肩こりを解消して直すなら

肩こりを楽にしていくためにはいろいろな方法があると思いますが根本的なものを改善していく方法と対症療法をしていく治療法が存在します。
対症療法と言う治療法が多く肩こりの解消法に用いられているんですが対症療法と言う方法はコリを感じているところに対して何かをすると言う治療法のことをいいます。
肩こりとは

対症療法と言うのは

対症療法と言う治療法は湿布を貼ったりすることでも肩こりを楽にすることができますし家族の方に肩を叩いてもらったり揉んでもらったりすることでも楽になることもあるでしょうし針を打ったりすることでも、楽に感じてしまいますし私がどうしても楽になることもあるでしょうけど、また低周波治療器や電気などをすることも楽になる1つだと思いますが楽にばかりしていると原因もいつの間にか進行していくと言うことが起きてしまいます。
対症療法と言う治療法は多くの治療院で用いられている治療法ですから、当院でも対症療法の治療法をしている時もありますが当院では原因を探すようにしていますので原因を探すためにも検査することをしています。
肩こりと歪みやズレ

肩こりの原因

肩こりの原因と言うのは簡単に改善できるものではないものばかりなんですが簡単に解消できるのは、対症療法の治療法が表面上のコリを楽にすることができますので対症療法ばかりしている事が多くあり原因を見つけ出すこともなく表面上の凝りを楽にしています。
対症療法ばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくと言うことが起きてしまうのが怖いところなんですが多くの肩こりの治療と言うのは対症療法ばかり行われていて原因を見つけ出すこともなく検査することもなく解消することをしています。
筋肉を触って「硬くなっていますね」とか、「かなり凝っていますね」とか言われることがありますが単純に筋肉を触って硬さを確認しているだけであり検査しているとは言えるレベルではありません。
肩こりと歪みやズレつ疲れやストレス

筋肉の硬さとは

筋肉の硬さと言うのは筋肉を触ってわかるものではありませんし筋肉だけを触ることができませんので皮膚を触っていますから皮膚を触ることと、皮膚の下にある皮下脂肪と筋肉靭帯を触っているだけです。
筋肉の硬さと言うのは人それぞれ違うものですから一概に触って判断できるものではないと言う事ですから筋肉の硬さを比べてしまうのはあまり関係ないと思いますが筋肉と言うの間を2通の筋肉の硬さが存在しています。
1つ目の筋肉の硬さと言うのは本当に凝りを起こしている場合ともう一つの筋肉の硬さと言うのは老化して硬くなるということがあります。
筋肉と言うのも肩こりを慢性化した状態で起こしていると筋肉もこりと言うよりも筋肉が徐々に硬くなっていくと言うことで老化していくとこうと筋肉の硬さと言うのは人それぞれ違うものですから一概に触って判断できるものではないと言う事ですから筋肉の硬さを比べてしまうのはあまり関係ないと思いますが筋肉と言うのも二通りの筋肉の硬さが存在しています。
1つ目の筋肉の硬さと言うのは本当に凝りを起こしている場合ともう一つの筋肉の硬さと言うのは老化して硬くなると言うことがあります。
筋肉と言うのも肩こりを慢性化した状態で起こしていると筋肉もコリと言うよりも筋肉が徐々に硬くなっていくと言うことで老化していく筋肉もあります。
筋肉はあまりにも伸ばされたり、引っ張られたり緩んだりしていると正常な筋肉のものではなくなっていきますので循環が悪くなりリンパの働き悪くなって老廃物が多く蓄積していき筋肉は血行不良を起こして徐々に筋肉を硬くしてしまいます。

筋肉が凝りを起こす原因

筋肉が凝りを起こすっているのは多くの場合ズレが原因の場合がありますので、背骨がずれていくと筋肉と言うのは、骨から骨にくっついているものですから骨が動いたりすると筋肉が引っ張られたり反対側は緩んだりして、血行不良を起こしリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していくということが起きているのが肩こりです。
筋肉のコリだけでそんなに連続的に起きる事はありません。

疲れやストレスと肩こり

疲れやストレスと言うのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多くなっていくのが疲れやストレスです。
疲れやストレスが多く蓄積すればするほど弱い部分にたまる傾向がありますので、弱い部分に溜まると言う事は、背骨のズレにつながっていきますので背骨がずれて筋肉は引っ張られたり反対側は緩んだりしてリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していきます。
肩こりと筋肉のコリ
北九州市小倉南区の徳力整体院はボキボキしない痛くない肩こり解消法をしています。