小顔矯正で小顔に

小顔矯正

当院の小顔矯正は初回から顔を小さくなるできることで評判なんですが、どうやって1回目から小顔にすることができるのか、と言う矯正法が問題です。
小顔矯正
多くの方が、そんな初回から顔が小さくなるなんてある訳がない、と思うでしょうが、当院では、それを実践していますから誇大広告ではありません。
小顔矯正をする前に
小顔矯正をする前に、自分で変化がわかるようにしています。
院内のスタッフが計測することもしていません。
受けに来た方が、自分で確認して小さくなったのが、わかるようにしています。
その方法ですが、

小顔矯正の直前に

小顔矯正をする直前に、まずは、顔を鏡で見てもらいます。鏡で見ると言っても、ただ鏡に顔を映せば良いと言う訳ではなく、何を見るのかと言うことを伝えないと覚えることができません。
そのため、見て比べることができるのは、左右差です。
鼻を中心として右側半分と左側半分の形と大きさを目で見てもらいます。
右側半分と左側半分を比べるときに、どちらが大きいか????
顔と言うのは、左右対称の方はいません。
全員の方が顔は左右が非対称です。
つまり左側と右側では大きさや形が違います。
小顔矯正は
これを目で見て覚えてもらいます。あとは顔の浮腫み度合も記憶してください。浮腫み度合はブヨブヨ感です。
目で見て顔のブヨブヨしている感じを覚えること。
そして小顔矯正をしたあとに、もう一度、鏡で顔を見て変化していれば変わったと言うことになります。

手で顔を触る

小顔矯正をする時には鏡で見たり、手で顔を触ることを説明します。
しかし、この方法は、難しく簡単ではありません。鏡で目で見るよりも難しく、変化してもわからないと言う方がいます。
しかし鏡で見ると変わったのが、わかると言う方もいます。
できたら鏡で見るよりも、手で触る方が、変わったのがわかる方が喜ばれます。
自分の顔を手で触っても、手を置いているだけでは、わかりません。
そこで必要なのは意識することです。
顔を手の平で触ります ⇒ 手の平が浮いていない方が良いので隙間が無いようにして触ります。⇒ そして左右差を感じようとします。
小顔矯正をしたあと、もう一度、同じように触ると小顔になっているのがわかります。
しかし1度で小顔になったからと言って、それで終わらないでください。
維持しやすくする方法や、さらに小顔に変えることもできるからです。

小顔矯正をする時に

小顔矯正をしていく時にはボキボキしたりする方法ではありません。当院の小顔矯正ほど痛くないし、体に優しい小顔矯正はないと思います。
顔を押さえつけるような小顔矯正でもありませんし、機械も使うこともしていませんので安心して受けてもらうことができます。
どうやって小顔矯正をしていくのかと言うと、一番、近いのがマッサージするみたいだと言えますが、顔を揉んだりマッサージしたりすることで顔を小さくすることができますが、マッサージをしている訳ではありません。

マッサージするみたいに

マッサージとは筋肉を対象にして揉んだり押したり刺激して脂肪や浮腫みを燃焼させたり水分を出す方法ですから、エステでは温めたり蒸気を当てたりしています。
エステの小顔矯正に対して、当院では院長が顔を揉んだりする方法で顔を小さくする特殊な技術があります。
院長が顔をマッサージするみたいにすると徐々に顔が小さくなりますが、院長の小顔矯正も、そんなに揉む時間が多くある訳ではありません。
実際にマッサージするだけで顔を小さくすることができれば、苦労しませんが、それで変わればエステでも、ず~とマッサージすれば良い訳ですから!!
院長の小顔矯正はマッサージするみたいと言っても筋肉を揉んだりするだけではなく流れやすいようにしているだけです。つまりマッサージすることで刺激して流れやすくしているだけです。

