腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどがどうして起きるのか

当院は北九州市小倉南区で30年の経験がある徳力整体院です。
腰痛を楽にしていこうと思うなら腰痛の原因になってるものから改善しなければいけませんが腰痛と言うと湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり薬を飲んだり病院に行って注射を打ったりマッサージをしたり鍼を打ったり、指圧をしたり低周波治療器や電気などをしたりという色々な対症療法が多くあります。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

対症療法と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

対症療法というのは原因何かは関係なく表面上の痛みを楽にすることの治療のことです。
確かに対症療法をしてしまうと楽になることはあるんですが原因たるものが残ったままになっていますので原因を残したままだと繰り返しやすくまた痛みがない時でも原因はどんどん進行していきますので腰痛がひどくなるというよりも慢性化状態を招いてしまうというよりもこじらせたり脊椎管狭窄症とかいう病気になってしまうこともあります。
脊椎管狭窄症というのはひどい方は手術で取り除くことしかできませんのでそういう状態が鳴らないようにしなければいけませんが痛みがないからと言って原因がないとは限りません。
腰痛や腰の痛みで起きる時には必ず原因があるから起きているわけですから原因を取り除かない限りは原因が残ったままになっていますので原因もどんどん進行していくということで悪化させる場合があり椎間板ヘルニアが起きたり坐骨神経痛になってしまうということがあります。

悪化する事もあります

坐骨神経痛が起きて足の痛みや足のしびれが起きたり場合によっては進行した状態が足が麻痺した状態になってしまいますので簡単には治療できない状態になってしまいます。
腰痛が起きてしまう時にはどうして腰痛が起きるのかということを考える必要があります。
初回は痛みを楽にすることをしていきます。
楽になったら原因から直さなければ治ることは腰痛はありません。
腰痛や腰の痛みを起こす時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが存在しています。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどと骨盤の歪み・背骨のズレ

骨盤の歪み・背骨のズレから腰痛

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤自体が不安定になってしまいますし骨盤の影響から背骨がずれたりすることが多くあり腰椎の5番目と仙骨の間の椎間板が膨らんできて椎間板ヘルニアになったり神経接触した状態が坐骨神経になりますので坐骨神経痛が起きて足が痛いとか足が痺れるとか進行してしまうと麻痺状態を招いてしまいます。
腰痛や腰の痛みと言うと重たいものを持ったり前かがみをしたり中腰をしたり何かを取ろうとして手を伸ばした時に腰が痛くなったとかくしゃみをしただけで腰が痛くなったとか合わない布団に寝て朝起きたらいつも腰が痛いとか色々な腰痛があると思います。
これらが起きてしまうのも全て骨盤の歪みや骨盤の開きが原因ですが骨盤の歪みや骨盤の開きを整えなくても表面上の痛みを解消両方で楽にすることができます。

筋肉の炎症やハレ

腰痛が起きてしまったらまずは筋肉や靭帯の炎症や腫れを見つけ出して改善していかなければいけませんし筋肉バランスも整えなければいけませんし骨盤の歪みや骨盤の開きを改善していくことも必要になりますし背骨のズレも強制したり椎間板ヘルニアがあればヘルニアを改善することをしなければいけません。
しかし単純にそれだけではなく骨盤の歪みや骨盤の開きを起こした原因があるということです。
骨盤の歪みや骨盤の開きを起こした原因が大元中の大元であり腰痛の根本的な原因になりますから骨盤の歪みや骨盤の開きが腰の痛みを作っている原因ではありません。
普通の整体院やカイロプラクティック院に行かれると骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレをボキボキしたりすることで矯正することをしていますが単純に、これだけではないということなんです。
歪みやズレ

歪みやズレが起きる原因

考えなければいけないのがどうして骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きてしまっているのかということなんです。
普通一般的には誰でも骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレは起きています。
しかし歪みやひらきやズレも、軽いうちは何も感じていません。
軽いうちは何も感じていませんが大きくなったり小さくなったりしているのが歪みやひらきやズレです。
いつも変化していますが最大限広がた時に何をしても痛みになる可能性がありますし何もしなくても痛みになる可能性があるんです。
いつも変化しているものはどうして変化するのかという原因があります。
いつも変化している骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのはある現象でいつも変化しています。
ある現象というのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態に関係しています。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

毎日毎日生活することで運動することで仕事をすることで精神的なプレッシャーや緊張が加えられると体には多くの疲れやストレスが生み出されていきますので生み出されたものが弱い部分に溜まっていきます。
弱い部分が腰痛に関係する部分であれば腰痛を起こすということです。
疲れやストレスの蓄積というのは簡単に考えてはいけないものですが、多くの方は簡単に考えてしまっていますが、疲れやストレスの蓄積が多くなればなるほど、弱い部分にたまりますので弱い部分の細胞が変化していき最終的には病気になる可能性も増えてしまいます。
肩こりの部分が弱い人であれば肩こりを起こし生理に関係する部分が弱い人であれば生理痛を起こした胃腸が弱い人であれば便秘を起こすということになりますので腰痛や腰の痛みが起きている方も痛みに関係する部分が弱いということで疲れやストレスが多く溜まっていっているということで痛みになります。
歪みやズレと原因