肩こり、肩の痛みを解消

肩こり、肩の痛みとは

当院は北九州市小倉南区で肩こり、肩の痛みを解消して30年の経験がある徳力整体院です。
当院では肩こりを楽に解消していくためにはボキボキしたり痛いこともなく電気や機械を使ったりすることもありませんので安心して受けてもらうことができます。
肩こり、肩の痛み

 

最近は昔のような肩こりの方は少なくこじらせたり悪化させたりして肩こり起こしている方が多くいますので肩こりだけではなく肩の痛みとして感じている方も多くいます。

肩こり、肩の痛みとは

肩こりと言うと、誰でも思うのが筋肉のコリというイメージが多くの方にありますが、テレビや雑誌の特集でも筋肉のコリばかりだと説明していますが肩こりというのは筋肉のコリばかりで起きるものはありません。
肩こりというのは病気の可能性もありますが最近、多くのテレビなどで紹介されている内臓との関係を疑われることもあるんですが、何でもかんでも内臓の問題というわけではなく違う原因からも起きていることを考えなければいけません。

肩こり、肩の痛みを楽にする方法は

肩こりを解消するためには、病院で注射を打ったり、ストレッチをしたり、ネックレスをしたりツボを押したり、肩こり解消グッズをしたり、マッサージをしたり、肩甲骨を動かしたり肩甲骨をはがすとかいうことも言われてしまいますがサプリメントを飲んだりすることもあります。 また低周波治療器や電器もあります。
肩こり、肩の痛みと低周波治療器や電器

 

肩こり、肩の痛みは人それぞれ違う原因がある

肩こりと言うと、どの方法を試せば効果があるのか、良くなるのは皆さん違いますので一概に知り合いから良いと言われて行ってみたら、実は良くなかったとか、紹介されて行ってみたら、あまり効果がなかったとか、よく言われることなんですが、肩こりと言っても、実はいろいろな肩こりがありますので単純な筋肉のコリだけで起きていることはありませんので、人それぞれ千差万別に原因が存在しています。
肩こりの方が遠いんでも合うとか、合わないとか思うのは、ご自分の状態が違うからですし、 悪さも違うからです。

 

全てが同じことをやっていていいのかと言うとそうではありませんから、個人個人に合わせた確認をしながら矯正を行うことをしなければいけないんですが、簡単にマッサージしても湿布を貼っても肩こりが楽になる方もいれば、そうではない方もいるので、それに合わせて対処していかなきゃいけないということです。

 

当院でも二回か三回ぐらいで肩こりが楽になる方もいれば、半年や一年かけないと肩こりが楽にならないという方までいます。
まずは、

①肩こり、肩の痛みを楽にすること

筋肉を揉んだりほぐしたりマッサージしたり、コリをほぐしていきます。
普通では起こらないんですが、この段階で筋肉のコリではなく筋肉が炎症やハレを起こしている方もいます。炎症やハレは揉んでも取れませんから、炎症やハレを解消する技術を使う必要があります。また筋肉だけではなく肩周辺の骨も炎症やハレを起こしている方も多くなっています。骨の炎症やハレは鎖骨、肩甲骨、肋骨、肩の関節の骨などが炎症やハレを起こしている事もありますが、これは通常ではありませんから検査ができて解消できる治療院ではないとわからないと思います。
当院では炎症やハレを見つけ出すことや治療を行う事ができますが。
肩の筋肉、骨の炎症やハレは普通ではわかりませんから矯正する事もできません。そして、どうして、どこから炎症やハレが起きているのかも見つけ出すことをしないと繰り返されます。

② 背骨のズレを矯正

多くの場合、肩こりと言うと筋肉のコリや緊張や筋肉疲労だけではなく背骨のズレを伴って起きていますので、背骨のズレを矯正しなければ筋肉は引っ張られたままになりますからリンパの働き悪くなって老廃物が多く蓄積していくということが起きます。
筋肉は、骨から骨にくっついているものですから骨がズレて動くことで筋肉は引っ張られたり、反対側は緩んだりしますから引っ張られたり緩んだりすると流れが停滞気味になりますので、リンパの働きは当然悪くなり老廃物が多く蓄積しています。
背骨のズレが大きくなってしまうと骨と骨の間にある軟骨または椎間板が膨らんだり飛び出てきますので椎間板ヘルニアという状態になることもあり神経を圧迫したら痛みになることもあります。
筋肉の問題だけで起きている場合は筋肉のコリとして感じていますが大きくズレが起きていくと椎間板圧迫してしまい椎間板ヘルニアになっていきます。
椎間板ヘルニアというのは特別なものではなく誰でも大きくして骨がズレたりすると起こります。
椎間板ヘルニアが起きるのはそれだけ良くないということです。