小顔矯正で顔を小さくするには

マッサージするみたいにして顔を小さくすることができるのは、浮腫みや脂肪から減らす事をしていきますが、脂肪や浮腫みが増えた原因が院長にはわかっているからです。
小顔矯正は
小顔矯正と言うと主には顔に増えた浮腫みや脂肪を減らす事をしていきます。
エステの小顔矯正は浮腫みや脂肪を減らす為には、温めたり発汗を上げるようにしたり刺激するマッサージをしています。
しかし当院の小顔矯正は違います。
当院の小顔矯正は浮腫みや脂肪がどうして増えたのか、そこに注目しています。

顔の浮腫みや脂肪が増えた原因

小顔矯正をする時に、なにを置いても、一番、深く関係があるのは日常で多くなるばかりのものです。
これは疲れです。
疲れが多くなることが原因で働きが悪くなります、もちろん代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。
そうすると朝から顔が浮腫んでいると言うことが起こります。
疲れの蓄積が多くなったものがストレスと言います。
だから顔の浮腫み、脂肪が増えていくわけです。そうすると顔が徐々に大きくなっていきます。
今まで30年間以上、小顔矯正をしてきましたが、一人として顔の大きさが正常な方はいませんでした。
日常で日に日に疲れがたまっていきますが、何かをして生み出されてたまった疲れが完全になくなることはありません。
疲れやストレスが残っていても、多くならなければ何も感じません。
しかし、疲れやストレスが多くなればなるほど、増えるのは浮腫みや脂肪だけではありません。
疲れやストレスがたまってくると骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが必ず、起こりますが、歪みやズレからの直接的な症状は現れません。
30年間、小顔矯正をしてきましたが、全員の方が疲れやストレスを多くため込んで顔や体に浮腫みや脂肪を多くしていましたが、院長の私が、『体調はどうですか??』とか、『調子は悪くないですか??』と聞くと、全員の方が『調子は良いです!』とか、『体調は悪くありません!』と言います。
それで検査して調べてみると、全員の方が骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが大きくあり、浮腫みや脂肪を増やしていました。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をしていくときに、小さくすれば良いと思うでしょうが、そうではありません。
小顔矯正の専門家の先生も、理解していませんので小さくすれば良いとだけ、または小顔にするために脂肪や浮腫みを減らせば良いと思っています。
体の状態を確認することもなく、です。
小顔矯正をしていく時に、深く関係するのが疲れやストレスなんです。
しかし疲れやストレスを検査する方法はありませんし機械でも検査はできません。
疲れやストレスの蓄積は自分で感じることができるものなんですが、疲れやストレスの蓄積は、一時的にしか感じません。
つまり、何かをして『疲れた~~』と思っても、いつの間にか、感じなくなります。
これが、『良くなった』とか、『回復した』と思うわせる理由になります。
しかし現実に残ったままになっています。
1回目と2回目の小顔矯正では、小顔にしていくと言うよりも、顔に疲れやストレスがたまったのを減らしていくことで小顔になっていきます。
30年の小顔矯正の経験があるから、電気や機械も使わずに、手の技術だけで顔を小さくすることをしています。
小顔矯正をする時には、気が付いている先生やできない先生も多くいるため、顔を無理やり押さえつけたり、エステのように発汗させる小顔矯正が多くあります。
エステの小顔矯正は、顔をマッサージしたり、発汗させるクリームを塗ったり、温めたタオルを巻いたり、蒸気がでる機械を当てて発汗を促したりすることをしています。
顔を汗を出すことで脂肪や浮腫みを減らす方法だと思います。
エステの小顔矯正とは、当院の小顔矯正は違います。

