腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛み

体には毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多くの疲れやストレスが生み出されて、体の弱い部分にたまる傾向があります。

② 骨盤の歪み・背骨のズレ

疲れやストレスは何をしても生み出されていくモノです。家でゆっくりしても、ゴロゴロしても多くなっていきます。
体に疲れやストレスが、たまっていくと弱い部分にたまっていきます。疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになっていきます。
腰痛、腰の痛みが起きるのは
体には必ず誰でも弱い部分と そうでもない部分というのが存在していますので、弱い部分には、多くの疲れやストレスがたまりやすく溜まってしまうと骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが作られます。
疲れやストレスは何をしても、何もしなくても生み出されていきます。
生み出された疲れやストレスは、弱い部分にたまっていきます。

 

弱い部分が腰の方が腰痛、腰の痛みになります。

しかし歪みや開きやズレが軽い段階では何も感じることがありませんが、徐々に疲れやストレスの蓄積が多くなっていくと、だんだんと歪みが大きく広がっていき、ズレが拡大していきます。
骨盤というのは上半身と下半身をつなげている部分ですから下半身の重さを支えるためにも骨盤がしっかりしていないと支えることができません。
そのため骨盤の歪みや骨盤の開きがあったり背骨がずれたりしていると筋肉や靭帯もかなりの軋轢が起きていますので支えることができない姿勢をした時に一気に痛みとして起こります。
体を前かがみにしただけで腰にはかなりの負担が起きていますので、普通でも起きている現象が骨盤の歪みや骨盤の開きがあると筋肉や靭帯は緩んだり伸び切ったり、緊張したり固くなったりしますから支えることができません。
骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなって背骨がズレが、起きた時に何気ないことをした時に一気に痛みとして起きてしまいます。

 

腰が痛くなる時には、切っ掛け骨盤の歪み・背骨のズレの原因の両方が揃ったときに痛みになります。

軽ければ自力回復も可能

痛みは軽ければ、自力で湿布を貼ったりして良くなる事もあります。
栄養関係で起きていればサプリメント、医薬部外品でも解消する事ができます。
また、腰痛、腰の痛みを楽にする治療は対症療法と言う方法があります。対症療法は原因なんか、関係なく痛みを楽にしていく方法です。もちろん歪みやズレも関係ありません。

対症療法とは

対症療法という治療法は代表的なものは病院に行って注射を打ってもらったりすることや自分で湿布を貼ったりすることやサプリメントを飲んだりすること、家族の方にマッサージをしてもらうこと、専門家の先生にマッサージをしてもらったり、針を打ったり、お灸をしたり指圧をしたりという行為が対症療法になります。
対症療法の多くは痛みがあるところに対して何かをする行為のことを言いますが検査することもなく原因が判明もしていないのに痛みのところに対して何かの行為をする治療になります。
代表的なものは湿布を貼ったりすることですが湿布を貼ったりすることでも腰の痛みや腰痛が楽になることもありますし病院に行って注射を打ったりすることでも痛みのみになりますので楽になることもありますし痛み止めの薬を飲むことでも緩和する可能性もあります。
低周波治療器や電器と腰痛、腰の痛み
しかし全てに対して原因を見つけ出さなければ本当の意味で解消することにはなっていませんし原因を残したままになっていると痛みを感じていない時でも原因はいつまでも同じままではいられませんので進行していきます。

どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのか?

骨盤の歪みや背骨のズレが起きる時には、どうして起きるのかという原因がありますから原因から改善していかなければいけませんが姿勢が悪かったり猫背になることで骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨がズレることはありません。
姿勢が悪いからと言って座り方が悪いからと言って骨盤が歪んだり背骨がずれたりしたら大変なことになりますので背骨や骨盤というのは中枢神経系を守っているものですから中枢神経系に歪みやズレが起きると影響が大きくなりますから。
では、どうして腰痛の原因になる骨盤の歪みや背骨のズレが起きるのか??
疲れやストレスと骨盤の歪み・背骨のズレと腰痛、腰の痛み

骨盤の歪み・背骨のズレの原因

歪みやズレの原因というのは毎日毎日の生活することや運動することや仕事をすることや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く満たされていく疲れやストレスが弱い部分に溜まるのが原因ですから弱い部分が骨盤の歪みや背骨のズレを起こしていきます。
疲れやストレスと骨盤の歪み・背骨のズレ
弱い部分というのは体には何があるのかということを説明しなければいけませんので体には水分が65%から75%あって皮膚と皮下脂肪と脂肪と筋肉と靭帯と骨と神経と血管とリンパとあとは内臓しか存在していません。
この中に多くの疲れやストレスがたまるところがあります。
筋肉にもたまりますが、筋肉よりも多くたまる部分があります。
先ほど説明したように体には水分が65%から75%あって皮膚と皮下脂肪と脂肪と筋肉と靭帯と神経と血管とリンパとあとは内臓しか存在しませんのでこの中に疲れやストレスが溜まって骨盤の歪みや背骨のズレを起こし腰痛になる原因があります。

 

本当の腰痛の原因というのは多くの方が知りませんし専門家の先生も知らない場合が多くありテレビや雑誌の特集でも書いていないことが原因なんです。

 

腰痛、腰の痛みの根本的な原因とは

根本的なというよりを規定にあるものは腰痛の原因になってしまう事なんですが、 先ほど説明した筋肉よりも多くの疲れやストレスを溜めてしまうところというのは腎臓です。 しかし腎臓といっても病気というわけではありませんので腎臓に疲れやストレスが溜まって骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし骨盤が不安定になることから体を支えることができないために痛みとして感じています。
腰痛、腰の痛みの原因
腰痛やぎっくり腰や椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の原因も同じ大もと中の大もとは、腎臓疲労が原因です。
ということを考えれば骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正すればいいというわけではありません。

まずは
①筋肉や靭帯のバランスを整えたり筋肉や靭帯が炎症を起こしていたら炎症を改善することから始めます。

 

次のステップとして
②骨盤の歪みや骨盤の開きを解消することをしています。この時に椎間板ヘルニアを見つけたら解消もしています。

 

さらに次のステップとして
③腎臓疲労を改善していくことをしています。 腎臓疲労、炎症やハレがとれてくると、楽になります。
また、普通では起こりませんが、最近は体調、調子の悪さから骨が炎症やハレを起こしている方までいます。

 

また次のステップとして
④弱い腎臓に疲れやストレスが溜まりやすいわけですから弱い腎臓を変えなければまた溜まっていきますのでたまらないことはありませんが溜まりにくくしていく体質改善をしていくことができます。

page top