③ 背骨のズレを起こした原因

何も原因がなくて背骨がズレたりすることはありませんので、背骨というのは中枢神経系を守っているものですし、横に自律神経もありますから背骨がずれたりすると、自律神経にも影響が出てしまいますので、簡単に曲がったりすることもではなく、猫背でも曲がったりすることはありませんし、姿勢が悪いからと言って曲がったりすることはありません。
しかし今まで30年間で肩こりの治療をしてきて一人として、背骨のズレがない方はいませんので、必ず背骨のズレを伴っているんですが背骨のズレも原因があるからズレているわけです。
ということは背骨がズレる原因を探さなければいけませんし、そのためには検査することをしています。

 

④ 眠りのトラブルから肩こり、肩の痛みに

眠りというのは大脳が休養とって脳が眠れていることを言いますので脳が眠れていることを熟睡と言います。 例えば、6時間睡眠時間があっても熟睡している時間というのは30分もないそうです。
この30分があるのか、ないのかで、寝ているのか眠れていないのかで決まります。

 

肩こりや肩の痛みが起きる時には体調をすごく悪くして起きている方が多くなっていますので体調を通す時には一番は疲れやストレスだけではなく眠りの問題も深く関係してしまいます。 しかも自分でも気が付いていない睡眠負債という問題になっている方が多くなっています。

不眠症と肩こり、肩の痛み

最近は多くの方が眠りのトラブルを抱えていますのでうまく眠れていなくて肩こりになっている方が多くなっていますので眠りというのは不眠症と睡眠負債という言葉があります。
不眠症というのは夜寝ようとする時に寝つきが悪く寝るまでに1時間も2時間もかかってしまうことや夜中に何回も目を覚ましたり目が覚めましたら1時間も眠れなかったり場合によってはすぐ眠れることもあるという感じが不眠症です。
また夢ばかり見て寝た気がしないというのも不眠症ですけど意識しなければ自分で辛さを感じないこともあります。 しかし最近は不眠症の方が長い期間悪くなってしまうと脳の中から出てくる脳内ホルモンの一部であるモルヒネに似たホルモンが出てくると痛みやコリも感じにくく自分でも状態がわからなくなっていて、体調が良いという感じまで言うか違います。
つまり体調が悪くなっているのがわからなくなっていて痛みやコリがないからと言って体調が良いと思っている方が多くなっているんですが検査してみると異常と思えるほど悪くなっているのが分かります。
眠りが浅い方が、体調はいいことはありませんし、調子はいいとは考えられません。 つまり自分の状態がわからなくなっているということですから、ひどい肩こりになっている方が多くいると思います。 それだけ悪くしてしまってやっと肩こりとして感じているということですから。
つまり悪化させたりこじらせたりという状態で厄介な状態になっている肩こりの方がいるということです。このような状態の方が普通にマッサージをしてありサプリメントを飲んだり肩甲骨を動かしたり首や肩や腕を動かしたりしても効果はありません。
肩こり、肩の痛みと睡眠負債

睡眠負債と肩こり、肩の痛み

睡眠作用の方は不眠症とは違って夜寝ようとする時に朝まで目が覚めることはありませんが夜寝ようとする時にすぐ眠れて寝ながら考え事をし時間が圧倒的に長くなっていき目が覚める瞬間に夢を見て目が覚めます。
多くの場合夢の記憶は残るんですが寝ながら考え事をしている時間が長くなっていることでわからなくなっているんです。
そういう状態が長く続いていると内臓や中枢神経系も弱っていき色々な部分に不具合が起きているんですがあちらこちらが悪いというよりも、特に悪いところがひどく悪くならないと症状を起こしません。
最近は検査をしてみると、 生命機能の中枢である生きていく部分である中枢神経系がすごく弱っている所か疲弊したり衰弱状態になっている方が多くいます。
ここまで悪くなった方が簡単に短期で回復することはありませんので当院ではマッサージをしているわけではなく体を治すことをしていきますので治すためにも体を整えていくことから始めていきます。
肩こり、肩の痛みと睡眠負債と中枢神経

体質改善と肩こり、肩の痛み

当院では体質改善という治療法がありますが体質改善の治療は初回や2回目ではできるものではありませんが体の準備をしていかないとまたは整えていかないとできない矯正方の一つです。
体質改善という治療法は大元中の大元を変えていく治療法ですから簡単な方法ではありませんが変えていくことで変わらないものを変えることができますが、しばらくの通院が必要になります。
肩こり、肩の痛みと体質改善

 

北九州市小倉南区小倉北区と八幡東区、戸畑区、若松区と門司区と行橋市と八幡西区から多くの方が訪れています。

page top