小顔矯正で顔が小さくなる

小顔矯正で顔を小顔に

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが今まで多くの方の顔を小さくすることをしていますが小顔矯正を希望されて訪れた方全員の方の検査をしてみると体調が落ちて奈落の底のようになっていたり、どん底のような体調になってる方が多くいますが小顔矯正をしていく時には体調がすごく深く関係しますから体調が悪い方ほど維持することや持続力を希望される場合がありますが体調が悪い人ほど維持することや持続力はないと思います。
小顔矯正を希望されて顔を小さくするためには維持することができなければいけませんので維持することや持続力を向上させるためにも体の状態が深く関係してしまっています。
小顔矯正と睡眠負債

顔を小さくする為には

顔を小さくしていく矯正を希望されているとつい顔だけという感じがありますが体調が悪いということは体の歪みやズレも起きています市骨盤の歪みや開きなども起きていますし背骨がずれてガタガタ状態になっているという方が多くいます。
小顔矯正をしていくときに顔だけ小さくすればいいというわけではなく体の歪みや骨盤の歪みや背骨のズレが起きていてガタガタ状態になっていると体調を落としているという証拠ですからどんな良い技術を用いて小顔矯正をしても顔を小さくすることができても維持することができないのは当然ですし体調が悪いと顔色に出てしまっていますので肌に艶がなかったりむくみが多くなかったりということが起きています。

小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正で一番、関係するものは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態の2つです。
疲れやストレスが多く溜まっていると体に溜まるということは知っていると思いますが体のどこに溜まるのかということを知っている方も少ないようですし考えている方なんかは圧倒的に少なく毎日を過ごしている場合が多くあります。
しかし疲れやストレスというのは溜まれば溜まるほど多く蓄積していく傾向を示しますので疲れやストレスというのは全身にたまりながら弱い部分に溜まっていきます。
最近は本当に多くの方が体調を落としていますが睡眠負債状態が多くなっている方が小顔矯正を希望されて訪れると検査をしてみるとわかることがあります。
検査をしてみてわかることというのは異常と思えるほど体調が悪く院長が調子はどうですかとか体調は悪くないですかとか聞くと全員の方が悪くありませんとか、どうもありませんと簡単に答えています。

顔を検査する

しかし検査をしてみるとそんな状態ではないということがよくわかりますが説明してもわかってくれない方が多くいます。
検査をしてみて体調が悪いのに自分ではわからないという方や痛みやコリがないからといって状態が良いとは限りませんし骨盤の歪みやズレが起きていても異常がないという方はいません。
普通でしたら歪みやズレが起きていれば痛みやこりが感じなければいけませんが感じなくなっている方が多くなっています。
痛みやこりが起きているような状況でも感じないということは大脳がすごく弱っていることを指していますので大脳が元気だと痛みやコリを感じさせることで状態が良くないということをわからせるようにしています。
しかし大脳が弱ってしまうと麻痺状態に陥ってしまい鈍感状態になってしまう方もいます。

体調が落ちていると

体調が悪いということを感じやすいかと思いますが感じにくい方も増えているのが現状です。
小顔矯正をして行く時には体調がすごく関係しますので体調というのは疲れやストレスの蓄積の度合いが大きいということです。
疲れやストレスも溜め込むことができますので溜め込むことで程度と言うか段階と言うか体の状態がすごく落ちていきます。
体の状態が落ちていることさえわからないのに顔を小さくすればいいのかということを疑問に思うこともありますが希望が希望などで顔を小さくすることをしていきますが顔が小さくなればいいのかと言うと、かなり不審に思います。
小顔矯正をしていくときに小顔矯正に入る前に自分の両手で顔を触って覚えてもらうことをしていますが顔が小さくなったのができるだけ本人にわかるようにしているのが当院の特徴ですから小顔矯正を希望されて訪れた方にあることをしてもらいます。

鏡で顔を見て比べる

一つ目は院内に鏡を置いていますので鏡で自分の顔の形を覚えてもらうことをしています。
顔の形と言っても色々な顔の形がありますので顔の左右差を覚えてもらうようにしています。
顔には必ず左右差がありますので左右さを感じようとしてみるということです。
単純に顔を見ただけで分かりませんので右側と 比べるようにしてください。
顔の右側と左側で出っ張り度合いや輪郭が違うと思いますので顔の形をしっかりと目で見て覚えてください。
鏡で自分の顔を見るときに左右さを比べるようにしてください。

顔の皮膚をつまんでみる

鏡で自分の顔を見る時に指先で花を摘むようにして引っ張ってみてください。
顔をつまむようにして引っ張ったりすると引っ張らなくてもぶよぶよしていたりすることはむくみや脂肪が多くなっているという現状です。
自分の顔というのもいろいろな状況が起きていることが多くありますので確認して解消することをしていますが、これらは全て顔に溜まった疲れやストレスが原因で起きているものと体の状態が表しているものの両方から起きています。
小顔矯正で顔を小さくしていくときには何をすれば顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんが多くの方は何も考えずに小顔矯正を希望されてきている方が多くいますので何をして顔を小さくしているのかと言うと顔に溜まった疲れやストレスを減らすことをして顔を小さくすることをしています。

