本当に小顔になるなら

小顔にできる小顔矯正

小顔矯正とストレスと眠り

小顔矯正をして始めから顔が小さくなっていく小顔矯正が人気があります。小顔矯正をして行くときには、本当に顔が小さくなるのか、小さくなっても持続することや維持することができるのか一番、気になると思いますので説明していきます。
まずは小顔矯正をする時には、どうやって顔を小さくすることをしているのかと言うとマッサージをするような感じで痛くもなく怖くもなく顔が小さくなる小顔矯正をしているといった方が近いと思います。
小顔矯正
しかしマッサージをしている訳ではありません。マッサージをして顔が小さくなることはないと思います。
誰が見てもマッサージをしているようにしか見えませんから、本当にマッサージをしているような感じで顔を揉んでいるだけですからマッサージ感覚で顔を小さくすることができます。
ボキボキもしません。痛くもないと思う小顔矯正です。
顔を揉んでいくと顔が徐々に小さくなっていきます。
マッサージ感覚でする小顔矯正ですけど簡単にしてできる技術ではありません。簡単にしている技術ほど難しいものはありません。
当院の小顔矯正は特殊な小顔矯正をしていますから当院の院長の手の技術だけで顔が小さくなるので、低周波治療器や電器などの手は借りません。
小顔矯正をして行くときには手の技術力のみで小さくすることができます。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には検査する事をしています。顔の検査や体調の検査が中心になります。今まで小顔矯正を30年してきて検査する事ができるから全員が顔が小さくなっていますが、中には小さくなったにも関わらず小さくなったのがわからない方もいます。
これは睡眠負債がおおくある方です。
小顔矯正と睡眠
小顔矯正に入る前に顔を触っておぼえてもらいます。自分の顔の幅や大きさを触っておぼえることをします。しかし、これが簡単ではありません。
簡単に触った方ほどわからないという事があります。
小顔矯正と言っても顔が10センチも20センチも小さくなることはありません。顔が1センチだったり2センチだったり3センチだったり小さくなりますが小顔矯正をしてみないとどれくらい小さくなるのか、わかりません。
例え1センチ小さくなっても、わかるように触って欲しいのですが。
他人、スタッフが測ると位置が違ったり、ゆるく測って小顔矯正をしたあと強く測ると小さくなります。これは小さくなったのではなく詐欺と同じです。
しかし自分で顔の大きさを確認できるので比べることができます。
そして小顔矯正に入る前に顔の大きさをおぼえてもらいますから、小顔矯正に入る前は、このくらいの大きさだと感じてもらいます。そして小顔矯正に入った、あと小さくなれば小顔になったと言う訳です。
しかし簡単なようで簡単ではありません。
人間の触ることは手だけで触ってしまうとわかりませんし記憶があいまいになります。
小顔矯正と言っても短期で集中して顔を小さくすることをしています。時間をかければ良いという訳ではありません。時間をかけると顔が小さくなるかと言うとそうではありません。
1回で顔を小さくするのも限界があります。1回で終わる小顔矯正はありません。というのも考えてみてください。顔が小さくなっても体がガタガタでは意味ありませんし顔が小さくなったのがキレイに見えません。
ですから2回目か3回目の時には体の調整にも入ります。体の調整に入るとウエストまで細くなっていきます。

小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正をして行くときには疲れやストレスのたまり度合いが一番の難敵になります。当院では検査する事をしていますから検査してみると疲れやストレスの蓄積度合い多くある方ばかりです。
小顔矯正とストレス
疲れやストレスが多くたまると必ず骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレを起こしています。
疲れやストレスがない方はいません。疲れやストレスをわかっていない方はいます。わかっていない方は睡眠負債が多くある方です。
疲れやストレスはたまるところがあるからたまっていきますから、どこにたまるのか、疲れやストレスは筋肉にもたまりますが、ある部分に多く何十倍も溜まっていきます。
しかも2通りのたまり方があります。
毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスたまっていきます。疲れやストレスがたまる所があります。
例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。
中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)も内臓の一部です。
つまり疲れやストレスは内臓と筋肉にたまりますが、内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。
しかし病気ではありません。いくら検査しても健康だと言われます。
疲れやストレスの蓄積は内臓にたまっていきます。
内臓に疲れやストレスがたまると筋肉よりも内側にありますから体の中から崩れていきます。この崩れが顔にも影響を出します。

小顔矯正と睡眠負債

小顔矯正と睡眠負債が深く関係します。睡眠負債と言うのは寝ているようで寝ていない方です。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。
誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。
例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。
不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。
今の不眠症の方は睡眠負債になっています。
眠りが浅い睡眠負債は脳を弱らせていきます。脳を弱らせるとイライラしやすくなります。脳が弱ると脳の中に老廃物が多く溜まっていきます。
小顔矯正とストレスと眠り
脳が弱ると脳細胞の急激な減少を招きます。
小顔矯正と脳の問題は近いからという訳ではなく密接に関係があります。
特に睡眠負債が多くあると持続性はありません。つまり維持することはできません。

小顔矯正とは

小顔矯正をする時には顔だけしていると効果がなかったり維持することがなかったりしています。小顔矯正をする時には検査することから始めて行きますが、小顔矯正を希望してきていますから顔を小さくしていく事をしないと納得してもらえません。
小顔矯正の1回目と2回目はできるだけ顔を小さくしていく事をしています。
次回からは顔と体の調整に入ります。
そうすると持続力が上がりますし、上がるだけではなく、さらに顔が小さくなります。
当院の小顔矯正は顔だけではなく全身が変わる小顔矯正をしています。
小顔矯正と言っても顔だけ変えれば良いという訳ではなく全身をしていくと全身が細くなっていきます。
小顔矯正といっても時々、きて受ける方よりも続けて受けるようにした方が効果は絶大に違います。


page top