腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを解消する

腰痛を改善しようと思うなら湿布を貼ったりしたりマッサージをしたり痛み止めの薬を飲んだり病院に行って注射を打ってもらったり鍼灸をしたり低周波治療器や電気などをかけたり色々な方法があると思いますが腰の痛みがどこから起きているのかどうして起きているのかということを見つけ出さなければ表面上の痛みだけを楽にして治ったと思うことが多くありますが実は根本的には表面上の痛みだけを楽にしているだけです.
表面上の痛みを楽にしても腰の痛みや腰痛が楽になったということができますが腰痛や腰の痛みの本当の原因というのも改善していかないと悪化させたり繰り返したりということも起こりますが残ったままになっていると色々厄介な状況になっていきます.。

腰痛とは

腰の痛みがどうして起きたのかということを腰痛の方に聞いてみると重たいものを持ったりしたら急に痛くなったとか前かがみで何かを取ろうとして手を伸ばした時に腰が痛くなったとか座って何かをしていたら急に立とうとしたらまっすぐ体を伸ばせないぐらい腰が痛くなったとか車の運転をしているといつも腰が痛いとか長時間たちっぱなしでいると腰が痛くなるとか色々なことを言われます.。
しかしこれらには共通しているものが関係しています.。
共通しているものというのは本当の腰痛は腰の痛みの原因です。
腰痛や腰の痛みが起きたりするのは何か押したら痛くなる場合が多くありますが夜、寝て朝起きたら腰が痛くて動けなかったということも聞きます。
布団が合わないとか柔らかい布団が腰に負担をかけるとか色々な寝具が売られていますがすべてこれらは 、寝具を変えてもあまり効果がないという場合もあります。
たまたまいい寝具に出会えば変わることもありますが多くの寝具というのはあまり変わることはないと思いますので高反発であろうと低反発であろうと下手ていれば変えた方がいいという感じです。

腰痛は骨盤の歪み・背骨のズレから

腰痛は腰の痛みを感じている時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きています。
しかし骨盤の歪みや骨盤の開きというのも姿勢が悪かったり足を組んだりすることで起こるものではありません。
姿勢が悪かったり足を組んだり横座りをすることで腰痛になるということはないということですから悪い姿勢で骨盤が歪んだり開いたりすることはありません。
ではどうして腰痛や腰の痛みの原因である骨盤の歪みは骨盤の開きが起きてしまうのかという問題なんですが骨盤の歪みや骨盤の開きは誰でも起きている現象です。
しかし誰でも起きているからといって腰痛や腰の痛みになっているとは限りません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるからと言って

腰痛の原因である骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまうと骨盤が不安定になってしまいますので骨盤が不安定状態の時に前かがみになったりすると腰が痛くなったり同じ姿勢で座ったままだと腰が痛くなったりデスクワークで座っているだけでも腰が痛くなったり布団に寝て朝起きた時から腰が痛くなったりくしゃみをしただけでも腰が痛くなるということが骨盤の歪みや骨盤の開きで起きてしまいます。
骨盤の歪みや骨盤の開きが腰痛の原因なんですが何も原因がなくて歪み、開きが起きることはありません。
骨盤の歪みや骨盤の開きというのは誰でもあるものなんですが程度と言うか段階があります。
骨盤の歪みや骨盤の開きというのも程度が軽いものからひどすぎるものから重症程度のものまで色々あるということです。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまうのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで溜まっていくものが原因です。

体を動かしたりすると生み出されるもの

体を動かしたりすることでたまっていくものというのは誰でもあるものですから誰でも骨盤の歪みは骨盤の開きを軽くてもあります。
骨盤の歪みや骨盤の開きというのは誰でもあるものなんですが体に溜まっていくものが多くなればなるほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていきます。
体に溜まっていくあるものというのは疲れやストレスの蓄積です。
疲れやストレスというのは生きている限り生活している限り誰でも多く存在しているものであり毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることで多く生み出されていくものです。
毎日毎日の生活で多く生み出されて体に蓄積していくこと 骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていきます。

疲れやストレスの蓄積

しかも疲れやストレスというのは体の弱い部分にたまる傾向がありますので体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在しています。
普通一般的に強い部分というのを聞くと思いますが強い部分ではなくそうではない部分または普通の部分だということです。
しかしそうでもない部分や普通の部分は骨盤の歪みや骨盤の開きにつながることはありません。
体の弱い部分というのは疲れやストレスを多く貯めてしまいますので疲れやストレスがたまりやすいところというのは繰り返したり戻ったりする原因は弱い部分が深く関係しています。
人の体というのは生まれつき弱い部分とそうではない部分に分かれますのでそうでもない部分は骨盤の歪みや骨盤の開きつまり痛みやこりとして感じてしまうことはありません。
しかし弱い部分というのはそうはいきません。

