肩こりを楽にしていく為には

肩こりを解消するなら原因から

肩こりを楽にしていくためには、どうして肩こりが起きるのか、どうして肩こりになるのかということを考えなければいけませんので、単純に湿布を貼ったりすることではなく、家族の方に肩を揉んでもらったりすることも構まいませんが、原因を考えなければ、肩こりを解消することはできないと思いますので、楽にすることばかりしていると原因はいつまでも同じままではいられませんから進行してしまうということがあります。

肩こりを楽にすること

肩こりを楽にすることと、肩こりを治していくということは全然意味が違いますので、肩こりを楽にすることばかりしていると原因もいつまでも同じままではないということなんですが、多くの治療法というのが肩こりを楽にすることを直したと言っていますので、全然意味が違っていると思います。
肩こりを楽にする治療というのは、湿布を貼っても肩こりを楽にすることができる可能性もありますが、ドラッグストアなどで売っているサプリメントや肩こりに効くという薬などを飲んでも肩こりを楽にすることはできるかも分かりませんし、家族の方にいマッサージをしてもらって楽になることができるかも分かりませんし、整骨院や整体院やカイロプラクティック院などでも多く用いられている、低周波治療器や電気などを使っても肩こりは楽になることもあるでしょうが、これらは全て対症療法というやり方になります。
対症療法というのは原因を見つけ出すことはなく、楽にすることを中心にしていく治療法のことを言いますので、楽にすることというのは、低周波治療器などの電気を持っていればプラス端子からマイナス端子に電流を流すことで筋肉を運動させてもみほぐしたりすることで循環が良くなり、リンパの働きが解消されるという効果はありますが、筋肉疲労がより多く積み重なっていきます。
楽にすることというのは一番簡単な方法なんですが、楽にすることばかりやっていると原因も進行していきますので、原因が進行した状態でこじらせたり悪化させたりしたりすると、今度は同じ治療法をしても楽になることはないということもあります。

肩こりは筋肉から

肩こりは筋肉から起きると思っている方が多くいますが、どうして筋肉がコリを起こすのかこりというのはどういう意味なのかという問題なんですが、懲りというのは筋肉疲労だったり緊張だったり循環が悪くなってリンパの働きが悪くなったことで老廃物が多く溜まったことが凝りという意味になります。
肩こりを起こしている場合、単純に筋肉の疲労や筋肉の緊張や筋肉の凝りだけで本当に起きているのかという問題視をしなければいけませんが、問題視するためには正確な検査をすることができないと状態がわかりません。

肩こりを検査すること

当院では検査をする事をしていますので、本当に筋肉の凝りが起きているのか、筋肉のコリや緊張で肩こりを感じているのかということを見つけ出すことをしています。
肩こりというと筋肉のコリが中心で解消しようと思いますが、湿布を貼ったりマッサージをしたり、電気をしたいということで楽に感じてしまうことも多いようですが、肩こりには筋肉のコリだけではなく背骨のズレが起きていることも多く見受けられます。
筋肉の緊張や筋肉疲労というのも普通は型を使いすぎても正常で生活することでは緊張を起こすことはあまり考えられませんので、かなりの酷使をしない限りは筋肉が緊張したりということは起こらないと思いますので、それでもなおかつ起きる場合は連続使用で筋肉の緊張や疲れが取れないうちに積み重なったものが考えられます。

骨のズレから肩こり

しかし、筋肉というのも骨から骨にくっついているものですから、骨がずれて動いたりすることで、筋肉が伸ばされたり緩んだりしてしまって筋肉が緊張するということはあると思います
骨がずれて動いてしまうことで、筋肉が引っ張られてしまいますので、筋肉の引っ張りから筋肉が緊張していくと固くなっていきますので、固くなっていくとが原因でリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき、循環が悪くなるということで肩こりになることもありますが、筋肉だけではないということです。
しかし、最近多くの方が肩こりというよりも、総合的な体の状態を落としていますので、体の状態を落とすということは疲れやストレスが多く蓄積している状態なんですが、疲れやストレスが多く、たまることが原因で身体の背骨はズレを起こしていきます。
背骨がズレてしまうことが原因で筋肉は引っ張られて肩こりになります。
例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると体重の半分以上は水分だということですから、血液だったりリンパ液だったり色々な水分がありますので絞ることで65キロもの水分が出てきます。

体重の半分が水分

体重の半分以上は水分ということですから、後残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということなんですが、疲れやストレスというのはどこに溜まるのかということが一番の肩こりを解消していくための問題になると思います。
三十五キロの中には皮膚の重さ神経と血管とリンパの重さとそして脂肪の重さ筋肉靭帯の重さ骨の重さと中枢神経系、大脳と脳幹と脊髄と、内臓の重さになります。
この中で疲れやストレスが溜まりやすい所と考えるられるのは、中枢神経系も内臓のひとつですから、内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まると考えられます。
疲れやストレスの多くは内臓に貯まることで内臓の働きを悪くしてしまい、体の内側から崩れを起こしていくということがありますので、最近は色々な状態で内臓の働きを落としている方が多くなっていますので、内臓の働きを落とすことが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます。
特に背骨のズレというのは、内臓に直結していますので、肝臓が弱っていればアルコールに関係なく背骨の8番目の骨がズレを起こしていきますし、腎臓疲労から背骨の12番目がズレを起こしていきます。

背骨のズレから肩こり

背骨の胸椎という骨は全て内臓に関係していますので、背骨のズレが全て内臓の疲労を表しているということですから、内臓に疲れやストレスがたまることが原因で背骨のズレが起きるということが多く疲れやストレスが溜まりすぎることで椎間板ヘルニアが起きているという方までいます。
椎間板ヘルニアというのも特別なものではなく、誰にも起きているものなんですが、それに気がついていない方が多くいるということです。
疲れやストレスが溜まりすぎると、誰でも背骨がずれて背骨がずれることが原因で椎間板が潰されたり、圧迫されたりしますので、ヘルニアになっていきます。
肩こりというと筋肉だけでコリが起きたりすることはないと今まで30年の経験がある院長は思っていますが、多くの肩こりの方の場合、筋肉のコリを湿布を貼ったり、電気をかけたり、マッサージをしたりすることで楽に感じてしまうことがありますので、原因がお隣になってしまい置き忘れてしまっているということで原因を進行させてこじらせている方が多くなっています。

歪みやズレから肩こりに

色々な症状というのは、腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘なども骨盤の歪みが原因で起きているということを説明すると思いますが、骨盤が歪んでいるから、これらの症状が起きるというものではなく、逆の場合が多くあります。
腰痛を起こす内臓に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが大きい腰痛になっていきます。
肩こりを起こす内臓に疲れやすですが、溜まると歪みやズレになりますので歪みやズレから肩こりが起きるということです。
生理に関係する内臓に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きていきますので、生理痛になりやすくなります。
北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりの解消にかけては一番です。

page top