整体とカイロプラクティックで体を整える

当院では30年の経験がある小顔矯正をしていますが初回から顔が小さくなると評判の良い小顔矯正をしていますが、小顔矯正をして行く時には二つのものが深く関係します。
二つのものが多くなればなるほど顔は小さくなりにくくなりますし維持することや持続力は低下していきます。
例えばですけど桐蔭で小顔矯正をして顔が小さくなったとしますが患者さんがよく言われることがありますがこの小ささを維持することができますかと聞かれますが維持することはできませんと簡単に答えています。
小顔矯正
小顔矯正をするときに顔だけ小さくしても体がボロボロだったりガタガタだったりしたら維持することなんかできるわけはありませんので。
小顔矯正をしていくときに初回から顔が小さくなっていくことで評判ですが、初回は顔だけ触って小さくしていくことをしますが小顔矯正と言っても顔だけすればいいというものではありませんので2回目、3回目と体が整えていかなければ維持することはできませんし持続力はありません。

顔を小さくする為には

例えばですけど顔が小さくなっても顔色が悪かったり、顔が青白くあったり、血色が悪かったりするとどう見えるでしょう。
小顔矯正をしていく時には体調というのが深く関係をしますので体調からあげて整えていくこともしないと維持することや持続力というのはないと思います。
当院では小顔矯正をするときには自分で顔の変化を分かるようにしているのが特徴ですが簡単な触り方ではありませんので簡単に触ってしまったかたほど小さくなってもわからないという方がいますので注意してほしいところなんですが、わからないということがないようにできるだけしっかりと触ってもらうようにしています。
小顔矯正をする前に顔の大きさを触って覚えてもらうことをしますが顔の大きさや幅やむくみ度合いや脂肪の度合いなどもしっかりと触って覚えてもらうようにしています。
小顔矯正

顔を触って大きさを覚える

しかし顔を触る時に単純に手を当てただけではわからないと思います。
小顔矯正と言っても顔が10 CM 20 CM を30 CM も変わることはありません。
顔を小さくしていくためにも1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで変わってきますので例えば一cm 変わってもわかるように触っておいて欲しいんですが単純に手を顔に当てただけではわからないということです。
ではどうすればわかるのかということなんですが。
当院では鏡を院内においていますので鏡で自分の顔の大きさや形を覚えてください。
まずは鏡で見て自分の形を覚えてもらうことをしていますが鏡で見るということは大変簡単なことですから輪郭を確認するようにして見るということです。

顔は左右差がある

顔というのは左右が違いますので顔の左右を見てみてください。
どういう状態で何を見ればいいのかということがありますが例えばですけど右側が大きいとか左側の一部分が大きいとかで待っているとかいう感じです。
鏡で見て自分の顔の形がわかったら顔を手に当ててみてください。
顔を触る時には両方の手首を合わせるようにして手のひらと指を顔に密着させるようにして触ります。
多くの方が鏡で見た形と自分の手で顔を触った状態が反対に感じてしまうぐらい難しいんです。
だから簡単に手を当てただけでは顔の大きさは把握することはできません。
顔の大きさというのは目で見るよりも大変難しくてだけで触るということは大変、難しいことなんですが小さくなったのが手で触ってわかれば笑顔が違います。
小顔矯正で顔が小さくなる

自分で確認できる

当院ではメジャーなどで測ったりすることはありませんので自分の両方の手のひらで感じるようにしていますが感じる時にはしっかりと触って覚えるようにしてください。
いい加減に触ったかたほど分からないという方がありますのでわからないということがないようにしっかりと触りましょう。
先ほどの説明したように両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てます。
そして次は手のひらと指を顔に密着させるようにして触ってください。
この時に鏡で見て指などが浮いていないかということをしっかりと認識してください。
その状態ができたら左右差を感じようとしてください。
左右差を感じようとした時にどちらが大きいのかということを考えながら触ります。
左右差を感じようとして触った時に大脳が働き出しますので大脳の働きを助けの借りて手の集中力を増します。
手の集中力が増してくるとより一層小さくなったのが分かると思います。

手を当てただけではわかりません。

手を顔に置いただけではわかりません。
しっかりと密着させるようにして触って左右さを感じるようにします。
どうしてこのように厳しいと言うか詳しく説明をするのかと言うと本当に顔が小さくなるからです。
小さくならなければいい加減でスタッフから顔が変わりましたねと言われるぐらいだと思いますが自分で認識しなければ顔が小さくなったということがわからないということがあります。
顔を小さくしていく矯正をして行く時には痛くもなく顔を無理やり押さえつけたりすることもしませんので安心して力を抜いて受けてください。
小顔矯正をしていくときに疲れやストレスの蓄積というのが大変、深く関係をします。
疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで多くなっていくものです。
疲れやストレスが溜まっていないという方はいませんけど分かっていないという方は時々います。
当院では検査することができますので疲れやストレスが多く溜まったかたほど骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きています。
まず第一にむくみが脂肪が多い方は疲れやストレスが多く溜まっている方でもあります。
逆に言えば疲れやストレスを減らすことをしていけば徐々にですがむくみが脂肪が減っていくということです。
疲れやストレスというのは体のどの部分にたまるのかという問題がありますが体のたまりやすいところとたまりにくいところがあります。
人の体というのは弱い部分とそうでもない部分に分かれます。

