小顔矯正で小顔に

小顔矯正で小顔になれる

小顔矯正をするときに初回から顔が小さくなる矯正をしていますので、人気があるんですが初回から顔を小さくするためには何かを減らすことをしないと顔が小さくなりませんので初回から減らすべきものと言うのは、むくみや脂肪から減らすことをしていきますが、むくみや脂肪を減らせばいいわけではありません。
小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をするときには一般的にはむくみや脂肪が対象になる場合が多くあるんですが、むくみや脂肪を増やしてしまった原因が裏側に存在すると言うことがありますので、単純にむくみや脂肪を減らせばいいわけではないんです。
普通一般的にはむくみや脂肪と言うと運動不足や炭水化物や糖分や油分の摂取が多かったり、食べていなくても高いカロリーのあるものばかり食べていたりすることが原因で脂肪を増やしてしまうということがあるんですが、むくみや脂肪と言うのを同じようにとっている場合がありますが、むくみと言うのは脂肪とは違って水ですから水分になります。

脂肪やむくみ

脂肪と言うのは、脂肪の塊があると言うことになりますので、脂肪と言うのは運動不足と言うことも考えられますし、糖分や油分や炭水化物などの水分が多かったり、高いカロリーのあるものを食べているということもあるんですが、体のことを思えばわかりやすいと思いますので、体の場合、むくみや脂肪が多くなってしまうと運動不足だとか糖分や油分や炭水化物の摂取や高いカロリーのあるものを食べすぎたりすることがあると、むくみや脂肪になっていくと言うことで太って行きます。
しかしむくみと言うのは本質的に違いますので、むくみと言うのはリンパ液なんですがリンパ液が、どうして滞留してしまっているのかと言う問題がありますので単純にリンパ療法やリンパマッサージのように流せばいいわけではありません。
リンパと言うのはリンパ節やリンパ管が働いて血管で回収される以外のものを回収したり老廃物を流すことを目的としてあるものですから面には内臓から内臓と言うわけではなくてその他の血液が吸収できない部分の老廃物や水を流すのが目的です。

リンパ液とは

リンパ液と言うのは流れていなければいけないんですが血管
の中の血液が流れないと言う事は大変なことだとわかりますがリンパ液と言うと何もわかっていない方が多くいますので最終的には鎖骨の下にある静脈に流れていきますので血液に統合されていきます。
つまり血液の中に入っても大丈夫な部分だと言う事なんですがその水が流れていないと言う事は大変なことだと思いませんか?
最終的に鎖骨の下にある静脈に流れて心臓のほうに戻っていくんですが血液と一体化すると言うことを考えればリンパ液が流れていないと言う事は大変なことだと思いますので、どうしてリンパ液が流れていかないのかと言う問題も探す必要があると思います。

小顔矯正をするときに

小顔矯正をするときに脂肪やむくみを減らすと言うのもあるんですが、それだけではなく、日常で多くなっていく疲れの蓄積が1番問題といえますので疲れが多く溜まることが原因でありと、あらゆる働きが悪くなり流れも悪くなっていきますので、流れが悪くなる結果リンパ液が溜まって老廃物が多く溜まると言う現象が起きて、代謝が悪くなって行きます。
しかし疲れの特性として
疲れの特性として考えられる事は一過性で私が感じ取ることができません。
仕事をして『あー今日は忙しかったから疲れたなぁ』と思っても、しばらくすると消えていき忘れたようになっていきますが疲れは残っています。
料理を作っても掃除をしても洗濯を干しても疲れは生み出されていきますので疲れは1時的に感じるんですが、しばらくすると消えたように忘れていきますが残っています。
。運動してもジョギングをしても、筋トレをしても体操してもストレッチをしても疲れは生み出されていきますので、疲れは大半は消え去ることもなく残ったままになっているんですが感じないだけなんです。
感じないで溜まっていき、また同じことを繰り返して溜まっていきさらにまた溜まるということが、積み重ねで起きていくと、どんどん疲れは増えていき増えたものがストレスとして変換されてしまいますので疲れやストレスから、むくみや脂肪が多くなっていくと言う現象が起きていますので運動不足や食べるものだけではありません。

疲れやストレスの蓄積と小顔矯正

小顔矯正をしているときに体に多くの疲れが蓄積したままになっているとむくみや代謝が悪くなり脂肪が多くなることで顔が徐々に大きくなっていき体も大きくなって脂肪やむくみが増えていく現象が起きて顔と体全体が大きくなっていきますので小顔矯正をするときに体の調整もしなければ維持することもできませんし代謝が悪いままになっていると言うこともありますので体の状態を確認しなければいけませんが疲れの蓄積と言うのも本人が感じなければいけないものが感じなくなっていると言う現象が非常に厄介なんです。

 

 

 

 

 

page top