腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは歪みやズレから

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

強い腰の痛みが起きる時には急性状態で起きている場合がありますので急性状態というのは体調が悪いということですから体調が悪い時には何が起きても不思議ではありませんので体調からあげて整えて事をしなければいけませんが多くの腰痛を楽にしていく治療法というのは体調なんかをあげることはしていませんし一時的に痛み止めをしているだけです.
腰痛や腰の痛みが起きる時には原因があるから起きているわけですから原因を見つけ出すこともなく検査することもなく楽にすることはできます.
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

しかし楽にすることができても原因が残ったままになっています.
腰痛と言うと慢性状態を長く続けている方も多くいます。
慢性上体というのは治っていないという意味です。
腰痛を感じたら何をするかと言うと急性状態強い痛みがある時にはゆっくり休んで炎症や腫れを改善するようにしますので痛みがある部分に冷たい湿布を貼ったりすることが一番だと思います。
急性状態で起きる痛みというのは強い痛みになりますのでぎっくり腰になっていることもありますがぎっくり腰になったりする時には体調が落ちている時に起きますからゆっくり休んだ方がいいと思います。

急性状態の腰痛は

急性状態というのは分かりにくい状態なんですが強い痛みの時だと思ってください。
強い痛みがある時には安静状態を続けて家でゆっくり休んだ方がいいと思います。
お風呂などに入ったり温めたりすることもなく患部を湿布などで冷やしてください。
温めた方がいいのか冷やした方がいいのかという答えは何よりも炎症や腫れがある時には冷やした方がいいと思いますので冷やすようにしてください。
そして慢性化状態になってしまった方は何をしても構いませんので温めても冷やしてもいいと思います。
慢性状態と急性状態というのは違いますので急性状態の時には何をしても冷やした方がいいと思いますし慢性状態に移行してしまうと何をしてもしている時だけいい感じがするということで変化がありません。
つまり治ることはないということです。

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛

腰痛から進行したものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛ということがありますが坐骨神経痛や椎間板ヘルニアというのも特別なものではなく誰でも落ちているですが程度と言うか段階があります。
例えばですけど椎間板ヘルニアを10段階に分けるとしたら一段階目から10段階目まであるということですから1段目の方は椎間板ヘルニアは軽い椎間板ヘルニアになり5段階目では中程度の段階になり8段階以降は重症程度のヘルニアということになります。
しかし椎間板ヘルニア坐骨神経痛が起きるのも原因があるから起きています。
何も原因がなくて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になることはありません。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

悪化させたものが椎間板ヘルニア

腰痛を悪化させたりこじらせたりしたものが椎間板ヘルニアに進行したりさらに悪化したものが坐骨神経痛になっていきます。
腰痛は腰の痛みを訴える方が多く LINE していますが当院ではまずは炎症や腫れがあれば炎症や腫れから改善していくようにしますが単純に炎症や腫れだけで良くなることはありませんので骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレも矯正しなければいけませんし椎間板ヘルニアが確認されれば椎間板ヘルニアを解消するようにします。
誰でも椎間板ヘルニアが起きている可能性もありますし足に痺れや痛みが起きていれば坐骨神経痛ということもあります。
椎間板ヘルニア、坐骨神経痛が起きてしまうのも原因がありますので原因から改善していかなければ治すことはできません。
腰が痛くなったり腰痛になるのは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることやいろいろなものごとで多く生み出されていくものが原因です。

疲れやストレスから腰痛に

多く生み出されているものは疲れやストレスです。疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので生活している限り生きている限り疲れやストレスと隣り合わせで生活していかなければいけませんので関係があるということです。
色々な症状というのは疲れやストレスの蓄積が全て関係しています。
疲れやストレスというのは弱い部分に溜まっていきますので人の体には弱い部分、そうでもない部分というのが存在しますので弱い部分には疲れやすいですがたまりやすくそうでもない部分というのは痛みやこりになることもありませんし先将来の問題につながることもありません。
最近はいろいろなものごとで疲れやストレスが溜まることがあり気温の変化でも疲れやストレスは多く生み出されて体に蓄積していきます。
疲れやストレスが溜まったり体の色々な症状が起きる時には運動不足とか思わないようにしたほうがいいと思います。
運動することと痛みやコリの問題というのは次元が違いますので痛みやこりがあるからといって筋肉のバランスが悪くなっていると思わない方がいいと思います。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスと言うとは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることで多く生み出されていくものですから誰でも溜まっているものです。
しかし貯まるところが問題になります。
疲れやストレスが多く溜まっていくところというのは人の弱い部分に溜まっていきますので弱い部分にたまるということは腰の部分が弱ければ腰痛になったり肩の部分が弱かったら肩こりになったりするということです。
腰が弱い方は数年に一度や一年に一回ぐらい腰痛を起こしたりしています。
腰痛は腰が痛くなる時には重たいものを持ったりすることで腰が痛くなったりします。いろいろなものごとで腰痛が痛くなることがありますのでくしゃみをしただけでも腰が痛くなったり車の運転で長く座っているだけでも腰が痛くなったり前かがみになって何かを取ろうとした時に体がギクッとした状態で腰が痛くなったりすることもあります。
布団やベッドに寝ている時に朝起きるといつも腰が痛いとかいうことも起こります。

