小顔矯正で顔を小さくする

当院では人気のある初回から顔が小さくなることで評判の小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていくときには1番関係するものから減らすことをしています。
小顔矯正をしていくときに1番関係するものと言うのは疲れやストレスと眠りの浅さに関係しています。
小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには小顔矯正に入る前にまずは自分の顔を目で見て覚えてもらうことをしていますので鏡で見て顔の大きさや左右差を比べてもらうことをしています。
顔と言うのは左右が同じ方はいませんので左右に違いがあると言う事ですから端を中心として右側と左側の形が全然違います。
これは全員の方に言えることですから端を境目にして右側と左側を目で見て比べてみてください。
多くの方の場合左右が違って全体に大きい側と反対側が1部分だけ出っ張っていると言う感じで起きていると思います。
鏡で見て自分の顔の左右差や大きさを覚えたら今度は手で触ることです。
顔を鏡で確認

顔を手で触る

顔を手で触ると言う事は大変難しいことですから簡単だと思って手を置いただけになっていないか確認してみてください。
顔の触り方なんですが手首を合わせるようにして顎に当てて手のひらと指を顔に密着させるようにしておいているだけなんですがしかし置いただけではわかりませんので左右差を感じようとしてください。
また左右差だけではなく右側の浮腫の度合いつまり柔らかさと左側のむくみの度合いの柔らかさを比べてみてください。
顔の大きさだけではなく比べるのはむくみの度合いも右側と左側は違うと思いますのでその違いがしっかりとわかる位に手で触って覚えてもらうことをしています。
小顔矯正をするときには

小顔矯正とは顔を小さくすること

小顔矯正と言うのは顔を小さくしていくことなんですが顔と言うのは解剖学的ではありませんので頭蓋骨の1部が顔と言う意味になりますので頭蓋骨矯正と言う意味ではありませんが頭蓋骨の前側の部分を小さくしていくことが小顔矯正です。
頭蓋骨の前側の部分を小さくしないとつまり骨を小さくしていかないと顔が小さくなる事はありませんので顔と言うのは何があるのかどう説明すると皮膚と光脂肪と筋肉と脂肪と浮腫と骨しか存在していません。
この中で減らすことができるのは筋肉や靭帯は無理ですから脂肪やむくみになりますが脂肪やむくみも大量にあるかと思いますが少ないかと思いますので少ない場合はどこを減らせばいいのかということがあります。
顔の浮腫み、脂肪を減らすと

脂肪やむくみだけではない

減らすことができるのは脂肪やむくみだけではなく骨を削ったりすることもなく骨を小さくすることができます。
骨を小さくすることができるのは手術でもなければ無理ですから本当の意味で説明すると骨が大きくなって肥大しているんです。
当院では検査することができますので骨が肥大していると言うことが全員の方に起きているということがわかっていますので骨が肥大している方を減らすことをすれば顔が小さくなっていくと言う小顔矯正なんです。
骨と言うのは検査しないとわからないことなんですが疲れやストレスを溜めてしまうと骨が徐々に太く幅を広げてしまいますから幅を広げてしまうことが原因で循環が悪くなりリンパの働きも悪くなりむくみや脂肪が多くなっていきます。
今まで多くの方の顔を小さくすることを指摘ましたが全員と言っていいほど顔が大きく肥大して太くなっていますので正常に戻すことができれば顔が小さくなっていきますので顔が小さくなっていくのは、特に顎の部分が細く引き締まっていきます。
顎の部分が細く引き締まっていくと、言う事は顎の部分は全員の方が太く横に張っているということがいえます。
顔を小さくすることは

顔と顎の部分

今まで全員の方の顎の部分を細く引き締めていく事をしていきましたので骨を小さくすることができれば顎の部分と言うのは特にシャープにすっきり引き締まっていくと言うことで、顔全体のイメージが変わってきます。
本当にそういうことができるのかと疑われることもありますが実際に毎日小顔矯正を希望されて訪れた方に対して全員に対して、その矯正をしていますし、実際に顔が小さくなっているのが全員の方が実感しています。
小顔矯正で顔を変える