腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みとは

腰痛、腰の痛みを感じたら湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽になる事はありますが、腰痛には原因があります。原因がある限り、繰り返したり、戻りやすくなったり、徐々に今までと同じ治療をしても効果がなかったりして進行していきます。

 

湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をすることを対症療法と言います、対症療法とは痛みを抑えるだけの治療ですから、原因なんか関係ありません。その為、検査する事もなく湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしているだけです。それで腰の痛みが楽になれば、低周波治療器や電器をしている先生も楽で良いですけど。

 

対症療法は一時的な痛みを止めているだけだと言うことを理解しなければいけません。虫歯の痛みを薬を飲んで痛みを止めているだけですから、薬を飲むことを繰り返していると虫歯も進行していきます。歯の痛みには虫歯の原因があります。痛みのある部分に虫歯があるのに痛み止めの薬ばかり飲んで良いのかと思う方は少ないと思います。

 

腰痛も虫歯と同じで、原因があります。

 

どうして腰が痛くなったのか。

 

腰痛の原因は??

本当の原因から改善して変えていかないと痛みがない時でも、原因は、いつまでも、そのままではいられません。

 

多くの腰痛、腰の痛みは、必ず骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを起こしています。だから整体院やカイロプラクティック院ではボキボキしたり矯正を行いますが、どうして骨盤の歪み・背骨のズレがあるのか、という所でも見つけていません。

 

骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを矯正できるのは整体院とカイロプラクティック院の矯正だけです。他では、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレの矯正はしていません。

 

では、どうして整体院やカイロプラクティック院で、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレの矯正をしなければいけないのか??

 

骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレがあると骨盤が安定しなくなります。当然、骨盤周辺の筋肉、じん帯のバランスも悪くなっています。骨盤が安定しない時に、重たいものを持ったり、中腰をしたり、前かがみをしたり、同じ姿勢をしたりすると下肢と上肢をつなぐ部分に負担が大きくなります。この時に支える事ができなくなると腰が痛くなります。

 

悪化したモノが椎間板ヘルニアであり、さらに坐骨神経痛にもなりますから、椎間板ヘルニアも坐骨神経痛も特別なモノではありません。日常で普通に起こりますが、程度と言うか段階が違います。つまり軽いヘルニアから、中程度、重症程度のヘルニアがあります。軽いのが1とすると中程度が3から5くらいで、重症が6から8くらいです。さらに、ひどいヘルニアもありますから、それらは9以上だと言えます。限界はありません。
腰痛は腰の痛みが起きた時には、急に痛みが起きたり、長く慢性化した状態で痛みが治らなかったりすることがありますので、短期でよくなる場合もあれば、1ヶ月程度かかる場合もあれば、かなり長期間腰の痛みに悩まされてしまう結果になるということもあります。

 

腰痛や腰の痛みになる時には必ず原因が存在しますので、当院に来られる患者さんにお話を聞くと、『どうして痛くなったか』という説明なんですが、重たいものを持とうとして腰に痛みが走ったとか、運動やスポーツやゴルフをしていて腰を痛めてしまったとか、野球やサッカーで腰が痛くなったとか、体操をしているだけでも腰を痛めてしまったとか、ストレッチをしている時でも腰が痛いとか、長くたちっぱなしにしていると腰が痛くなるとか、車の運転をしているだけでズキズキ腰が痛むとか、何かを取ろうとしたら腰を痛めてしまったとか、布団やベッドに寝て朝、起きたらいつも腰痛に悩まされているとか、色々なことを言われます。

 

 

 

腰痛、腰の痛み

 

人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在しますのでそうでもない部分は痛みにつながることもなく先将来の問題につながることはないんですが弱い部分には多くの疲れやストレスが毎日毎日生活や仕事をすることや運動することは精神的な緊張やプレッシャーなどで生み出された疲れやストレスが多くたまっていきます 。

 

腰痛は腰の痛みに関係する部分が弱い方は弱い部分に疲れやストレスが溜まっていくと何かが起きて痛みになっていきます。

 

腰痛を改善していく方法は色々あると思うんですがテレビや雑誌で紹介されたり特集を組まれたりすることでいろいろな知識を持っていると思いますが本当の腰痛の原因というのがありますので、そのためにも説明していきたいと思います。

 

腰痛ベルト

 

腰を痛めてしまったら腰痛ベルトで固定することで多少ですが動きやすくなるため腰痛ベルトをされている方が多くいますが腰痛ベルトというのは普段はするべきではありません。 痛みというのは圧迫してしまうことで少し緩和することもあるために腰痛ベルトはめてしまうと楽になることがあるため多くの方がしていると思いますが仕事中や何かをする時にはしても構いませんがそれ以外では外すようにしてください。

 

どうしても圧迫してしまっているため血液の流れが悪くなり循環が悪くなったり筋肉を圧迫したり内臓を圧迫したりということが起きてしまいますので動いてる時だけにしてください。

 

腰痛ベルトは常時するものではありません。

 

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。歪みやズレは毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレス生み出されていきます。疲れやストレスは体の弱い部分にたまっていきます。

 

腰痛が起きるのは原因がありますから、原因から改善するように考えて下さい。腰痛の場合によっては湿布を貼っても注射を打ってもマッサージしても低周波治療器や電器をしても楽になることはあります。

 

 

 

しかし、腰痛は腰痛を起こした原因がありますから原因を改善しないと原因もいつまでも同じではありません。

 

一時抑えをするよりも原因から改善するようにしないと繰り返しやすく、癖になります。

 

しかし、それだけでは済まないのが腰痛です。

 

腰痛のおもての原因が骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレです。骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあると筋肉やじん帯もバランスが悪くなって緩んだりします。