小顔矯正の方法は

小顔矯正をしていく時には初回から顔を小さくしていく事をしていますが、単純に顔を揉んだりすることや顔をマッサージみたいにすることはしていますが、マッサージではありません。
小顔矯正をする時に、一番、大切なことは体調です。
今まで多くの方の顔を小顔矯正で小さくすることをしてきましたが、一人として体調が良いと言う方はいませんでした。
これが、どう言うことなのか??
小顔矯正を希望する方に『体調はどうですか』と聞くと全員の方が、『体調は良いです』とか『調子は悪くありません』と言います。
しかし、体の状態を調べてみると、顔だけではなく全身に浮腫みが多く、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレがあります。場合によっては椎間板ヘルニアがある方もいます。
しかし、これでも「体調は良い』本人は言います。
普通は何かの症状を感じているような状況でも、何も症状はないと言う??
それで研究してみました。研究すること数年が立って。
そうするとあることがわかりました。
それが、疲れの蓄積です。

 

日常で多く生み出されてしまう疲れですが、疲れも無限大まで限界なくため込んでしまうことができます。
しかし、疲れは、何かをした時に感じて『疲れた~』と思っても、いつの間にかなくなっていく。
しかし無くなった訳ではなく、感じなくなっているだけです。
感じていない疲れは、症状を起こさなくても蓄積してしまう。
一度、生じてしまった疲れは完全に無くならないで、多くは残ってストレスに変換されて行きます。
これが体にたまっていくと、代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。
しかし、それだけではありません。
骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレも起こります。
リンパだけではなく歪みやズレだけではなくありとあらゆることが悪くなります。
その結果、浮腫みが増えたり脂肪が増えていきます。
つまり浮腫みや脂肪が増えたり、太るのは運動不足だけでもないし、炭水化物、糖分、脂分の摂取だけではありません。
その状態が顔にでるか、体に出ているのか、または両方に出ているのかの違いです。
どんなに発汗させてもマッサージして疲れが減る事はありません。マッサージすれば良いと言うわけではないからです。
マッサージと言うのは気持ち良さはありますが、刺激にしかなりません。刺激を加えれば加えるほど、疲れが生み出されて体調は落ちていきます。
疲れの蓄積で浮腫みや脂肪が増えているのにです!!

 

 

今日は小顔矯正を希望されているので顔を小さくすることをして行きますが, 今日、減らせるものは、浮腫みや脂肪からなんですが、浮腫みや脂肪を増やしてしまった原因もありますので、できたら次回は体を整えていくことをしないと、持続性も安定することができないので体を小顔矯正をする時には重要な要素になります 。

 

小顔矯正といっても体の状態も、かなり関係しますので、体の状態が崩れていたりすると、骨盤の歪みや骨盤の開き、さらに背骨のズレが起きていることもあり、ホルモンの問題や代謝も悪くなっているということも考えられますので、体を整えていかなければいけないんですが、初回から色々やってしまうとダルクなったり、キツクなったりすることが起きてしまいますので、反応的には悪い反応に感じてしまいますので注意してください。

 

小顔矯正を希望されて院長から『体調は、どうですか?』とか、『調子は悪くないですか?』と聞かれると多くの方は「体調はいいです!」とか、「調子は悪くありません!」と簡単に答えていますが、検査してみると体調が凄く良くなかったり、調子を落としていたりということがあるんです。

 

痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りません。

 

そのため大きく変化した方ほど体調が良くないこともあり、変化に体がついていかないとダルクなったり、キツクなったりということが起きてしまいます。

 

当院ではエステのようにクリームを塗ったり発汗させて汗をかいたりする小顔矯正でもありませんし、顔をマッサージして刺激して肌を引き締めるような小顔矯正ではありませんので、変化させることをしています。

 

変化させるためには体調や体力が必要なんですが多くの方は初回では小顔に変えるだけの体調や体力を持ち合わせていません。そのため、もしかしたらダルクなったり、キツクなることがあります。

 

また 小顔矯正をしたあと眠くなって、うたた寝をして風邪の初期になってしまい、気が付かないで風邪と思わない症状があり、ダルさやキツさや熱っぽさを感じてしまう方がいますが、これは自己責任です。

page top