分の手で触って覚えた方が変化がよくわかりますので変化がよく分かる方法が自分の手で触るということですから触って分かれば、『えっ~!!』と言う顔が違います。
小顔矯正をする前に

小顔矯正の特徴

当院の小顔矯正というのはエステのように小顔矯正をしているわけではありませんので、体を整えていくことをしなければいけませんので、顔と体というのは、相互関係がありますので顔をどんなに整えても体がガタガタで歪みが落ちていたり崩れているような状況では安定する理由はありませんので安定するために、又は持続性を向上させるためにも体を整えていく必要がありますのでエステの小顔矯正はここまではしていません。
小顔矯正をして行く時にむくみや脂肪から減らしていくんですが、むくみや脂肪と言うと体の状態のことを考えればわかると思いますが、多くの方は運動不足だとか糖分や炭水化物や油ぶんの摂取をしたり高いカロリーのものを食べ過ぎているかなと思うかも分かりませんが実はあることが多く溜まっていると、代謝が悪くなり、むくみや脂肪が多くなるということが別口で起きてしまっているんです。
あることというのは日常で多くなるものなんですが、日常で多くなるものは特別なものではなく普段から周りに常に存在しているものなんですが一時的にしか感じ取ることができないため多くの方がなくなったように思えていたり、 消えたように思えることが多くあるかもわかりませんしいつのまにか忘れてしまっている方ばかりですが、実は多くの存在が残ったままになっています。
小顔矯正をする前に鏡で
これが疲れです

疲れやストレスと小顔矯正

それというと多くの方が簡単に考えてしまっていますが、疲れほど厄介なものはなく困難を極めることはありませんし検査する道具もないのが疲れの蓄積です。
疲れというのは一過性で感じることができるんですが後は、しばらくすると消えたようになくなったように忘れてしまっているんですが大半は、残ったままになっています。
疲れの蓄積というのも多くすればするほど限界なく多くしてしまうことができるため多く溜め込んでしまったものをストレスと言いますが、疲れやストレスが体に蓄積することが原因で運動不足や食べるものだけが、原因ではなく、水を飲んでも太るということを聞いたことがあるかもわかりませんが、まさに疲れやストレスを溜めてしまうと水を飲んでも太って行きます。

page top