北九州市で小顔矯正で顔が小さくなる

小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしています。
当院で行っている小顔矯正はボキボキもすることもしないし痛くもない小顔矯正をしています。
小顔矯正をして行く時には小顔矯正を受けに来た方全員に対して小顔矯正をする前に自分の顔を触って覚えてもらうことをして小顔矯正に入っていくことを基本的にしていますので自分で顔が小さくなったのが分かるようにしています。
顔が小さくなったのが分かるためにも小顔矯正に入る前に自分の顔を触って覚えてもらうことをしていますが簡単なようで難しい触り方です。
小顔矯正

顔が小さくなったのがわかるように

簡単だと思って触ってしまった方ほど顔が小さくなってもわからないということが多くありますので鏡で見て触るようにも手で触るということは大変難しいことなんです。
小顔矯正に入る前に鏡で見て自分の顔の形や大きさを覚えてもらうことをしています。
何を鏡で見て覚えるのかと言うと顔の左右差なんですが必ず誰でも顔に左右の違いが存在しています。
例えばですけど顔の右側が大きくて左側の一部が大きいとかいう感じで違いが必ず存在していますのでその違いを目で見て覚えてもらうことをしています。
鏡で見て顔の形を覚えたら今度は目を閉じて手首を合わせるようにして触り顎の部分に当て両方の手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。
単純にこれだけなんですが顔に手を置いただけではわかりません。

顔を触っているだけでは大きさを判断することはできません

小顔矯正をして行く時に時々わからないという方がいますがわからないという方は誰だ手を当てているだけで感じようとしていません。
顔を鏡に映して左右さがわかったのに今度は両手で触ってみると違うように感じてしまう方が多くいます。
先ほどは鏡で見て右側が大きいと思ったのに手を顔に当ててみたら左側が大きいと感じることもあります。
それほど手というのは難しいことなんですが難しいと思っていなくて簡単になんでもできると思ったほど簡単に手を当ててしまいますので感じようとすることができないで左右さを間違った状態で覚えてしまいます。
当院では小顔矯正をする前に2度ほど練習をしますがなぜ2度ほど練習するのかということを考えなければいけませんので、それほど簡単なようで難しいということなんです。

顔を触るとは

簡単に触ってしまったかたほど分からないということもありますので簡単に触ることなく難しい触り方ですから一生懸命、触って覚えてください。
小顔矯正
小顔矯正をするときにはまず院長から顔の触り方を教えますので教わった通りに鏡で見て左右さを確認してみてください。
鏡で見て左右差がわかったら今度は目を閉じて両方の手首を顎の部分で合わせるようにして触って手のひらと指を顔に密着させるようにして触ってください。
鏡で見るだけでも大きさは判断できるかも分かりませんが手で触った方がしっかりとわかるために小さくなったのがわかれば笑顔が違うからです。
どうしてここまでしつこく触り方を言うのかと言うと本当に顔が小さくなるからです。
しかし多くの方が顔が小さくなったら小さくなったで維持することができるのか持続力があるのかということを聞かれますのでそれに対してはご自分の状態が大きく関係しています。

顔は体の状態が左右する

維持することや持続力というのは小顔矯正の技術やテクニックなどではなくご自分の体の状態が深く関係していますので顔が小さくなったのを維持することをするのは自分の体です。
どんなに上手い小顔矯正をする先生でも維持することができるかできないかということは小顔矯正をした時のテクニックや技術力ではありません。
というのも最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますが院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が同じ答えを返してきます。
全員の方が返す答えというのは体調はいいですとか調子は悪くありませんとか簡単に答えていますが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれてガタガタ状態になっています。
これらの現象は体調の悪さを示していますので全員の方が該当しています。

体調と小顔矯正

もし聞いたのに言わない方もいますので、それを感じていないのであれば大変な事が起こっています。
普通は骨盤の歪み屋骨盤の開きや背骨はずれてガタガタ状態になっていると痛みやこりあーだるいとか疲れやすいとか色々な症状が起きていなければいけません。
しかしそれらを感じていないという方でしたら大脳が麻痺してしまっている方が感じることができません。
最近は多くの方が検査をすることで分かりますが奈落の底のような体調をしていたりどん底のような体調をしている方が多くいますが、これらの現象も睡眠負債状態から起きています。
睡眠負債というのは寝ているようで眠れていないことです。
不眠症という言葉がありますが不眠症は夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりすることは不眠症という状態です。

睡眠負債と小顔矯正

しかし不眠症とは違って睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるのが特徴なんです。
夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴です。
何が睡眠負債状態なのかと言うと寝ては眠れるんですが眠りが浅いということです。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますので何の夢を見ていたのかということやなんかわからないけど夢を見ていたという記憶が残ります。
しかし睡眠負債状態というのはどういう現象なのかと言うと夢を視ることもありますが寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっているんです。
寝ながら考え事をしている時間というのは大変最悪な睡眠のひとつですから大脳が急激に弱っていきますので大脳が弱ることが原因で脳内麻薬のようなホルモンがいっぱい出てしまいますので痛みやこりと自分の体調がわからなくなっていきます。
もし小顔矯正を希望されている方が睡眠負債状態になっていると体はガタガタ状態になっていて体調はどん底のような体調を示しています。

