小顔矯正で小顔になる為には

小顔矯正をして顔を小さくしていくためにはむくみや脂肪を減らしていくことでも顔が小さくなっていくと思うんですが小顔矯正というわけですからむくみや脂肪を減らせばいいというわけではなく顔を小さくする矯正を行わなければいけません。
小顔矯正を希望されて訪れた方の多くがただ顔を小さくしたいとか小顔になりたいという希望だけを伝えているんですが小顔矯正をして行く時には一番関係するのが体の状態に深く関わりを持ちます。
小顔矯正とストレッチ

小顔矯正と体の状態

体の状態というのはご自分で感じている感じていないに関わらず多くのトラブルを起こしている場合がありますのでトラブルを起こしているのが多ければ小顔矯正をして行く時に一番減らさなければいけない問題でもありますし厄介な問題にもなっているということなんですが小顔矯正を受けて顔が小さくなった方の多くが維持することや持続性はありますかと質問されますがそれも自分の体の状態に深く関係を持っています。
当院の小顔矯正は無理やりな小顔矯正ではありませんしボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしていますが小顔矯正をしている時に身体全身に溜まった疲れが蓄積疲労を減らさなければ顔を小さくすることはできません。

体の状態と小顔矯正

小顔矯正をして行く時には何よりも一番深く関係があるのがご自分の状態つまり体調ということですから体調が良い時も悪い時も何も感じていない時もご自分で調子がいいと思っていても客の検査が判明することがありますので自分の体調が悪い状態が長く続いていると麻痺した状態になってしまって自分の状態が正確に把握できていない方も多くいます。
小顔矯正を希望されて訪れた方のほとんどの方が状態はどうですかとか体調は悪くないですかと聞くと全員の方が同じ答えを返してきます。
小顔矯正と蓄積疲労

体調と小顔矯正

同じ答えというのは体調は悪くありませんとか調子はいいですと簡単に答えていますが検査をしてみると多くの場合、体調が悪いという判断になっています。
体調というのはご自分で判断できる人もいれば判断できにくい人もいますので体調が悪いと判断できている方も状態に慣れてしまうとあまり悪さを感じなくなってしまうこともあります。
またご自分で体調がそれほど悪くないと思っている方も眠りの問題を持っている方ほど麻痺した状態や自分の状態がわからなくなることもありますし痛みやコリが起きているような状態になっていてもそれを感じていないということもありますので眠りが浅いということは脳が弱っていき弱れば言われるほど痛みやこり自分の状態もわからなくなることもありますので正確な判断を期するためにも検査することをしています。

小顔矯正を希望しても体調が悪いと

普通一般的に検査をしてみると小顔矯正を希望されてきた方全員が体調がいいですと言う割には検査をしてみるとガタガタ状態になっている場合がありますし特にむくみが多くなる時には体調を落としているからむくみが増えてしまっているわけですからむくみというのは水つまりリンパの働きができていない状態で老廃物が多くたまっていることが原因なんですが溜まる原因やリンパの働きの低下で起きている問題というのは体調の状態を表していますので調子がいい時にはリンパはしっかりと何もしなくても流れています。
体調が悪い時ほどリンパの働きも悪くなり老廃物が多くたまって浮腫みになるということですから何も原因がなくて浮腫みが起きているというのがあるとすれば大変なことになっていると思います。
小顔矯正と浮腫み
最近小顔矯正を希望されて多くの方が訪れていますが全員の方が疲れや蓄積疲労やストレスを多く貯めてしまっていてさらに眠りが浅くなっている方がほとんど全員だと言えるぐらい多くなっています。
眠りが浅いということは脳が次第に弱っていき弱っただけではなく疲弊したり衰弱状態になってしまいますので目が覚めなければ寝ていると考えるのは間違いだと思います。

睡眠と小顔矯正

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので大脳が休養とって寝ていることを熟睡していると言います。
小顔矯正と小顔
単純による寝ようとしてすぐ寝つきが良くて朝まで目が覚めないからと言って寝ているわけではなく眠りが浅い状態を続けていて寝ながら考え事をしている時間があって行けなくなっていると考えているわけですから脳が寝ているわけではなくその状態で目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残らないために寝ていると感じがしている場合がありこういう状態の方が体調は良いとは言えないしむくみや脂肪が増えていき体の状態もガタガタで骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きて神経や血管やリンパの流れが悪くなり内臓の働きが低下状態を招いていて顔にむくみや脂肪が多くなり顔が徐々に大きくなっているということがあります。

page top