弱い部分が痛みになる

弱い部分には疲れやストレスが多くたまりやすくためてしまうと体は正常な状態を維持することはできませんので正常状態が維持できないと骨盤の歪みは骨盤の開きに繋がっていきます。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまうと大きくなってしまえばなるほど腰の痛みに繋がりやすく腰痛になってしまいます。
しかし骨盤の歪みや骨盤の開きを改善しなくても一時的には楽にする方法があります。
一時的に楽にする方法というのは対症療法という方法なんですが解消療法という治療法はマッサージをしたり湿布を貼ったりサプリメントや痛み止めの薬を飲んだり鍼を打ったりお灸をしたり低周波治療器などの電気をかけてしまうことです。

低周波治療器や電器をしても

特に低周波治療器などの電気というのは治療器と言いますので何らかの効果がないと治療器という名称をつけることができませんので低周波治療器で表面上の痛みは楽にすることはできます。
しかし表面上の腰の痛みを楽にしても骨盤の歪みや骨盤の開きまたは背骨のズレは残ったままになっています。
骨盤の歪みや背骨のズレというのも単純に歪みやズレがあるだけではすみませんので 長期間、歪みやズレがある部分というのは大変なことになっていきます。
どんなものだって歪みやズレがあったり故障のある部分というのは単純にそのままではすみません。
歪みやズレがあるところというのは徐々に何かが起きてしまうことがあります。
椎間板が潰れてしまって戻らなくなったりすることもあります。

歪みやズレから腰痛になる

歪みやズレの周辺にある筋肉や靭帯が硬く硬直状態を起こしもみほぐしても柔らかくなったり正常になることはないということまで起きてしまいます。
しかし弱い部分に疲れやストレスが溜まると骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになるということですから弱い部分というのは関節の場合もありますし筋肉や靭帯の場合もありますしまたはその他のものが考えられます。
原因として考えられるものは洗えるものが考えられますので筋肉や靭帯や椎間板などのものだけではない場合も多くなっています。
最近は多くの方が検査をしてみるとわかることなんですが普通は疲れやストレスが多く溜まっていくことが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまうということですが単純にそれだけでは無い方が多くなっています。

体調が悪いから歪みやズレになる

体調が悪すぎる方が多くいますので本人が考えている以上に無茶苦茶な状態になっている方が多くいますので表面上の疲れやストレスから減らしていくことをしないと先にあるものは見えてきませんし解消することはできません。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
普通一般的には弱い部分に疲れやストレスが溜まっていくと歪みやズレになると説明をしましたように普通はそういう状態で腰痛になっていくんですが弱い部分というのは関節や筋肉や靭帯だけではすみませんし椎間板や神経だけではすみません。
腰痛をこじらせてしまった場合になるのが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に進行していきますが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の原因を除去するような治療をして行くと楽になることも多くあります。
椎間板ヘルニア坐骨神経痛というのも手術しなくても治る可能性は多くあります。
しかしそのためには体調や体力があって治る力つまり回復する力がなければなりません。
今まで長期間、腰痛や腰の痛みがあったり椎間板ヘルニア坐骨神経痛になってしまっているという方はこじらせている場合が多くあります。
最近は単純な方と言うか疲れやストレスが溜まって骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているということで腰痛や腰の痛みになっている方は少なくなっていますので多くの方がこじらせた状態で治療に来られる方が多くなっています。
腰痛は腰の痛みで来られる方で拗らせている方はひとつひとつ改善していかないと先にあるものが見えてきません。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

検査しても

検査をしても全てが見えることはありませんしわかることはありません。
ひとつずつを改善して改善できたらその先にあるものが反応してきます。
腰痛は腰の痛みを訴える方は最近多くの方が自分で気がついていなくても睡眠負債状態に陥っている場合が多くなっています。
睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていないんです。
本当に毎日毎日、熟睡状態ができていれば腰痛や肩こりや色々な痛みに悩まされることはありません。
寝ているというのは熟睡状態のことだけをいいますので熟睡状態が毎日できていればしっかり眠れていれば大脳が元気ですから大脳が元気ということは痛みやコリを起こす可能性はなく疲れやストレスの蓄積も軽くて少なくて済むからです。
最近は現代病のような状態で眠りが浅い方が多くいますが不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れないという方や夜中に何回も目を覚ます方が不眠症です。
しかし不眠症とは違って睡眠負債状態は目を覚ます可能性がありません。
つまり目を覚まさないというのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないということなんです。
単純に自分は眠れていると思ったかたほど眠れていない場合が多くあり当院の院長は頭を触るだけでも分かりますし検査をすることで眠れていないのが分かります。

当に眠れている頭を触れば頭の感触が違うからです。

しっかりしている頭もあればブヨブヨしていたり硬く異常と思えるほど張っている場合が多くあります。
精密に、大脳を検査してみると炎症や腫れが起きているという方までいます。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが睡眠負債状態というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもありますので以下に目が覚めないからといって寝ているということは言えないと思います。
こういう状態の方が腰痛になってしまうと大変こじらせた状態で厄介な状態になっている場合がありますので簡単に行く方もいるかも分かりませんが多くの方は回数がかかったり回復する力からあげていかないと治りにくくなっています。

page top