体の状態と小顔矯正

一番厄介なのは体調が奈落の底のような体調をしていたりどん底のような体調をしていることさえわからないということなんです。
分からなければ体調は自分でもいいと思うでしょうしそんなに悪くないと思う方も多くいますので検査をしてみるとしっかりと骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあるということがありますし背骨がずれて椎間板ヘルニアがいくつもあるという方がいます。
普通は骨盤の歪みは骨盤の開きがあったりすると生理痛は生理不順 便秘になったり膀胱炎を繰り返したりということも起こりやすく恥骨の部分が歪みを起こすと婦人科系の問題を起こしていくことも進行していきます。
骨盤の中に入っている内臓がすべての関係を持っていますので骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすると骨盤の中に入っている内臓と言うと大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣ということになりますので正常に働くことはありません。
疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっていきますので日常的に生活したり運動したり仕事をしたりすることでも多くの疲れやストレスが多くなっていきますからこれらはすべて体の中に溜まっていきます。

疲れやストレスの蓄積

睡眠負債状態と重なった状態で重複状態になりますので小顔矯正をして行く時には体も深く関係を持っていますので体の歪みが起きていたり背骨がずれたりしていると維持する力屋持続力なんかは最低限の状態でしかないと思います。
特に脂肪が多くなったりむくみが多くなったりするのは体調の状態から起きていますので体に多くの疲れやストレスが溜まっていくことが原因で体は歪んだりずれたりしてむくみや脂肪が多くなっていきます。
小顔矯正をしていくときには一番の敵になるのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態だと言えます。
体を整えていくことをしないと顔だけ小さくしても維持することや持続力はなくすぐむくみやすく脂肪が多くなっていきます。
浮腫み、脂肪をいくら減らしても体から整えていくことをしないと効果も半減どころではありません。
疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることやいろいろな物事で多くなってしまいますのでよく何もしないけどという風に言うか違いますがよくわかっていないんじゃないかと思っています。
何もしないで生活できることはないし生きていくことはできませんから色々なプレッシャーや緊張などを加えられることもありますのでプレッシャーや緊張も疲れやストレスになり変わります。

睡眠負債

睡眠負債状態で眠りが浅いのに日常的に生活をすることでもすごいストレスだと思います。
特に朝から顔がむくんでいると思う方は眠れていない子疲れやストレスは取れていないと思います。
疲れやストレスというのは寝ている時だけ減っていきます。
つまり眠りが浅いという方は疲れやストレスが減ることはないということです。
疲れやストレスの蓄積というのは単純に積み重なっていくだけではなく細胞の変化を急速に起こしていきますので細胞の変化を急速に起こすことが原因で老化が急速に進行していきます。
例えばですけど筋肉が老化すると筋肉は徐々に硬くなっていきます。
顔の筋肉も硬くなったりすることもありますので顔の筋肉が硬くなっていくとむくみやすく脂肪が多くなっていきます。
小顔矯正をしていく時には体調からあげて整えていくことをしなければ効果は半減しますが初回から色々やってしまうと眠れていない方や睡眠負債状態が多くある方ほど小顔矯正を受けたあと、顔しか触っていなくてもだるくなることがあります。

顔が小さくなったのに変化について行く体調や体力が無い方ほどだるくなります。

つまりそれだけ効果があるということです。
小顔矯正をして行く時には初回は顔だけ触って顔を小さくしていくことに専念をしていきますが2回目も顔だけ触る場合と体から整えていき安定状態を保つ場合があります。
小顔矯正
人それぞれでやり方は違いますので顔だけ触って小さくなる段階であれば顔を小さくすることをしていきますが単純に限界はありますので限界の突破するためには体から整えていくことも必要ですし体質改善で変わらないものを変えて行く必要も可能性としてはあります。
体質改善というのは体と中から変えていくことをしていますので細胞レベルで言うと弱くなったり悪くなったものを変えて行くことができるのが

体質改善という治療ですが体質改善の治療は初回からできるものではありません。

小顔矯正をして行く時には体を整えるというよりもはじめは体を整えていくことをして行くよりも顔を整えていくことをしていきますが 顔が整ってくると限界がありますので体を整えていかなければ顔を小さくすることはできません。
小顔矯正をして顔を小さくするということは顔だけではないということを理解してください。
顔だけをいくら小さくしても維持することがなかったりしたら持続力がなければ意味はありませんし顔だけ小さくなっても睡眠負債状態で頭が大きく左状態になってしまうと頭でっかちになり宇宙人みたいになります。

page top