小顔矯正なら

北九州市小倉南区で小顔矯正ならボキボキしない痛くない矯正する。
小顔矯正をしていくなら初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしているんですが、今まで30年間小顔矯正をしてきて全員の方が顔が小さくなっていますので、評判の良い小顔矯正をしていますが、小顔矯正をしていくときには、何をしたら顔を小さくすることができるのかどうすれば、小顔にできるのかということを確認しながら患者さんと一緒に合わせて顔が小さくなるように矯正することをしています。
小顔矯正とは

小顔矯正とは

小顔矯正と言うのは顔が小さくなったのが自分でわからなければいけませんし、顔の変化を比べることができなければ、小顔矯正とは言えませんので、当院では小顔矯正を行っていくときには、院内のスタッフが顔を図ったりすることもなくメジャーを用いたりすることもしていませんので自分で顔の大きさがわかるようにしているのが特徴なんです。
小顔矯正をしているときには3回ほど確認をしながら小顔矯正をしていきます。
まず第一番目は鏡で見ることです
小顔矯正と疲れやストレス

顔を鏡で見る

小顔矯正をしていくときには院内に鏡を置いていますので、鏡に自分の顔を映して目で見てください。自分の顔を鏡に映していると言う事は、簡単なようで簡単ではありませんので、何も考えずにぼーっと顔見たって変化がわかるわけはありませんので意識をするということが大切になります。
鏡で意識してみるというのは何を見るのかと言うことを説明しなければいけませんので鏡で見るときには顔の輪郭と大きさと左右差を特に見てもらうようにしています。

顔の左右

顔と言うのは左右が対象の方はいません。
顔の左右が違うと言う事ですから右側半分と左側半分を分けて考えるようにみてください。
鼻を中心として顔の右側半分と左側半分の大きさが違うと言うことがわかると思います。
顔の左右差
しかし、これも意識してみることをできないと分かりませんので意識をしてしっかりと自分の顔を鏡に映してください。
多くの人の場合逆転してしまっている場合もありますが顔の右側半分が大きいので左側の顔は小さくて頬骨だけが出っ張っていると言う感じだとか顎のLINEの部分を覚えることも大切なことです。
鏡で見て覚えたら今度は手で触ってもらえます。

顔を触ると言う事は

顔を手で触ると言う事は鏡で見るよりも難しいので簡単な方法ではありませんから簡単だと思って顔に手を置いただけの方や触っているだけの方はわかりません。
顔を鏡で見る
先ほども説明しましたように、意識をするということが大切になりますので意識をしやすいようにするために左右差を比べてもらうことをしているわけです。
体でぱっと触ってわかれば左右差を比べる事は必要ありません。
顔を触ると言う事は難しいことですから簡単だと思って簡単に触らないで欲しいんですが一生懸命、右側と左側を比べながら、先ほどと鏡で見た顔の形と同じかどうかと言うのを意識しながら触ってみてください。

顔の大きさや形

そして顔には、左右の浮腫度合いも違いますので、例えばですが顔の右側がやら回ような感じがするとか左側の方が柔らかい感じがするとかそういう状況判断でむくみや脂肪の確認をすることができます。
手で顔を触ることができたら笑顔が違いますので顔が小さくなったときの笑顔が大切なんです。
小顔矯正をしていくときにはむくみや脂肪を減らす事は当然なんですが減らせることができるのはむくみや脂肪だけではありません。
むくみや脂肪だけを減らしてもかは少ししか減りませんのでむくみや脂肪がどれだけ大量にあるかで顔が小さくなるのは違うと思います。
しかしむくみや脂肪が増えてしまった原因が存在していますので原因からも改善しなければ表面上のむくみや脂肪を一時的に減らしてもまたしばらくすると多くなっていきます。
顔が小さくなる
北九州市小倉南区で30年の小顔矯正。