生理痛を解消する

生理痛を改善していくためには生理になると生理痛は当たり前だと考えないでまた薬ばかり飲んで一時的に抑えることばかりしていないで原因を見つけ出すことをしていきませんか。
生理痛と言うのはしっかりとした原因がありますので原因から見つけ出すことをしていくためにもまずは体を整えていくことが1番、重要になります
生理痛

生理痛とは

生理痛と言うのは多くの方がどうして起きるのかということを考えもせずに薬を飲んでいる場合がありますので薬と言うのは一時的に症状を緩和するためだけに用いるべきであり原因を見つけ出すこともなく、薬ばかり服用するというのは意味からして違いますのでしっかりとした原因を改善していくことをしていきたいと思っています。
病院に行っても生理痛と言うのは病気のような状態でもあって病気ではありませんので薬ばかり飲んだりホルモンのバランスが悪いとか言う状態だとしか言っていませんのでしっかりと原因が残ったままになっていると言うことも考えなければいけませんが生理痛と言うのは体調と体質から起きています。
生理痛と

生理痛を起こすのは体調と体質

生理痛を起こすのは体調と体質が深く関係していますが根底にあるのは体調ではなく体質レベルのものが深く関係していて体質的な弱さがある方が体調を落としたときにひどく生理痛を起こしています。
何も原因がなくて生理痛は起きる事はありませんのでいろいろな症状が起きていても全て統合的に体調と体質が関係していると言うことです

体質的な弱さ

体質的な弱さがある方が生理痛を起こしていますので体質と言うのはどこの部分なのかと言うと生理ですから整理に関係する部分が弱い方が体調を落としたときに強く生理痛を起こしていますので根底にあるのは原因が大切だということです。
もし体質的な弱さがない方がいくら生理になっても生理痛は起きたりする事はありません。
体質的な弱さと言うのは生理ですから卵巣と子宮の弱さになりますので卵巣と子宮が弱い方が骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしたり背骨のズレを起こしていくことで余計に下腹部の重たさやハリやコシや吐き気などを起こしていると言うことがあります。
生理痛と体質改善

体調と生理痛

生理があるときに体調を落としていると生理痛をひどく感じてしまいますので体調が良いときには軽かったり体調が落ちたときには生理痛がひどくなると言うことでいろいろな症状になっていきます。
生理痛と言うのはいつもいつもひどい方はいるでしょうけど多くの方は変化していると思いますので軽い時もあればひどい時もあると言う状態は、疲れやストレスの蓄積と関係がありますし眠りにも関係している場合があります。
生理痛と歪みやズレ

眠りと生理痛

最近は多くの方が寝ているようで眠れていないことが、多くあり大脳が急激に弱っていき大脳からすべてのものが支配されていますので自律神経の働きとホルモンのバランスが極端に悪くなっている方が多くいます。

不眠症と生理痛

不眠症と言うのは多くの場合気がついていることがありますが、不眠症だと言われない限りはわかっていない方が多くいますので不眠症と言うのは、夜寝ようとするときに1時間も2時間も眠れなかったり、夜中に何回も目を覚ますことがあったり夢ばかり見て寝た気がしないと言う状態が不眠症です。
多くの場合不眠症と言うのは目が覚めてしまうことだと考えてください。
生理痛と睡眠負債と不眠症

睡眠負債と生理痛

最近は多くの方が目が覚めないけど朝まで寝ていると勘違いしている方が多くなっているのがすごく睡眠負債なんですが睡眠負債と言うのは目が覚めることがないために朝まで寝ていると思っているでしょうがデブリが1番浅いのが睡眠負債の特徴でありますので、寝ながら考え事をしていて目が覚める瞬間に夢を見ていることが1番の原因になっています。
夜寝ようとしてすぐ眠れてすぐに寝ながら考え事をして睡眠になってしまい目が覚める瞬間に夢を見ると言うことで大道が休養とって熟睡状態ができなくなっているんですが気がついていない場合が多くありますので、このな状態になっていると大道はすごく弱っていて衰弱状態まで落ちているのに痛みやコリを感じにくくなる麻痺状態になってしまっていますので自分の体調わからなくなっています。
生理痛と睡眠負債
北九州市小倉南区で生理痛を改善して30年の経験があります。