小顔矯正

小顔になれる小顔矯正

小顔矯正をする時にはボキボキしない痛くない怖くない顔を無理に押さえつけたりすることもなく顔を小さくする小顔矯正をしています。
小顔矯正
当院の小顔矯正は院長の30年の小顔矯正の経験から 特殊な小顔矯正をしていますので他の小顔矯正とは違います。
小顔矯正をしていくときには 電気や機械を使うことは一切ありませんので そしてエステみたいに何かのクリームを塗ったりすることもありませんけど 肌がモチモチになったりツヤツヤになったり することは あります。

 

当院の小顔矯正は院長が小顔矯正をしていくときには どういう風にして調整をしていくかと言うとマッサージをするようにして顔を小さくすることができますので 特殊な技術を 持っています。

 

小顔矯正をしている時にはマッサージをするようにして顔を小さくすると言いましたが マッサージをしているわけではありません。

 

マッサージするみたいにして顔を小さくすることができる 特殊なテクニックです。

 

誰でも真似できるものではありませんが分からないかが 小顔矯正を見ているとマッサージをしているようにしか見えません。

 

専門家の先生が横で見ていると 本当にマッサージをしているようにしか見えませんがそれでも顔が小さくなるんです。

 

簡単そうに見えるテクニックほど難しく誰でもできるというものではありませんのでそれほど高等テクニックです。

 

小顔矯正をする前には

 

当院では小顔矯正をして行く前に ご自分の両方の手のひらで 顔を覆うようにして 触って覚えてもらいます。

 

つまり小顔矯正をする前と 小顔矯正をした後を比べることができます。

 

どれくらい小さくなったのか どこが変わったのかということが 分かります。

 

しかし院内には鏡を置いていますので鏡で見るよりも両方の手のひらの感覚を 大切にしていますので感覚でみてもらうようにしています。

 

そのため両方の手のひらを広げて顔を触るということは大変難しく簡単なことではありません。

 

簡単に触った方ほど分からないという方もいますので、しっかりと集中して触るようにしてください。

 

顔を触る時には顎の部分で両方の手首をくっつけるようにして 指と指を広げて顔全体を触るようにします。

 

親指は顎の 外側で小指はホホ骨の辺りが一番、理想的です。

 

そしてただ手のひらを広げて顔を触るんではなく 右側が大きいとか左側が出っ張っているとかそういったのを感じるようにして触ります。

 

顔というのは左右差が必ずありますのでその左右さを感じるということになります。

 

この時に左右差がわからないといくら小顔矯正をしても分かりませんので必ず左右差を感じるようにしてください。

 

鏡で見て左右差を感じるのではなく手のひらで左右差を感じるようにすることが大変難しいので簡単なことではありません。

 

何回も言いますが簡単に触って手のひらを移動してしまったほど分からなくなっていますので手のひらを移動させないで一箇所だけ触って覚えるようにしてください。

 

人の記憶力というのは 覚えていることは簡単にはできませんので一箇所だけ触って覚えると 小顔矯正で顔が小さくなったということがわかります。

 

手のひら全体を移動させることなく全体を覚えるとが顔を小さくしていくということに大切なことになりますので全体を覚えるようにするわけです。

 

小顔矯正に入る

 

小顔矯正に入る時には 治療する台に寝てもらいますが 向きに寝て 力を抜いてリラックスしていてください。

 

顔を無理に押さえつけたり痛いということもないし強いということもありませんので力を抜いてリラックスして寝ているだけです。

 

本格的に小顔矯正に入る前に院長がもう一度先ほどと同じようにして顔を触ってと言いますので もう一度、顔を寝たままで触ってみてください。

 

この時に 両方の手の甲の部分に院長が良ておきますので顔を触る時はこういう風にして触ると説明しながら今どちらが大きいですかと言いますのでその時こそしっかりとわかると思います。

 

つまり、そこまでしないと感覚神経というのは大変多くの方が働きにくい状態になっています。

 

それを覚えることができたら本格的に小顔矯正に入っていきますが小顔矯正を進行途中に1分か2分ぐらいしたら院長がもう一度顔を触ってみてくださいと言いますのでその時にもう一度、触ってみるとたった1分か2分の時間ですがもう顔が小さくなり始めています。

 

この時に分からなければ、どんなに小さくしても分かりませんので、この時に分からなければしっかりと触って覚えるようにしてください。

 

小顔矯正と言っても長くすれば 顔が小さくなるかと言うとそうではありません。

 

小顔矯正をしていくときに理想的な時間があります。 それは約20分ぐらいの時間です。

 

20分以上しても逆に効果はなくむくみやすくなりますから理想的な20分ぐらいの時間で集中して顔を小さくすることをしていますので実際には20分以上の効果があります。

 

しかし実際にしている時間は約20分くらいだと思います。

 

体調が悪いと戻りがある

 

小顔矯正をしている時に一番重要なものがあります。

 

それはご自分の体調と眠りの問題と内臓の状態とリンパの状態と歪みやズレの関係と 疲れやストレスです。

 

疲れやストレスの蓄積で 骨盤の歪みは開きまた背骨のズレが起こりますので内臓の働きも悪くなってリンパの流れが悪くなって老廃物が多く溜まっていきますのでこんな状態のことを体調が悪いと言います。

 

最近は体調の悪いというよりも体調が悪すぎる方が多くなっていますので悪すぎる方は 夜に出たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方ほど 体調が無茶苦茶と言っていいほど悪く なっています。

 

おかしいでしたら寝つきが悪かったり1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めたり夢ばかり見たりということが不眠症でしたが最近は睡眠負債という言葉があるように見えているつもりになっている方が多くなっています。

 

寝ているつもりというのは夜に寝たら朝まで目が覚めないという状態の睡眠なんですがその中でも夢を見ている方がまだ 寝ている睡眠になるくらいの睡眠で寝ながら考え事をしているという睡眠です。

 

多くの方が寝ながら考え事をしている睡眠になっていますので妄想に近い状態の睡眠ですからほとんど寝ているだけで眠れていません。

 

眠れていないということは睡眠負債が多くなって脳疲労が強く怒りますので脳疲労が強く起これば脳麻痺になって痛みやコリを感じないということが起こりますし風邪を引くこともできないし熱が上がるということもありません。

 

脳が元気だから風邪引くことができますし熱が上がっていきますのでローが弱ってしまっている方は痛みやくりも感じないしどんなに歪みが何が起きていても内臓の調子が悪くても最終的にならないと感じません。

 

痛みやこりを感じないということは内臓の病気の進行も早く 認知症や痴呆になりやすくなったり 心筋梗塞や脳梗塞になる可能性がどんどん増えてしまいます。

 

最近は年齢に関係なく病気の進行が早くなっていますので病気の進行が早い条件として考えられるのは体調の悪さだからです。

 

体調の悪い方ほど どんなにいい小顔矯正をして顔が小さくなっても維持する力もありませんし戻りやすく持続力がないのが現状ですから体調を上げていくことも小顔矯正の大切な 治療です。

 

 

 

当院では 小倉南区 で 人気のある 小顔矯正 をしています。

page top