小顔矯正で小顔に

顔を小さくする小顔矯正

小顔矯正をするときには多くの方が、今まで30年間の経験で全員の方の顔が大きくなっていると言うことがわかっていますが今、現在の顔の大きさが正常ではないと言うことが検査することでわかっているということなんです。
疲れやストレスと小顔矯正
小顔矯正をしていくときには今、現在の顔が正常なのか、または異常な状態で顔が大きくなっているのかということを判断しなければいけませんので、何も考えずに小顔矯正をすることはできませんし、顔というのが小さくなる事はあまりないと思いますので小顔矯正といってもどうやって顔を小さくすることをやればいいのかと言う問題があるんです。
小顔矯正

小顔矯正とは

。顔の大きさが正常ではないんだったら正常に戻すことで顔が変わると言うことがわかると思いますので顔を変えていくためにも正常ではない顔の大きさを正常に戻していくと言うことで全員の方が顔が小さくなっていると言うことです。
当院の小顔矯正は無理な小顔矯正ではありませんので、誰だってできない検査をすることができますので検査をすることで、全員の方の顔が大きくなっているのを小さくすることをしたり顔に多くなってしまったものがむくみや脂肪と言うことで起きていますのでむくみや脂肪を減らしていくことでもあるものを減らすことでむくみや脂肪が減って減っていくんです。
小顔矯正とは

小顔矯正と検査すること

小顔矯正をしているときに検査すると言うと大変、変な検査なのかなと言う感じで不思議がられることもありますが、小顔矯正を希望されている方全員に対して体調の検査をまずはしていきます。
体調の検査と言うのは簡単に言えば体調がいいのか、悪いのかと言う事なんですが多くの今までの小顔矯正を希望されている方、全員の方は、院長から「体調はどうですか」とか「調子は悪くないですか」と聞かれると「体調はいいです」とか「調子は悪くありません」と簡単に答えてしまっていますが、体の状態を検査すると全てが分ります。

体調の悪さと小顔矯正

体調の悪さと言うのは自分で判断できるものではありませんので自分で実感できていないからといって体調が良いとは限らないと言うことが多くありますので体調が悪いときにはどういう現象が起きているのかということを説明すると体調が悪いときには骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていて背骨がずれてガタガタ状態になっているんですが普通だったら痛みやコリや何かの症状を感じているということが起きていても眠りが浅いと脳の麻痺が起きてしまって鈍感になっていきますので感じ取ることができていない方が多くなっているんです。
小顔矯正と眠り

小顔矯正と眠りの問題

眠りと言うのは二通りの眠りがありますので不眠症と睡眠負債です。
最近は多くの方が不眠症か睡眠負債状態に陥っていますので不眠症と言うのはわかりやすいんです。

不眠症とは

不眠症と言うのは夜寝ようとするときに、寝付きが悪く1時間も2時間も3時間も眠れないのが、不眠症の特徴でもありますし夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症の特徴でもありますし、寝返りが多いと言うのも不眠症の特徴でもあり夢ばかり見て寝た気がしないと言うのも不眠症の特徴です。
不眠症と言うのは目が覚めることが多いのが特徴です。
不眠症に対して睡眠負債は全く逆なんです。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債と言うのは夜、寝ようとするときに、すぐ眠れて朝まで目が覚めないんです。
普通だったら良い睡眠をしているように思えるんですが、実はすごく眠りが浅い睡眠をしているんです。
睡眠負債と言うのは寝ようとするときにすぐに破れてれながら考え事をしている睡眠が圧倒的に数時間続いて熟睡ができていないのが睡眠負債状態です。
小顔矯正と眠りと疲れやストレス
眠ると言う事は熟睡している事なんですが熟睡と言うのは大脳が休養とって寝ていることを言いますので大脳が出ていない限りは熟睡はしていないんです。
睡眠時間が8時間ある方の熟睡の時間と言うのはたった30分ぐらいなんです。
この30分ぐらいの時間が全然取れていないと言うことなんです。
あと残った7時間30分の時間と言うのは寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっていて夢を時々見ながら多くの時間を出ながら考え事をしている時間になってしまっています。
こんな状態の方は顔が大きくなって朝からパンパンにむくれているということが起きているのは当然なんです。
朝と言うのは1番、顔が引き締まっていなければいけません。
ということを考えればどれぐらい眠れていないのかということがわかると思いますので顔が大きくなるのは当然の結果です。
小顔矯正をするなら本当に顔が小さくなる
北九州市小倉南区で小顔矯正ならカイロプラクティック徳力整体院。

 

page top