骨盤の歪み・背骨のズレから腰痛になる

色々な物事で腰痛や腰の痛みが起きてしまうのが特徴なんですが布団やベッドのせいで起きているものはないと思いますけど長年使ってへたっていれば新しいのに変えた方がいいと思います。
布団やベッドというのは耐用年数がありますので耐用年数を過ぎているような状態であれば新しいものと変えた方がいいと思いますけど、へたりにくいものを選ぶようにしたほうがいいと思います。
どんなにいいベッドでもどんなに高級な布団でも、へたりはあります。枕でも形が徐々に変わっていくということですから変化していきますので変化して行くたんびに新しいものと変えた方がいいと思いますが枕というのは高級なものを選ぶよりも柔らかさと大きさなどを基準として選んだ方がいいと思いますので2年に1回ぐらいは変えた方がいいと思います。
腰痛や腰の痛みを訴える方は体に多くの疲れやストレスが溜まっているのが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こしています。

骨盤の歪み・背骨のズレがない方はいない

腰痛や腰の痛みがある時には骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがないという方はいません。
必ず腰痛がある方は骨盤の問題を抱えていますので骨盤の歪みやズレや背骨のズレなどを解消していかなければいけませんが強い痛みというのは湿布を貼ったりしても楽になってしまいます市マッサージをしても楽になっていくこともありますし低周波治療器や電気などをかけても楽になっていくとはありますが骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレは残ったままになっています。
そして骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こした原因がさらに裏側に潜んでいます。
姿勢が悪かったり猫背になったりすることで骨盤の問題が起きることはありませんので骨盤の問題が起きる時にはさらに裏側に原因がありますので単純に骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを矯正すれば終わりというわけではありません。
骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こした原因が存在しています。
例えばですけど疲れやストレスというのはどこにたまるのかという問題なんですが疲れやストレスというのは弱い部分にたまると説明しましたが弱い部分というのは、どこなのかという問題があります。

どこにたまる疲れやストレス

例えば体重が100 kg の方がにたまる疲れやストレスいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなりますので体重の半分以上が水で構成されているとことですが水と言っても、単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり、組織の中の水だったり色々な部分に水が存在していますので水に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますから、あと残った40 kg の中に疲れやすですがたまるところが存在しています。
40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。
中枢神経系の大脳、脳幹や脊髄も内臓の一部です。
しかし内臓と言っても病気というわけではありませんので注意してしっかりと説明を聞いてください。
多くの方が内蔵と言うと病気というのをイメージしてしまいますが内臓にも疲れやストレスが溜まって弱っていくということがあるんです
毎日毎日の生活で疲れやストレスは筋肉にもたまりながら一番、奥の内臓に蓄積していきますので内臓に蓄積していくことが原因で体は歪みやズレを起こしていきます。
体の歪みやズレを起こした時に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こしていきますので、この時に重たいものを持ったりしたら腰が痛くなります。

弱い部分にたまる

人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しますので弱い部分には疲れやストレスを多く食べやすくなります。
弱い部分に多くの疲れやストレスが溜まりながら骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こしていきますから歪みやズレが起きた時に重たいものを持ったりすると体を支えることができませんので腰痛として起きてしまいます。
腰痛や腰の痛みが起きる時にはどこの弱い部分に溜まっていくのかという問題がありますが腰と言っても色々なものがありますから筋肉や靭帯や骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていくということで重なった状態で起きていますので単純なものではありません。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

弱いのが腰だから疲れやストレスがたまる

しかしこれらは体の弱い部分に溜まっていきますので弱い部分が腰であれば腰痛が起きるということです。
腰痛は腰の痛みが起きた時には必ず骨盤のトラブルが生じていますのでトラブルからて直さなければいけませんが対症療法という治療法がありますので対処療法という治療法は骨盤の問題は関係なく痛みだけを改善していく方法です。
腰の痛みを楽にしたら普通一般的には直ったと思うでしょう歯治療している先生も直したと思うでしょうが実は骨盤の歪みや骨盤の開きが残っている場合が多くはあり骨盤の歪みや骨盤の開きを起こした裏側にある原因が残ったままになっていますので徐々に進行していくということが起こります。
そして腰痛の方にもう一つ疲れやストレス以外に腰痛に関係するものがありますが腰痛に関係するものは睡眠負債状態です。
最近は多くの形が寝ているようで眠れていませんので寝ている本人には分からないと思いますが眠りがすごく浅くなっています。
眠りが浅いということは大脳が弱って体が弱っていきますので裏側にある原因が進行しやすくなります。

page top