小顔矯正

小顔矯正

当院では人気のある小顔矯正をしていますが初回から顔が小さくなるので評判の良い小顔矯正ですが当院の小顔矯正はボキボキすることもなく痛いこともなく顔を小さくすることができます。
小顔矯正をしていく時には顔を無理やり押さえつけたりすることもしていませんので安心で年齢に関係なく受けてもらうことができると思います。
小顔矯正をして行く時にはどうやって顔を小さくしていくのか本当に小さくすることができるのかそして小さくなったら小さくなったで維持すること屋持続力はあるのかということが一番、質問を受けますので説明をしていきたいと思います。

小顔矯正とは

①簡単に説明すると本当に顔が小さくなっていきます。
②顔が小さくなっても維持することや持続力というのはご自分の体の状態を検査することでわかります。

 

当院では小顔矯正をしていくときには必ず小顔矯正を受けに来た方、自分で判断ができるようにしていますが小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができます。
しかし比べてもらうためには簡単なんですが簡単なようで大変難しい触り方をしてもらっています。
小顔矯正をするときの触り方というのは手首を合わせるようにして併せて手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。
触り方はこれでいいんですが触っただけでは分かりませんし顔に手を当てただけではわかりません。
手を当てたら感じようとしなければわかりませんので二段階で感じてもらうことをしています。
まずは顔に手を当てるよりも自分の顔を鏡で見てください。

顔の左右差

顔の形というのは誰でも同じではありませんので左右で違いがあります。
顔の左右が全く同じという方はいませんので鏡で見て比べてみてください。
鏡で比べる小顔矯正
いつも鏡で見慣れている顔だと思いますが結構しっかり見てみると左右で違うのが分かります。
例で言うと右側が大きくを輪郭が張っているのに左側は一部分だけが大きいとかいう感じです。
これを目で見て記憶してください。

目で見るよりも

目で見ることは簡単なんですが手で感じようとすると言うのは簡単なことではありませんので簡単に何も考えずに触ってしまったかたほど小さくなっても分かりません。
小顔矯正をして行く時には顔が10 CM 20 CM を30 CM も顔が小さくなることはありません。
小顔矯正をして小さくなる顔というのは1 CM だったり2 CM だったりという感じなんですが物差しで測ると分かりますが一cm 変わっても結構変わっているんです。
ですから顔が一cm 変わってもわかるように記憶して触ってください。
鏡で見たら自分の顔の輪郭がわかったら今度は目を閉じて手だけで触ってもらいます。
先ほども説明しましたが両方の手首を合わせるようにして手のひらと指を顔に密着させるだけです。
この時に鏡で見た 輪郭と同じように感じますか。

輪郭を確認

多くの方が違うように感じてしまいます。
それほど、手というのは当てただけではわからないんです。
しかし体だけで顔が小さくなったのが小顔矯正をした後に分かれば笑顔が違いますので笑顔の違いを求めて左右さを感じるとしてください。
手首を合わせて顔に当てて指と手のひらを顔に密着させて左右さを感じようとします。
参考にしてもらいたいために鏡で見た顔の輪郭を思い出してください。
同じように感じれば OK だと思います。

小顔矯正は

小顔矯正をしていくときに本当に顔が小さくなるから自分でわかってもらうように顔を触る練習をしますのでまずは一番目は鏡で見て顔の輪郭を覚えてもらいそして目で見ることなく、手だけで顔の輪郭を覚えてもらいます。
本当に顔が小さくなるからしてもらうことなんですが一回で全て顔が変わることがありませんので色々しなければいけないところがまだまだ他にもいっぱいあります。
小顔矯正
特に小顔矯正をしていく時には体の状態も検査しなければいけませんので多くの方がいいんちょうから体調をはどうですかとか調子は悪くないですかとか聞かれると同じような答えを返してきます。

体調と小顔矯正

同じような答えというのは体調はいいですとか調子は悪くありませんという感じなんですが検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくある方や背骨がずれてガタガタ状態になっている方が多くいます。
これらの現象は体に溜まった疲れやストレスの状態で体調を落としていることが現れています。
自分でも気が付かないうちに疲れやストレスは多く溜まっていきます。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することでも多くの疲れやストレスは溜まるばかりです。
疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレス

運動、生活で体を動かさなくてもじっとしているだけでも疲れやストレスは多く溜まっていきます。
何もしなくても疲れやストレスは溜まるばかりですし何かをしたら余計に疲れやストレスは溜まっていきます。
ストレス社会というのは何 もしなくても、たまっていくし何もしなくても溜まっていきます。
疲れやストレスというのは体に溜まっていくものなんですが体のどこに溜まるのかという事が問題になります。
疲れやストレスが溜まるところというのは体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみたら水分が65 kg も出てきます。
水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったりという感じです。

疲れやストレスがたまる所

水に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので、あと残った35 kg の中に疲れやストレスが溜まるところがあります。
35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。
この中で疲れやすですがたまりやすいところというのは内臓と筋肉ということになりますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではなく内臓=病気というのはやめてください。
内臓にも毎日毎日の疲れやストレスが溜まることが多くあります。
もちろん疲れやストレスは筋肉にもたまります。
しかし筋肉よりも何十倍も多くの疲れやストレスを溜めてしまうのが内臓です。
内臓疲労と小顔矯正

内臓疲労

内臓と言うと中枢神経系もう内臓の一部ですから小顔矯正をしていくときに一番関係する中枢神経系が顔の近くにあります。
顔というのは体からも影響がありますし顔面骨の近くにある大脳からも影響を受けています。
小顔矯正をしていく時には一番の天敵になるものは疲れやストレスと睡眠負債です。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで疲れやストレスは溜まるばかりです。
そして最近は多くの方が睡眠負債状態に気がついていないぐらいになっています。
睡眠負債というのは寝ているようで眠れていないということなんですが不眠症という言葉がありますが不眠症ということは寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めてしまう方が不眠症です。
もちろん不眠症の方も多くいますが睡眠負債というのは違います。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思い込んでいる方です。
本当に言えば良い睡眠をしている状態なんですが実は睡眠というのは大脳が休養とって熟睡をしていることがあることです。
ただスースー寝息を立てていればいいというわけではなく見た目で見て目をつぶってグーグー眠っていれば寝ているということではありません。
熟睡している時間というのは数分の時間だということですから。
数分の時間があるのかないのかということで大脳が休養とっているか取っていないかということがわかります。
大脳が休養とって寝ている睡眠をしている方は目が覚めた瞬間に満足感と言うか眠れたなという実感があります。
睡眠負債状態の方はパッと目が覚めたら、パッと動けますしあくびが出ることはあまりありません。
寝ようとするときもあくびが出ていなくて時間だから寝るという方が多くいますので大脳が働いている時間が重なっている場合があります。
あくびというのは大脳が疲れたから眠りたいということであくびが出ます。
しかし寝ようとする時間にあくびが出ないということは眠れるわけはありません。
体は疲れやストレスが多く溜まっていますので眠ることはできますが大脳が眠ることはできていません。

page top