腰痛が起きるときには、

当院は北九州市小倉南区で腰痛、腰の痛み、腰が痛いなら30年の経験がある徳力整体院です。
腰痛が起きるときには、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になるとときに何かをしたら痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのは

内臓に疲れやストレスがたまることが原因で数値的な異常が起きることはあまりなく、数値的な異常が起きる時にはあくまでも病気になっている時です。
病気と言ってるわけではないと説明したように、数値的な異常が何でもかんでも出てしまうことはありません。
人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しますので、弱い部分に多くの疲れやストレスが溜まりやすく、そうでもない部分はあまり痛みやコリになることもなく、歪みやズレを起こすことはありません。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きたら

弱い部分に疲れやストレス

弱い部分に多くの疲れやストレスがたまることが原因で腰痛は起きてしまいます。
例えばですけど、腰痛になる原因の内臓が弱い方が腰痛になっていきます。
腰痛になる原因の内臓がそうでもない場合は、腰痛にはなりえません。
腰痛というのは、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを起こして体を支えることができない時に腰を痛めたり、腰痛になっていますので、どうして骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きるのかという事は内臓に関係があるんです。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腎臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

腰痛を起こしている内蔵というのは腎臓です。
腎臓が弱い方が腎臓に関係する大腰筋と腸骨筋という筋肉のバランスが悪くなることが原因で骨盤が開いたり、骨盤が歪んだり背骨がずれたりということが起こりますので、特に腰椎の4番と5番がズレやすくなります。
骨盤が不安定な状態の時に重たいものを持ったりすることで、体を支えることができませんので、体を支えることができない時に重たいものを持ったり、体をひねったり、何かを取ろうとして手を伸ばした時に腰が痛くなったりします。
腰痛を起こしている原因は弱い腎臓に疲れやすいですが、溜まることが原因で大腰筋と腸骨筋という筋肉のバランスが悪くなることで骨盤が不安定になった時に何かをしたら起きます。

腎臓の弱さ

腎臓の弱さと最近はもう一つ腰痛になったり、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因が存在します。
腰痛を起こす原因というのは、睡眠負債です。
最近は多くの方が寝ているようで、眠れていません。
夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいますが、眠りというのは大脳が休養とって熟睡状態をしている時に寝ていると言えますので、ただ寝ているだけではダメなんです。

寝ているとは

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢を長く見ていたなと思っていても脳が起こすトリックであり、数秒の時間だったということもあります。
腰痛と睡眠負債
誰が見てもスースー寝息を立てているような眠りをしていても、大脳がどういう状態になっているのかということは考えてもいませんし、見えてもいません。
見た目で見て目をつぶってすうすう寝息を立てていることが寝ていると判断していますが、大脳が緊張したり考え事をしたりという感じのことまで分かっていませんし、見えていないということです。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ている時に寝ながら考え事をしてる時間が圧倒的に長くなっているのが最悪な時間になっていますので、寝ながら考え事をしている時間が5時間も6時間も7時間もあるということなんです。
しかし、寝ながら考え事をしている時間というのは、目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠になります。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは大変眠りが浅く、異常なほど体調を落としていますが、大脳が弱っていきますので大脳が弱ることが原因で痛みやこりを感じにくく歪みやズレが酷く起きていても何も感じないという方もいます。

睡眠負債と腰痛

最近は多くの方が睡眠負債状態になっていて、寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっていますので、寝ながら考え事をしていると大脳が急激に弱っていき、脳細胞の減少が起きるということも起こりますので、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあります。
骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあると腰痛になるのは当然です。
北九州市で小倉南区などから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを解消。