肩こりを楽にしたり、改善するために

肩こりを楽にしたり、改善するために

肩こりを楽にしていくなら

北九州市小倉南区で肩こりを楽にしたり、解消したり、改善したり、和らげるためには、筋肉から揉んだり、ほぐしたり、和らげていきます。

 

そうすると多くの肩こりは楽になりますが、楽になっても、本当の意味で直ったと言うことではありません。

 

楽にすることと、肩こりを直すということは違います。

 

 

肩こりとは

肩こりには、肩こりになる理由がありますので、筋肉を揉んだり、ほぐしたり、柔らかくして楽になっても、楽にしただけであり、直した訳ではありません。

 

筋肉を楽にする方法は色々ありますが、湿布を貼ったり、サプリメントを飲んだり、体操したり、運動したり、筋肉を鍛えたり、電器をしたり、揉んだりする方法が一般的です。

 

この施術は肩こりは筋肉だと決めつけているせいです。

 

当院の院長である私が30年間以上、肩こりを見てきましたが、私は特殊な検査をする事ができますので、肩こりは筋肉だけで起きるものでは
ないと言えます。

 

しかし筋肉を揉んだり、マッサージしたりすると多くの方の筋肉は、ほぐれて楽になっていきます。
しかし、考えて下さい。

 

どうして筋肉のコリが起きて肩こりになったのか?

 

それが、本当の肩こりの原因になります。

 

肩こりの原因

肩こりには肩こりになる原因がありますから、なにも検査することをしなくても、揉んだり、マッサージしたりすることで楽になりますが、そこには、肩こりが、どうして起きるのか?

 

その理由を考えて改善はしていません。

 

肩こりを揉んだり、マッサージしたり、電器をかけても、楽になりますが、痛み止めと言うか、コリ止め
の効果はあります。

 

痛みが起きたら、痛み止めの注射を打ったり、歯の痛みが起きたら、痛み止めの薬を飲みます、また生理痛でも、痛み止めの薬を使いますが、あくまでも痛み止めの効果はあると言う意味になります。

 

それでしたら短期間で改善は可能でしょうけど…

 

本当の肩こりを直そうと思ったら、短期では済みません。

 

肩こりは

しかし今まで肩こりを感じて、湿布を貼ったり、サプリメントを飲んだり、電器をかけたり、マッサージしたりして楽にしたり、良くしたりしていた方は、それだけ、こじらせているので、いつかは、、同じ方法では効果が無かったりしていく場合もあると思います。

 

 

と言うのは、肩こりが起きたら一時改善をして、楽にする、しばらくは肩こりが楽だ、→ また肩こりが起きた → 同じ方法で肩こりを楽にする → 肩こりが楽になる → しばらくは肩こりが楽に → また肩こりを感じだした → そろそろ違う施術がないか、探す → そこにいくと楽になる、→ しばらく楽になる → また肩こりになる と言う具合でしょうか?

 

肩こりの原因

肩こりの原因は、筋肉の使い過ぎということもありますが、最近の肩こりは以前とは違い、スマートフォンを見たり、操作したり、首を曲げてみることも肩こりの一因になっています。

 

首を極端にまげて画面をみることが多い為、筋肉疲労が強くなり固まってしまうようなことが起きてしまいます。

 

また、荷物を持ったり、車の運転をしたり、手や指先を使えば、使うほど筋肉疲労がたまっていきます。

 

筋肉疲労のたまる先は、首だったり肩だったりしますので、その蓄積が肩こりになります。

 

また、それだけではなく、疲れ、疲労がたまってくると体に取ってはストレスにしかなりませんので、ストレスの蓄積で他にも筋肉の問題が起きてしまいますし、骨盤の歪みや開きが起きて、背骨のズレも起こります。

 

このように日常で蓄積させていく疲れが疲労になり、それが抜けにくくなっていきます。

 

 

体にとっては疲れ、疲労はストレスになり、ストレスの蓄積が多くなると、筋肉のトラブルが自力で解消できなくなり、骨盤の歪みや開きが起きて、背骨のズレが起こります。