 

しかし、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きる、本当の原因が影であります。

 

腰痛は骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレから起きています。

 

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きるのは別に原因があります。

 

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きる原因は腎臓に関係がありますが病気ではありませんので病院に行って検査しても陽性反応、異常は見つかりません。もし異常が見つければ、もう病気として完成しています。

 

病気になっている訳ではないということは、どういう事なのか??という事になります。

 

腎臓が病気ではない状態と言う事は、腎臓疲労から起きるものです。

 

腎臓が疲労をためていくと大腰筋、腸骨筋と言う筋肉がバランスが崩れていきます。

 

 

 

この大腰筋、腸骨筋が腎臓に関係する筋肉なので腎臓がつかれをためていくと収縮が変化して短くなったりバランスが悪くなります。

 

このバランスの崩れが骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレをおこしていきます。

 

 

 

大腰筋、腸骨筋は骨盤や背骨のバランスを保っています。

 

この保持が崩れると骨盤の歪みや開きになって筋肉、じん帯がバランスが崩れた時に体を支えられない姿勢をするとギックリ腰、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。

 

 

 

腰痛や腰が痛くなるのは 骨盤の歪みは、骨盤の開き、骨盤の不安定状態が原因ですから 電気治療器などを押しても 注射などを打っても マッサージをしても骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定状態はなくなりませんので骨盤を整えていくことからしていくのが肝心です。

 

腎臓の疲労から

 

骨盤の不安定状態が起きていると 体を支えることが出来ませんので体を支えることができないと 腰の部分に急激な重圧が加わって 支えられない状態が落ちて痛みになっています。

 

しかも骨盤の不安定状態が起きている時には体調が悪いので体調が上がりきらない状態ではいつまでも 腰が痛くなったり腰痛になったりして 悪化させると椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などの症状になっていきます。

 

これが腰痛のメカニズムです。

 

 

 

腎臓が体質的に弱い方が腰痛を起こしていきます。腎臓が体質的に弱い方は腰痛に限らず膀胱炎、トイレが近い、高血圧、浮腫み、足の冷えになりやすいのが特徴です。

 

体質的に弱い腎臓を強くしていく方法があります。このことをアンチエイジング、若返りの施術と言います。

 

痛みになる時には

 

腰の痛みが起きているときには炎症や腫れて起きています。特に強い痛みには温めるよりも、冷やして下さい。お風呂などに入ることはしないで、絶対安静です。

 

痛みがある所を解消して痛みが楽になったら原因を見つける事が出来ます。ほとんどの場合痛みが起きている所ではなく、骨盤や背骨、内臓疲労に関係があります。

 

●一段階:腰痛、腰の痛みがある所を楽にすることをしていきます。

 

●二段階:腰痛、腰の痛みを、もっと楽にして体を回復させていく施術をします。
一度で楽なる腰痛もあれば、楽にするのに数回かかる方もいます。
こじらせて椎間板ヘルニアになっている方もいます。
場合によっては、骨盤や背骨が炎症していたり、骨が腫れている方もいます。
初回で痛みが楽になる方もいれば、数回から、それ以上かかる腰痛、腰の痛みもあります。

 

●三段階:腰痛、腰の痛みの原因を体質改善の施術で変えていくことをしています。

 

●腰痛、腰の痛みが楽なれば良いと思う方は、一段階目までです。

 

 

 

腰の痛みが起きるのは

 

腰痛、腰の痛みなどが起きるのは、原因があります。この原因がある為に、姿勢などや重いものを持つことで腰痛、腰の痛みを引き起こします。
体に、何かしらの症状が起きる時には、何かの異常が起きている時です。
腰の痛み、腰痛、ギックリ腰などは、体に蓄積した疲れやストレス(以下:ストレス)が原因です。

 

ストレスが

 

このストレスの蓄積で、腰にストレスがたまると、骨盤や背骨に影響していきます。
ストレスがたまると、筋肉やじん帯に影響していきます。
骨は、筋肉やじん帯で固定されていますので、この固定がゆるんでしまいます。
そうすると、骨盤が開いたり、骨盤の歪み、背骨のズレを起こしていきます。

 

この状態の時に

 

重いものを持つ、中腰の姿勢、掃除機をかける姿勢、草取り、洗濯物を干す姿勢、足を組む、横座り、寝て起きたら腰が痛くなっていた、靴下を履こうとして、ストッキングを履こうとして、前かがみの姿勢などで腰がグギッとするか、グギッとしないかでも腰痛になります。
これらの姿勢は、切っ掛けです。
切っ掛けが原因で腰を痛くしていますが、その前の状態が起きていないと、腰は痛くなりません。

 

つまり本当の原因は、

 

ストレスの蓄積です。
だから、色々な所のストレスを減らしていくと、骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレは解消させていきます。
悪化させてしまうと、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などになる事もあります。
椎間板ヘルニアになると、治りにくいと思われますが、当院では、そんなことはありません。
ほとんどの方が、長くあった椎間板ヘルニアを2回から十数回前後で解消することに成功しています。
手術しなくても、椎間板ヘルニアから、楽になる事も出来ると思います。
坐骨神経痛の方も同じです。
当院は、体を回復させていく方法で色々な痛みを解消しています。

 

腰痛を最新の技術と特殊な施術で色々な痛みやコリに対処していますので、どこに行っても良くならなかった症状を当院の施術で改善していきませんか!!

 

腰痛が楽になる

 

北九州市小倉南区・小倉北区から好評を頂いている徳力整体院です。
徳力整体院の腰痛を楽にしていく施術法は、電機や機械は使いません。
ボキボキしないから痛くない腰痛の改善法をしています。

page top