小顔矯正で顔を小さくする

小顔矯正で顔を小さくする為には

今まで多くの方の顔を小さくする小顔矯正をしてきましたが全員の方を小さくすることができていますので小顔矯正と言っても当院ではただ顔を小さくすればいいというわけではなくどうすれば顔を小さくすることができるのかということを検査して判断することをしています。
小顔矯正をしていく時にはボキボキしたり痛いということではなく顔をマッサージするような感じだと思ってもらえばいいと思いますので顔をマッサージすることで顔を小さくすることをしていますが実際にマッサージをしているわけではありませんしマッサージをして顔が小さくなることはないと思います。
小顔矯正とは

顔を小さくしていく為には

顔を小さくしていくためにはどうすれば顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんので単純に顔を無理やり押さえつけたりすることもなく痛いこともなく怖いこともないと思われる小顔矯正をしていますので安心安全な小顔矯正です。
そして当院の特徴の一つなんですが小顔矯正をしていくときには希望されて訪れた方の全員の方に自分の顔を触って覚えてもらうことをして矯正に入っていきます。
小顔矯正に入る前に自分の顔の大きさや形や輪郭などを触ってもらうことを中心にしていますので変化がしっかりとわかるように顔が小さくなったのが分かるようにしています。

顔を触って比べることができる

しかし触り方に特徴がありますので簡単に顔に手を当てただけでは小さくなったのが分かりません。
当院では院内に鏡を置いていますが鏡で見て判断するというのも構いませんが実際にご自分の手で触ってわかるようにしています。
しかし手で触るということは目で見るよりも大変難しく簡単なことではありません。
小顔矯正を受ける方は小顔矯正に入る前に鏡で見て顔の形や輪郭を覚えてもらうことをしていますので特徴的なものは顔には左右差が存在しますので左右差を目で見てわかるようにしてもらっています。
顔には中心を境にして左右が全く同じという方はいませんので左右差が存在しています。
左右差が存在するということは左右を比べることができますので左右を比べてみて顔の輪郭や幅を覚えてもらうことをしています。
鏡で顔を見て左右さを覚えてもらったら今度は目を閉じて顔を触ってみてください。
小顔矯正

顔の左右差を感じる

同じように感じる時もあれば違うように感じてしまうのが手の感覚神経の特徴なんです。
目を閉じても同じように感じなければ形がコロコロ変わることはありませんので鏡で見た左右差がそのままの左右差ですから同じように感じるのが一番だと思います。
それほど手で触るということは難しいことですから簡単に触るわけではなくただ顔に手を当てらればいいというわけではありません。
顔の触り方は両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を広げるようにして顔に密着させるようにして触るだけです。
これが簡単に触ってしまったかたほど分かりませんので顔を密着して触るだけではなく左右差を感じようとして触ってみてください。
左右差を感じようとして触った時に手の集中力と大脳の感覚神経がしっかり働くことができれば左右さが分かるだけではなく矯正をした後に顔が小さくなったのがしっかりと分かります。

痛くない怖くない小顔矯正

小顔矯正をしていく時には先ほども説明したように痛いこともなく顔を無理に押さえつけたりすることもありませんので力を抜いて寝てもらうだけで矯正した後に顔が小さくなっていきます。
一番近い方法がマッサージをするような感じだと思ってしまえばいいと思いますので顔をマッサージすることで顔を小さくすることをしていますが実際にマッサージをして顔が小さくなることはありませんので、そこに隠れたテクニックが存在しています。
隠れた高等テクニックがあるからマッサージをしているような感じで顔が小さくなるということです。
しかしさらに説明を加えていくと当院の院長は小顔矯正をしていくときにも検査することをしていますので検査をしてみるとあることがわかりました。
小顔矯正

疲れやストレスと小顔矯正

あることというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスが生み出されていきます。
生み出されてしまった疲れやストレスは体に溜まっていきますが体のどこに溜まっていくのかということが一番、小顔矯正をしていくときの問題になります。
疲れやストレスの蓄積というのも多くなればなるほど限界なく多くなってしまい蓄積していきますので蓄積していくことが小顔矯正で顔を小さくする時に一番厄介なものになりますので疲れやストレスを溜まっているところから減らすことができれば顔が小さくなっていきます。
当院では小顔矯正をして行く時には顔を触らなくても顔を小さくすることができます。
顔を触らなくても顔を小さくすることができるのは体の部分を整えていくことでもまた体に溜まってしまった疲れやストレスを減らして解消していくことでも顔が小さくなるということがあるからです。

初回から顔が変わる矯正

しかし初回から体の方を触って顔を小さくすることをしても不思議に思われてしまいますので初回では顔をじかに触って顔を小さくしていくことをしてい ます。
疲れやストレスの蓄積と言うのは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることでいろいろなものごとで疲れやストレスが多くなり体に溜まるばかりです。
体には多くの疲れやストレスが溜まっていますので疲れやストレスを減らすことで本当に顔が小さくなると言うことが多くあるんです。
顔を小さくしていくためには顔に溜まった疲れやストレスを減らすことをして行くと顔が小さくなっていきます。
しかし顔に疲れやストレスが溜まっていると脂肪が多くなったりむくみが多くなったりしていきます。
今まで多くの方の小顔矯正をしていきましたが顔に疲れやストレスが溜まっていないという方はいませんので全員の方が顔を小さくすることに成功をしています。

