腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛に悩まされてる方が多くなっていますが腰痛というのはきっかけと原因の両方が重なった時に腰痛を起こしていますので腰痛というのは単純に重たいものを持ったりすることや中腰で前かがみをしたりすることや庭仕事をして座って仕事をしていて立とうとした時に腰が痛くて体を飲ませなかったり車の運転をして腰が痛くなったり野球をして腰を痛めてしまったりサッカーをして腰を痛めてしまったりくしゃみをしただけで腰が痛くなったり夜寝て朝起きたら腰が痛くて動けなかったという方がこれらの物事というのは姿勢で起きていますのできっかけです。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛の切っ掛け

腰痛で起きる時にはきっかけと原因が存在すると説明してましたがきっかけと原因の両方が最大限に重なった時に起きていますので根底にあるものは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きている時が最大限に広げた時に体を支えることができないことをすると腰痛は腰が痛くなります。
腰痛を起こす原因は骨盤の歪みは骨盤の開き、背骨のズレがある時に重たいものを持ったり前かがみをして何かを取ろうとしたりくしゃみをしたり運動したりストレッチをしたりすることでも腰痛を腰痛めてしまっていますので運動したりストレッチをしたりするときにいくら筋肉ばかりほぐしても骨盤の歪み、骨盤の開きが残ったらままになっていますので痛めることが多くあります。

どうして痛みやコリになる

体に何かの痛みやコリなどのいろいろな症状が起きる時には体調も同時に落としていますので体調が落ちるという事であり、調子を落とすということにつながりますので体の状態が良くない時に何かの痛みやこりが起きているということです。
体調や調子を落とす時には何が存在するのかということを説明するとそこには疲れやストレスが存在しています。
必ず体に何かの症状が起きる時には疲れやストレスが存在していますが疲れやストレスというのは同じ意味になりますので疲れの蓄積状態が多くなった状態がストレスという風になりますから蓄積疲労がストレスです。
多くの方がストレスと意味を分かっていないですかっていますのでストレスという英語もありませんし日本人が勝手に作ったのがストレスです。

ストレスが限界なくたまる

ストレスが多くなればなるほど色々な問題を起こしていきますので色々な問題というよりもストレスが溜まるとどこにたまるのかということがありますのでストレスというのは弱い部分にたまっていきます。
弱い部分に溜まることが原因でいろいろなものを起こしていきます。
体が一番弱いのはストレスの蓄積ですからストレスがどこにたまるのかで骨盤の歪み、骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。
ストレスというのは誰でも感じているものなんですが分かっていない方が多くいますのでストレスというのは誰でも溜まっているものです。

疲れやストレスは避けることができない

生きている限り生活している限り仕事をしている限り色々なストレスを感じてしまっていますがそれらはストレスという風に理解していない方が多くいます。
ストレスというのは例えばですけど玄関のベルが鳴ってもストレスになりますし寝ている時に目覚まし時計が鳴っている音を聞くだけでもストレスを受けています。
スマートフォンなどが鳴る音でもストレスを受けています。
しかし日常的に起きている使っているものですからストレスだとわかっていない方や感じていない方が多くなっていますが確立にストレスは体に溜まっていきます。

毎日の生活で多くなる

毎日毎日の生活や仕事をすることや精神的な緊張をすることや掃除をしたり洗濯をしたり運動したり筋トレをしたりすることでも色々なストレスが存在しています。
ストレスがないものはありませんのでストレスというのは何かをしたら疲れが生じるという意味です。
人の体というのは何かをしたら必ずストレスを体に貯めてしまっていますが為てしまっている割には減らす努力をしていませんし減らそうともしていませ。

ストレスの蓄積

ストレスというのは大変多く蓄積していきますがどこにたまるのかということが一番の問題だと思います。
ストレスというのは体に溜まっていきますが筋肉にもたまりますが筋肉にたまると老廃物が多く蓄積していきリンパの流れが悪くなるということが起こりますので循環が悪くなります。
しかしそれだけではありません。

ストレスがたまる所

ストレスというのは体に蓄積していくところがあるからたまって何かの症状起こしていくということが起こりますので。
ストレスがたまるところというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいれば体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが単純な水ではなく血液だったりリンパ液脱退という風に色々な水が存在していますので水が65キロにもなります。
後残った35 kg の中に神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の重さと中枢神経系と内臓の重さになります。

ストレスがたまると

この中でどこに疲れやストレスがたまるところがあるのかと考えると筋肉にも溜まるということはわかっていますが後はどこなのかということを考えてみると内臓しかありませんが内蔵と言っても病気と言ってるわけではなく内臓に疲れが溜まるストレスが溜まるという風に説明をしていますので何でもかんでも内臓と言うと病気というのををむすび付けるのはやめてください。
中枢神経にも疲れやストレス

中枢神経系も内臓の一部ですから筋肉にもたまにながら内臓に筋肉よりも多くのストレスが溜まっていきます。
人の体というのは筋肉にもストレスが溜まっていき疲労を起こすことが原因で骨盤の歪みは骨盤の開きを起こしていきますが筋肉と内臓というのは関係を持っていますのである部分の内臓が疲れると筋肉のバランスが悪くなりこの筋肉のバランスが悪くなる問題で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていくという因果関係があります。
骨盤の歪みは骨盤の開きが何も原因がなくて起きることもありませんし何かがあるから骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたりということが起きるわけですから何かの原因を見つけ出さない限りは楽にすることばかりしていると進行があるということです 。

骨盤の歪み・背骨のズレから

骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレがあると何かが関係してズレやゆがみが開きを起こしていると考えた方が自然だと思います。
姿勢や猫背などで骨盤が歪んだり開いたりすることはありませんし足を組んだり座っているだけで骨盤が歪んだりすることはありませんし横座りでもありません。
内臓に溜まっていくストレスが原因で体の内側から崩れを起こし崩れた状態が骨盤の歪みは骨盤の開きが大きい骨が動いたりずれたりすることで筋肉が引っ張られていきますので引っ張られた状態が凝りです。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

page top