骨盤矯正でお尻を小さくするなら

どうして骨盤を小さくしていくためにはどうやったら骨盤を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんのでストレッチをしたり運動したり骨盤矯正ベルトをしたりという色々な方法があると思いますが単純に骨盤を締めつければ、いいというわけではありません。
骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしている時には骨盤周辺に多くなってしまったむくみが脂肪も減らさなければいけませんのでいくら骨盤ベルトや腰痛ベルトなどで骨盤を締め付けることをしてもむくみが脂肪が減ることはありません。
骨盤矯正で骨盤を小さくするためには当院ではあることを全員の方にしてもらっています。
全員の方にしてもらうあることというのは自分の骨盤の幅を触って覚えてもらうことなんです。
骨盤の幅を触って覚えておかないと骨盤がどれくらい小さくなったのかということが分からないと思いますので当院ではスタッフが測ったりすることはしていませんしメジャーで計測することもしていませんので自分で変化が分かるようにしているのが特徴です。

計測することはありません

当院のスタッフがメジャーや計測する機械で測っても、位置が違ったりゆるく測ったりきつく測ったりということがありますので、そういうことがないように、自分で分からないと意味はありませんので小さくなったということが、分かるようにしているのが特徴の骨盤矯正です。
そのためには骨盤矯正に入る前に骨盤の大きさや幅などを触って覚えてもらわなければいけません。
骨盤矯正をする時に骨盤の横を触ってもらいますが骨盤というのは小顔矯正とは違ってさらに難しくなっていますので比べるものがないんです。
骨盤矯正とは

比べることができる

小顔矯正をしていく時には鏡で見たりということで比べることができますし自分の両方の手のひらで触って左右さを覚えてもらうことをしていますが、骨盤矯正をしていく時には鏡で見ることもできませんので、自分の両方の手のヒラを骨盤の真横に当てて幅を覚えるしかありませんので幅を覚えるためにも、覚えやすくなるためにも左右差を感じ取るようにしてもらいます。
骨盤の真横に両方の手のひらを当てて少し中心部に押すという行為をしてもらいますが押すのは理由があります。
骨盤の中心部に向けてをするようというのはむくみや脂肪を最低限にするためです。
つまり本当の骨盤の幅を、骨の幅を分かってもらうためにしてもらう行為です。
骨盤矯正とは小尻になる

骨盤の幅が変わる

自分の骨盤の幅を覚えたら今度は触った位置でむくみの度合いを感じ取るようにしてください。
むくみや脂肪を触ったりつまんだりして覚えておかないとどれくらい減ったのかということを確認することができませんので、全て自分で確認してもらえますので、確認するということは簡単なことではありませんので骨盤の部分に、手を当てただけではわかりませんのでしっかりと感じようとしてください。
今まで骨盤矯正に訪れて骨盤が小さくなったにもかかわらずズボンがゆるくなったのは分かる方がいましたが手で触ったら分からないという方がいましたのでわからないということがないようにしっかりと触っていると、分かると思います。
骨盤の横に手を当てるという行為はすごく難しいことですから単純に手を当てただけではなく左右さを感じ取るようにしてもらった方がいいと思いますので骨盤矯正をしている時の骨盤を左右に違いがあります。

骨盤に左右差がある

中心部を境にして右側の方が大きくて出っ張っている感じがするとか骨盤の部分において感じる度合いは違いますのでそれらを覚えようとしないといくらどんなに骨盤矯正で骨盤が小さくなってもわからないということもあります。
骨盤矯正と言っても骨盤が10 CM 20 CM も小さくなることはありませんので骨盤矯正をする時も1 CM だったり2 CM だったりという感じで変化して変わってきますので、たとえ一cm 変わってもわかるように触っておいて欲しいんです。
骨盤矯正をして行く時には、ボキボキもしないし痛くもないと思われる矯正をしていますが電気や機械を使うことは一切ありませんので院長の30年の経験があるての技術だけで骨盤を小さくすることをしています。
骨盤矯正とは小尻になるから安心で骨が

骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正

骨盤矯正をしていくときには骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すれば、いいというわけでもなく浮腫みや脂肪を減らすことは当然なんですが、浮腫み、脂肪を減らすだけではないということです。
骨盤の歪みや骨盤の開きが当然あるわけですけど骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしている原因は骨盤の中にある内臓に、全て関係していますので、便秘がある方や生理痛や生理不順などがある方は全て骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあります。
また生理痛や便秘がないからと言って骨盤の開きや骨盤の歪みが起きていないのかと言うと、そうではありませんので、誰でも多くの場合、骨盤の歪みや骨盤の開きは起きているものです。

浮腫み、脂肪を減らすことも

まずは何と言っても初回から骨盤を小さくすることをしていかなければいけませんので骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正したりむくみが脂肪から減らすことをしていきますが骨盤矯正と言っても一回で終わることはありませんのでさらに内蔵の調整などもしていかなければいけませんが内蔵の調整というのは病気ではありませんから何でもかんでも内蔵と聞くと病気というの関係付けてしまう方が多くいますので関係築けないでください。
骨盤矯正とは小尻になるから安心