生理痛を解消するには

生理の時に生理痛がある方は薬ばかり飲んでいることが多いようですが薬を飲むことのもちろん一時的な痛み止めや症状などを抑えることになりますのでいいと思いますが、根本的な改善を目指すためには薬ばかり飲んでいないで原因から探し出すことが一番大切だと思いますので生理痛は体調と体質が深く関係して起きています。
生理痛とは

生理痛とは

生理痛が起きている方は生理痛になりやすい体質との 関係が深くありますので、体質改善をしていかなければいけませんが、体質改善の治療に進む前にまずは体調から整えていくことつまり体を整えていくことが、重要になりますので体を整えていくことをしていくためにも検査することをしています。
普通の場合体質改善が息できる方はいませんのでその体質改善が出来る前に、体を整えていくことをや体調を上げていくことや疲れやストレスの蓄積から起きた骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを改善することからしていきます。

 

生理痛は体調と体質から

生理に関係する大志的な弱さがある方が体調落としていたり疲れやストレスを溜めていたりすることや最近多くの方が不眠症や睡眠負債状態になっている場合がありますので睡眠負債や不眠症があると 大脳が急激に弱っていきホルモンの親分である脳下垂体ホルモンの分泌がバランスを崩してしまっているという場合もあります。
体の中のホルモンの中枢中の中枢が脳下垂体ホルモンになりますので脳下垂体ホルモンの分泌が 低下していると色々な症状になったりすることもありますので、大脳が弱っているために起きている現象なのかもわからないということですから検査することで見つけ出すことをしています。
不眠症というのは夜、寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが 不眠症の一つですから夜、寝ようとする時に、何回も夜中に目を覚ましたりすることが起きたりすることも不眠症の特徴ですし、夢ばかり見て寝た気がしないというのも不眠症の特徴になります。
生理痛と背骨のズレと眠り

眠りにも関係する

不眠症とは違って睡眠負債というのは夜寝ようとすると 朝まで目が覚める事がないのが睡眠負債の特徴なんですが不眠症というのは、分かりやすいと思いますが睡眠負債の場合多くの方が気がついていない場合が多くあリます。
睡眠負債というのは夜、寝ようとすると少しだけ眠れて、あとは寝ながら考え事をしてる時間になってしまい目が覚める瞬間に、夢を見ているから寝ていると思っている方が多くいますので寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に、あっても忘れてしまっています。
頭を触ることで分かるんですが、触っても検査してるも同じことが言えますが滞納が弱ってる方が異常に多くいますので脳が弱っていると、回復する力もないし 骨盤の歪みや骨盤の開きを整えても、背骨のズレを矯正してもすぐにまた曲がってしまいます。
生理痛と背骨のズレ

脳の力と生理痛

多くの方が不眠症や睡眠負債を抱えていますので、不眠症や睡眠負債というのは生理痛に深く関係してしまいますので、体を整えていくことや眠りを深くすることは、簡単な方法ではありませんが整えていくだけでも生理痛が楽になるということで多くの沙汰が喜ばれていますがそれだけではなく体質改善の施術をしていかなければ維持することはできません。
熟睡ができることが眠りと言いますので単純にスースー寝息を立てていれば寝ているかと言うとそういうわけではありませんので脳の中のことを考えなければいけないということなんです。
大脳が熟睡ができていなければ寝ているわけではありませんが、 たった9分の時間の可能性もあります。
ホルモンの分泌や子宮や卵巣の生理に関係する部分の状態を確認しなければいけませんので骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すればいいというわけではありません。
生理痛と眠り