腰痛、腰の痛みを解消

腰痛、腰の痛みを楽にする

腰痛を楽にしていくためには湿布を貼ったりマッサージをしたりサプリメントを飲んだり鍼を打ったりお金をしたり低周波治療器に代表される電気などをかけたり温めたりする方法が多くあるんですが急性状態つまり最近、起きたような痛みであれば必ず温めないで冷やしてください。
世間一般的には温めた方がいいとか冷やした方がいいとか色々なことを言われるんですがタイミングや状態が皆さん違いますのでまず間違いない方法としては温めたりお風呂に入ったりするよりも冷やした方がいいと思います。
腰痛、腰の痛み

腰の痛みが起きたら

冷やした方がいいと思う理由として第一に挙げられることは痛みというのは炎症や腫れから起きていますので炎症や腫れを抑えるためには温めるよりも温めるよりも冷やした方が効果が大きく冷やさないと、いつまでたっても腰の痛みが取れにくかったり慢性化を招いたりすることがありますのでなによりも冷やした方が炎症や腫れが取れやすいということです。
腰痛、腰の痛みとは

腰痛とは

腰痛がおきてしまう原因というのは何かをして起きることが多くありますので何かをする時には前かがみにしたりして腰を痛めてしまったり畑仕事をして立とうとした時に腰が痛くて立てなかったり重たいものを持ったりすることで痛めてしまったりくしゃみをしただけで腰が痛くなったり朝から、いつも腰が痛いとか色々な現象を言われるんですが、これらはすべてき切っ掛けにしかすぎません。
切っ掛けというのは原因ではありませんので、切っ掛をする前に、あることが起きているんです。

痛みが起きる原因

腰痛や腰の痛みが起きる時には必ずあることが起きているから、あることが起きていると何をしても痛みが起こりやすくなるということがあります。
あることというのは日常で多くなっていくものが原因で結果的に起きた現象なんですが結果的で起きた現象というのは、骨盤のゆがみは骨盤の開き、そして背骨のズレです。
骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレというのも特別な物が原因で起きることはなく普段から当たり前のように起きているんですが悪いと何も感じないということで痛みでなっていないだけなんです。
痛みになっていないだけで徐々に、それが大きく歪んだり開いたりずれたりしていくことでも何も普段から感じないんですが、ひどくなっていくと徐々に、いつかは痛みになってしまいます。
腰痛、腰の痛みと疲れやストレス

痛みになる時には

腰痛は腰の痛みになる時には骨盤のゆがみは、骨盤の開き背骨のズレが起きている時なんですが歪みや開きが起きているだけでも、体を支える土台である骨盤が歪んだり開いたりずれたりしていることで体を保持することができないために、前かがみをしただけで痛みになっていきますし、くしゃみをしただけでも腰痛を起こすということがあるんです。
骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こす原因
骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こす原因というのは、日常で何気なくしていることなんですが何気なくしているだけで、何かをした後は、しばらくは感じるんですがしばらくすると徐々に感じなくなっていき人は、忘れたようになっていますが忘れているだけでありまたは感じていないだけであり残ったままになっているんです。
それが疲れです。

疲れの蓄積

疲れと言うと簡単に考えて何だと思うかも分かりませんが、疲れほど厄介なものはなく蓄積するものはなく忘れ去るものはないんですが、多くは残ったままになっていることが原因でありとあらゆることが体の部分に溜まっていきダメージとして体を崩していきます。
疲れというのは、何をしても、何もしなくてもたまっていきますし1日の中であー疲れたと思うことが何回あるかですが、しばらくすると時間の経過とともに疲れは感じなくなって行き忘れたように無くなったように思うかもわかりませんが実はどこったままになっていることに気がついていません。
仕事をして疲れたと思ってもしばらく歩いてるだけでも感じなくなっていきます。
飲み会に行く時でも座っているだけでも疲れてしまいますし疲れを感じることはないかもわかりませんが確実に体には疲れが残ってた待って行くんです。
生活する時でも階段を上ったり下りたりする時でも料理を作ったり洗濯をしたり掃除をしたりする時でも疲れは感じますがしばらくするとなくなったようにまたは消えたようになりますが残ったままになっています。
腰痛、腰の痛みと疲れやストレス
買い物をして歩いたり荷物を持ったり車の運転をしたりすることでも疲れは生じていきますので一時的に疲れは感じてもしばらくするとなくなっていきますが、残ったままになっています。
歩いたりジョギングしても足が疲れたなーと思ってもまたはむくんでいるなと思ってもしばらくすると少しずつ回復するでしょうけど残ったままになっているということを忘れてはいけません。

疲れのダメージが

疲れが溜まるということはわかっているのに減らす努力もしていないし減らそうともしていないので残るばかりなのが疲れなんですが疲れというのは一過性で感じ取ることをしかできないため長く感じれないため残っていることさえ分からないということなんです。
腰痛、腰の痛み
疲れやストレスほど悪いものはなくありとあらゆるものが悪くなっていきますし歪みやズレやひできが起きるだけではありませんので筋肉のバランスも悪くなり筋肉の緊張や人体の軋轢が起きているということを考えなければいけませんが痛みになってしまわなければ人は、それを感じ取ることができません。
疲れも限界なく日々貯めて行くし時間においても午前中と午後でも疲れをためていくことばかりしているのに疲れは一過性で感じることしかできないためにいつのまにかなくなったように感じなくなったように忘れて行きますが残ったままになっているものが体のダメージを与えて行き代謝が悪くなりリンパの流れも停滞して老廃物が多く貯まる現象が起きて行きますしむくみや脂肪が増えていくということも疲れの問題から起きます。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み

疲れは限界なく貯めていくことでストレスに変換されてしまい疲れやストレスの蓄積から体は骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていき筋肉のコリを解消できなくなって緊張がより強くなる現象が起きて人体のバランスも悪くなり人体の軋轢が起きて痛みになっていきます。
腰痛、腰の痛みの原因

page top