小顔矯正で顔を小さくする

小顔矯正をするなら

小顔矯正をしていく時には、1回目から顔を小さくすることをしていますが、一度目で小顔にすることができるのは、脂肪や浮腫みから減らしているからです。
顔には多くの浮腫みや脂肪があります。
それを一度で減らすことは難しいので、できませんが、どれくらいあるのかで減らす事ができると小顔になります。

 

しかし小顔矯正と言っても、ただ顔を小さくすれば良いと思うでしょうが、違います。

 

小顔矯正とは

 

どうして浮腫みや脂肪を増やしてしまっているのか、と言う原因があります。
原因も改善したり解消することをしない限り、小顔矯正をしようとしても小顔になりにくくなっていたり、戻りやすくなります。

 

良く小顔になったら、患者さんから、維持する事ができますか、とか、持続性はありますか?と聞かれますが、それは技術力のせいではなく、ご自分の体の状態のせいです。

 

自分の体の状態が維持する事ができるのか??と言う問題があります。

 

体の崩れがある方ほど、顔が小さくなりにくくなっています。

 

眠りの浅さがあると、顔が小さくなりにくく、維持するチカラはありません。

 

どんなに小顔矯正のカリスマでも、体の崩れや眠りのトラブルがあると顔が小さくなりにくく、維持するチカラは無いと思います。

 

小顔矯正の症例-1

当院では人気がある小顔矯正ですから多くの方が受けられています。

 

以前、30代の女性の方が小顔矯正を希望されてきました。
この方は小顔矯正を受けるのは初めてだと言うことです。

 

まずは小顔矯正に入る前に、自分の顔の大きさと形を覚えてもらいます。
一つ目は、自分の顔を鏡で見てもらいます。
この時に、ただ鏡に顔を映しても大きさは何となくしかわかりませんから、顔の中心に線を引いたとして左右の顔の違いを見てもらいます。
もう一つ目は、手で顔を触ってもらいます。
この時にも顔を手で覆うようにして左右差を確認してもらいます。

 

この2つのことができて、自分の顔の大きさや形がわかったら小顔矯正に入ります。

 

小顔矯正は痛くもないし怖くもありません。

 

小顔矯正をしていきます

 

施術台に上向きで寝てもらって、施術していきますが、器械やクリームを塗ったり、発汗させる小顔矯正ではありませんので、洋服を着替える必要はありません。

 

この患者さんも上向きで寝てもらって、先ほどと同じように顔をもう一度、触ってもらいました。(さらに確認するために)この時に院長がご自身の手の上から院長の手を重ねます。

 

これは、院長が手を重ねることで、変化がわかりやすくなるためにです。
ご自分だけでは、上手に触っても、わかっていない方もいます。

 

院長から触られて、わかったと言う方もいます。

 

それでは小顔矯正に入ります。

 

小顔矯正の施術自体は省略させてもらいます。

 

技術の秘密がありますので。

 

小顔矯正をする時には簡単な方法でしているようにしか思えませんので患者から『自分でもできますか?』と言われることがありますが、30年経験して修行を積めば可能化も知れません。

 

つまり簡単にしているように見えて大変、難しい技術です。

 

小顔矯正をしたあとは、もう一度、顔を触ってもらったり鏡で見てもらうことをしています。
つまりアフターとビフォアーですね。比べることを他人が測るのではなく、自分で確認してもらいます。

 

※ 小顔矯正を受けたあと注意なんですがダルクなる事があります。

 

一度目の小顔矯正は、ここまでです。

 

2回目の小顔矯正は

2回目の小顔矯正は、さらに変えることをしていきます。
2回目は体にも顔を小さくする時に関係する部分がありますから、小顔矯正と言っても体がズタボロではダメですし、体の影響と言うのは大きくありますから、関係する部分を整える必要があります。

 

一度で体が整えられることもありません。

 

 

そして最終的には体質改善の施術で今の体を少しずつ変えていく事です。

 

いくら整えて小顔になっても、整えただけでは、すぐに体の崩れが起きてしまいます。

 

そして本当に眠りができていないと、持続性はなく、また浮腫み、脂肪が増えてしまいます。

 

体質改善と言うのは体を変えることができる方法ですが、一度に変わるものではありません。
しかし、変わるのかと考えるよりも、変えられると言うんだから、変えるチャンスだと思います。

 

3回目の小顔矯正

普通は3回目の時くらいに体質改善の施術をすることができますが、以前、受けてから時間が経過している方はできません。

 

体質改善をする為には受け手側の体調が関係します。
期間を開けてしまうと、体質改善を受ける準備ができていたものが、落ちていきます。

 

受ける日にちを詰めて受けると、3回目以降の方は、体質改善ができる可能性がありますが、睡眠負債の方や風邪の発症は無くても、感染していればできないこともあります。

 

小顔矯正をする時に変化するのは顔だけではありません。
特に体質改善の施術の影響は全身に及びます。

page top