弱い部分と小顔矯正

そうでもない部分というのは強いというわけではありませんが痛みやコリなどに関係なく小顔矯正でもあまり関係はありません。
しかし弱い部分というのはそうはいきません。
弱い部分には疲れやストレスが貯めやすく、ためてしまうとむくみや脂肪になっていきます。
疲れやストレスというのは全身にくまなく溜まっていきますがより多く溜まってしまうのが二つあります。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということですが水分と言っても単純な水というわけではなく血液だったりリンパ液だったり体液であったり色々な水になります。
水に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので後残った40 kg の中に疲れやすレスがたまるところがあります。
40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありません。

疲れやストレスの蓄積

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉にまたまりなから内臓に蓄積していきますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではありません。
内臓というのは日々、消化したり分解したり働いてくれていますので働けば働くほど内臓にも疲れやストレスが多く生み出されていきます。
内臓が働くことでも分解したり紹介したりすることでも多くの疲れやストレスが生み出されていきますし生み出したものは内臓自身に溜まっていきます。
そしてそれ以上に体を動かしたり運動したり仕事をしたりすることで多くの疲れやストレスが生み出されていきますので生み出されたものはどんどん体の奥の方に溜まっていきます。
生み出されて多くなった疲れやストレスは体に溜まっていきますので体に溜まるということは筋肉にもたまにながら内臓に溜まっていきます。
小顔矯正をしていくときに一番重要なものは皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯にも疲れやストレスが溜まっています。
そして骨も生きていますので顔面の骨も疲れやストレスを溜めてしまいます。
脂肪、皮膚に疲れやストレスが溜まっていくと多くなることがあります。
疲れやストレスが溜まることが原因で顔にもむくみや脂肪が多くなってしまいます。
そして顔に疲れやストレスが溜まっていくと骨まで炎症や腫れを起こしていくということで骨が分厚くなったり変形を起こしたりしますので特に顎の部分は大きく変形している方が多くいますので顎の骨が肥大しながら出っ張っていきます。
顔にも疲れやストレスが多く溜まっていくと顔だけでは済まなくなって大脳にも溜まっていきますので寝ているようで眠れなくなっている方が多くなっていますが寝ているようで眠れなくなっている方の場合、睡眠負債状態ということがあります。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債というのは不眠症とは違いますので不眠症は寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてしまうことが不眠症ですが睡眠負債状態の方は夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴です。
朝まで目が覚めないんですが眠りが浅くなっています。
睡眠負債の方は寝ながら考え事をしている時間が圧倒的長くなっていますので寝ながら考え事をしてる時間というのは目が覚めた 忘れてしまうことが多いようです。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残って覚えていますが寝ながら考え事をしてる時間というのは長い時間寝ている時になっている時間でもありますので寝ながら考え事をしてる時間が圧倒的なくなっていると大脳は急激に祝っていきます。
大脳が弱るということは弱っただけではすみませんので脳細胞の急激な減少が大きいうつやパニックや認知症になりやすいということが伺えます。
大脳に支配されている自律神経の乱れきっていますので体調が無茶苦茶と言っていいほど落ちていてどん底への体調していたり奈落の底の家体調しているか違いますが多くの子顔矯正の方は体調が落ちていることさえわからないということも多くあります。
当院では正確な検査することをしていますが今まで小顔矯正の方の検査をしてみると体調がいいという方はいませんが全員の方が体調がいいと思っています。

体調と小顔矯正の関係

院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか一応聞いてみると全員の方が体調はいいですとか調子は悪くありませんと簡単に答えていますが検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きが無茶苦茶って変な状態になっている方もいますし背骨がずれてガタガタになっているのにわかっていません。
体調が落ちて調子を落としているから骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きているわけですから普通だったら痛みやコリや体調の悪さを感じているはずなんです。
しかし大脳が弱ってしまうと痛みやこりと自分の体調を把握することはできません。
体調が落ちた方ほど風邪を引くことをしても風邪をひきにくくなります。
ウイルスや細菌が体内に入っていても大脳が元気だから熱を上げてウイルスの細菌を減らそうとしますが滞納が終わってしまうと何も起こりませんからウイルスの細菌が蔓延化します。
小顔矯正

page top