生理痛とは

生理痛がある時にはどうして生理痛が起きているのかということを考えなければいけませんので生理痛でどういう症状が起きるかというはなくどうして生理痛が起きるのかということを考えるようにしてください。

生理痛とは

生理だから生理痛が起きるのは当たり前だと生理があった時から感じていると思いますがそれは違うんです。
生理痛が起きる時にはか腹部が痛かったり重たくなったり腰痛がおきたり吐き気がしたり頭痛がしたり肩こりが起きたり色々な症状が起きたりしますがだるくなる方も多くいますのでそういうのを改善していくためにはどうして起きるてしまうのかということを考えなければいけませんので単純に薬を飲んだりすることで、抑えたりすることは構いませんが原因があるということを考えなければいけません。

薬ばかり飲んでいないで

生理痛がある方の多くは痛み止めの薬を飲んでしばらくすると治る場合がありますので薬ばかり飲んでその時を通過しているということがありますので原因を見つけ出さなければいくら その時を抑えてもまた繰り返してしまいます。
生理痛がある時には体調の検査をすることをしなければいけませんので体調がどういう状態になっているのかということが基本になりますので体調が落ちていれば落ちている時ほど生理になってしまうと生理痛がひどくなるということがあります。
しかし一番、関係してしまうのは 体調と体質が深く関係していますので体調や体質を改善していかなければいけませんが、何よりも、まずは体を整えていく体調からあげていくことが必要になります。
疲れやストレスが多くたまったりすることが毎日毎日の生活や運動することで仕事をすることや寝つきが悪いことや夜中に何回も目を覚ましてしまう不眠症などと目が覚めないけど眠りが浅い睡眠負債という状態で多くなっていきます。
生理痛と背骨のズレ

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスが溜まっていない方はいませんが 多くの女性の方の場合弱い部分が深く関係してしまいますので弱い部分には疲れやストレスがたまりやすくなっています。
疲れやストレスというのは人の体の弱い部分に溜まっていく傾向がありますので人の体には、弱い部分とそうでもない部分が存在しています。
人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在していますので、弱い部分は疲れやストレスをためやすくなり何かの症状を起こしていきます。

疲れやストレスと体質

例えばですけど、疲れやストレスが多く溜まってしまうと、どこにたまるのかという問題があるんですが、溜まるところに置いて骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていきますので、骨盤の開きや骨盤の歪みがあるからと言って 矯正すればいいというわけではなく、どこから歪みやズレが起きているのかまたは骨盤の開きが起きているのかということを考えなければいけないということです。
生理痛と背骨のズレ

骨盤の歪み・骨盤の開き

姿勢が悪かったり猫背になることで骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることはありませんので 、逆に疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながらある部分に多く蓄積していきますので、ある部分が弱い部分であれば最大限、溜まっていくということがあり限界なく蓄積していきます。
体には疲れやストレスがたまるところというのがあるんですがたまるところは弱い部分だと説明したように弱い部分というのは、例えば体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 中、65 kg が水分になりますので水分が何か起こすということはないと思いますので、残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところが存在しています。
35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪と脂肪と骨と内臓しか存在しません。