腰痛とは

腰痛や腰の痛みを楽に生きていくためにはまずは表面上の痛みを楽にすることからしていますので普通一般的に腰痛と言うと湿布を貼ったり家族の方に揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり、低周波治療器をかけたり電気をかけたり指圧をしたり針を刺したり、病院に行って注射を売ったりと言う方法が多く見られる治療法なんですが腰痛や腰の痛みの原因なんかは関係な、どうして起きているのかと言うことも探すこともなく検査することもなく痛みだけを中心に何かをしているだけでも楽になっていくことがありますので対症療法と言う治療法が多く見受けられます。
腰痛とは

腰痛や腰の痛みとは

腰痛や腰の痛みが起きたりするときにはどうして起きたのかと言うのを本人に聞いてみると重たいものを持ったりして腰が痛くなったとか何かを取ろうとシューター瞬間に腰を痛めてしまったとか前かがみの姿勢で仕事をしていたら腰が痛くなったとか座って仕事をして立とうとした時に腰が痛くて立てなくなったとか寝て起きたら腰が痛かったとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか車の運転をしているだけで腰が痛いとか立ちっぱなしをしているときに腰が痛くなるとかいろいろなことを言われます。
しかしこれらは原因ではなくてすべて切っ掛けです。
腰痛とは歪みやズレ

切っ掛けと痛み

腰痛や腰の痛みが起きるときには切っ掛けと本当の原因が存在しますので、本当の原因から改善していかないときっかけと言うのも原因ではありません。

痛みの原因

腰の痛みと言うのは原因がありますので原因から改善していかなければ痛みだけを楽にすれば腰痛は治ったと思うのは間違いです。
腰の痛みと原因と言うのは骨盤の歪みや骨盤の開きから起きていますが骨盤が不安定になった時に重たいものを持ったりしたら体を支えることができないために捻挫を起こすのがぎっくり腰です。
寝違えと言うのも捻挫の1つですからぎっくり腰と同じように捻挫が起きてしまうと関節が大きいために痛みが強いと言うことになります。
しかし原因がなくて骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたりする事はありませんのでどこからどうして起きるのかと言う原因を見つけ出さなければいつまでたっても骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり背骨がずれたままになっていますので繰り返すことも多くありますし繰り返しながら痛みがない時でも進行していきます。
腰痛とは歪みやズレから
腰痛や腰の痛みと言うのは原因が存在しますので原因を改善していかなければ進行していくと言うことが起きてしまい違った形として表面上に出てくる可能性もあります。

腰痛や腰の痛みとは

腰痛や腰の痛みが起きるときにはどうして起きるのかと言う問題なんですが原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや眠りに問題があることがあります。
疲れやストレスと言うのは人の弱い部分に溜まっていく傾向がありますので弱い部分が腰であれば骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし背骨がずれていくと言う事なんですが抽象的すぎると分かりにくくなりますので1番は弱い内臓に疲れやストレスが溜まっていくと言うことで骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレを起こしていきますが病気と言ってるわけではありませんので注意してしっかりと説明を聞いてください。
人の体と言うのは例えば体重が100キログラムの方がいるとしたら65キログラムは水分で構成されていますので水分が何かを起こすと言う事はないと思いますのであと残った35キログラムの中に問題になるところが存在しています。
体には

原因は体の中にある

35キログラムの中には神経と血管とリンパと皮膚と光脂肪と筋肉と人体とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。
疲れやストレスと言うのは筋肉にもたまりながら体の奥底にあるものに溜まっていくということが内臓に溜まっていくと言うことになります。
内臓に疲れやストレスが溜まっていくと徐々に言版が歪んだり開いたりそして背骨がずれたりしていきますので特に全体的なものを表すのは骨盤で擦るから骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていきますが背骨と言うのは骨盤が歪んだりすると安定状態を失っていきますので歪みを自然と起こしていきます。
腰痛の原因