アゴのラインがスッキリ引き締まる

小顔矯正をしていくときには特に顎の部分に多くの疲れやストレスが溜まって炎症や腫れを起こしています。
疲れやストレスが溜まるということは歪みやズレになることもありますが顔の骨にも疲れやストレスが溜まることがあります。
どこでも溜まってしまうのが疲れやストレスですから、たまらないところはありません。
本当に多くの疲れやストレスが顔にも溜まっていますので溜まったところを見つけて減らすことをしていけば顔が小さくなって浮腫み、脂肪が取れていきます。
むくみや脂肪が多い方ほど一回では減らすことはできませんので数回に分けて減らしていくことが多くありますのでそのたびに顔が小さくなっていくという小顔矯正をしています。
小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正と疲れやストレスの蓄積

小顔矯正をしていく時には疲れやストレスが深く関係していますが疲れやストレスが多く溜まったところほど何も起こらないということはありませんので疲れやストレスが多く蓄積したところほど炎症や腫れが起きて脂肪やむくみが多くなっているということがあります。
しかしそれも検査することができなければわかりませんし検査ができてもどうやれば減らすことができるのかということをのテクニックを持っていない限りは解消はできません。
小顔矯正をしていくときに重要なものは検査する技術と矯正するテクニックです。
小顔矯正をしていくときにもう一つ重要なものがあります。
疲れやストレスとは違って最近多くの方が起きている問題なんですが気がついていない方が多くいます。
重要なものというのは睡眠負債状態です。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債というのは気が付いている方が少なく分かっていない方が多くいますが睡眠負債というのは不眠症とは違います。
不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてしまうのが不眠症なんです。
睡眠負債という言葉は不眠症とは違い夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴です。
ではどうして睡眠負債は眠りが朝まで浅いんです。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
しかし夢よりもさらに浅い睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠と言いますが寝ながら考え事を知る睡眠が1時間も2時間も3時間も4時間も5時間も6時間もあるということなんです。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは夢よりもさらに浅い睡眠ですから目が覚めた瞬間に寝ながら考え事をしていたということを忘れてしまいます。

寝ながら考え事をしている睡眠と顔を小さくする矯正

寝ながら考え事をしていた睡眠を忘れてしまって目が覚めてしまうので眠れていると勘違いしてる方が多くいます。
睡眠負債状態の方の特徴はあくびが出ません。
昼間はあくびが出るかも分かりませんが夜寝ようとするとあくびが出ないのが特徴です。
朝起きてもあまりあくびが出ないのが特徴です。
あくびというのは脳が酸素を取り込もうとしますので酸素を取り込もうとする働きというのは脳が休養とって眠りたい時です。
多くの方が寝ようとする時間にこんな時間だからもう寝なきゃという状態で寝ている場合が多くありますので脳の部分が興奮状態になっていたり緊張したりすることが原因で目はつぶってスースー寝息を立てていることがありますが実際に大脳が休養とって寝ている段階まで深く眠ることはできていません。
睡眠負債状態がしばらく続いただけで体は奈落の底のような状態に夜中に落ちていきますので落ちたからといって不定状態や痛みやこりが強くなるかと言うとそういう状態ではなく大脳が弱ってしまった方は風邪を引くこともできませんしインフルエンザにかかっていてもインフルエンザだということがわからなくなって隠れインフルエンザになってしまいます。

睡眠負債で脳の弱り

大脳が元気だから細菌が体内に入ってきて増殖したら熱を上げて細菌を減らそうとします。
ウイルスが入っても大脳が元気だったら何かの拒絶反応が働くわけです。
大脳が弱ってしまった方は脳細胞の急激な現象が起きてしまうこともありますし老廃物が多く蓄積していき脳脊髄液が作られなくなる恐れがあります。
大脳が弱るということは体調も落ちていき奈落の底のような体調になっていたりどん底のような体調になっていることさえわからなくなっているという方まで多くいますので小顔矯正に訪れた方の多くはこの状態になっている方がいます。
しかし大脳が弱るということは何も感じ取ることができませんので自分でも調子がいいと思っている方が多くいます。
当院では体調の検査をしてみますが体調が落ちている方ほど体調が落ちているということを言っても信用しない方もいます。
大脳がどんなけ弱っているのかということがわかっていないということは大変なことになっていきますので先将来、認知症や痴ほうになる方も多くなっていくと思います。
また大脳が弱ってる方ほどブレーキとアクセル間違えたりイライラしやすくなったり喜怒哀楽が激しくなったり精神的な興奮状態が起きやすくなったりということが起きます。
本当は小顔矯正ところではありませんが希望は希望ですから顔を小さくすることに専念していますが実際にはそういう状態ではないと思うことも多くあります。

page top