疲れやストレスの蓄積が持続力を低下させる

毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで色々な疲れやストレスが生み出されていきますが疲れやストレスは体全体に溜まっていきます。
身体全体に溜まるということは顔にもたまるし頭にも溜まるということですから顔や頭に溜まってしまった疲れやストレスを減らして行くと顔が小さくなるということです。
特に顎のラインには多くの疲れやストレスを溜めてしまい安くなりますので青の周辺がぶよぶよしたり二重顎になったりする方が多くいます。
疲れやストレスというのはあらゆるところに溜まっていきますのでかまらないところはありません。
しかし疲れやストレスの蓄積というのは顔や頭にも溜まっていきますし体にも溜まっていきますから小顔矯正をして行く時にどちらも関係していますから体の状態も整えていかなければいけません。
体を整えていくことで体が細く引き締まるという効果もありますがどちらかと言うと顔を中心にして考えなければいけませんが顔を触らなくても体を整えていくことで顔が小さくなるという多くの実例もあります。

小顔矯正で顔を小さくする為には

小顔矯正をしていくときには顔を触ることを中心にしていますが顔を触らなくても体を整えていくことでも顔が小さくなるということが多くありますので2回目から状況に合わせて体を整えていくことをしていきます。
しかし初回は顔を触って顔を小さくすることをしていきますのでどれくらい顔が小さくなるのかという問題がありますが小顔矯正に入る前に必ず顔の大きさや幅などを触って覚えてもらうことをしています。
顔を触って覚えてもらうことをするということは初回から顔が小さくなるということですからしっかりと顔を触って覚えるようにしてください。小顔矯正と睡眠負債
小顔矯正に入る時に顔を触る時には両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。
しかしただ顔を手で触っただけでは分かりませんので左右差を感じようとして触ってください。
左右差を感じるようにして触らないとただ手を当てただけではわかりません。

顔の左右差

左右差を感じようとする時に睡眠負債状態がある方は感覚神経のトラブルが起きていますので しっかりと触らないと顔が小さくなっても分かりません。
顔を触るということは簡単なことではありませんが見てみて鏡で分かるよりも手で触った方が、しっかりと顔が小さくなったのが分かるから評判がいい小顔矯正になっています。
小顔矯正をしていくときには顔をしっかりと触って幅や大きさやむくみ度合いなどを覚えてもらうことをしていますので単純に手を当てるだけでは分かりませんのでしっかりと感じようとしてください。

顔が小さくなるのは

顔を触って左右差を感じようとしたかたほどしっかりと顔が小さくなったのが分かります。
小顔矯正と言っても10 CM 20 CM 30 cm も顔が小さくなることはありません。
顔が小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じですから1 CM 変わっても顔が小さくなったのが分かるように元の大きさを触って覚えておいてください。
そして小顔矯正をして行く時には睡眠負債状態も多く関係しますので夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思わないでください。
普通でしたらいいね無理をしていると思いますが睡眠負債状態というのは不眠症とは違います。
不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も目が冴えて眠れないとか夜に何回も目を覚ますのが不眠症です。
睡眠負債状態というのは夜すぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴です。
夢を見る時には目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが睡眠負債状態の最悪な睡眠というのは寝ながら考え事をしている睡眠になります。

寝ながら考え事をしている睡眠と小顔矯正

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあります。
目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠のため寝ていると勘違いしてる方が多くいますが夜に嘔吐する時にあくびが出ているのか、朝目が覚めてあくびがでるのかということを気にしなければいけません。
どんなに最高の眠りをしていても朝あくびが出ないのはおかしい状況です。
夜寝ようとする時に寝る時間になってもあくびが一回も出ないのは脳が興奮したり緊張したり状況になっていますのでそういう状態の方が深い睡眠ができる理由はありませんし熟睡顔しているわけではないと思います。
多くの方が気がついていない状況で睡眠負債状態になっていることが多くいますので睡眠負債状態の方は全身がすごく落ちて体調を悪くしていますが麻痺した状態は鈍感状態になっている場合もありますので感じていないという方も多くいます。
今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが全員と言っていいほど小顔矯正を希望されて訪れた方の検査をしてみると体調がめちゃくちゃ悪く奈落の底のような体調をしている方ばかりなんですが悪さを感じていない場合が多くあります。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債状態になっていると生命機能の中枢である大脳の中の中枢部で脳幹というところがありますが脳幹がすごく疲弊状態を起こしている方もいます。
脳幹の部分に支配されている自律神経が乱れきっているかと思います。
脳幹が弱ってしまうと弱っただけでは済まなくなっていきますので9役に脳細胞の減少が起きていくということも起こりますから記憶の問題が起きたり精神的なトラブルを起こしたりということも先将来繋がっていく可能性が増えていきます。
大脳が弱るということは大変な結果を招いていきますが大変だということがわかっていないという方もいます。
小顔矯正と睡眠負債

page top