骨盤矯正で小尻になれるのは、体を整えるから

小尻にしていく骨盤矯正

骨盤矯正をするなら

当院の骨盤矯正はボキボキもしないけど、本当に骨盤が小さくなることができる骨盤矯正をしています。
当院の骨盤矯正は、本当に初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。
今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたが全員の方が骨盤が小さくなっていますが、スタッフが計測したりすることはしていません。

 

骨盤矯正を希望された方に自分で骨盤を触っておぼえてもらいます。
骨盤矯正をする時に自分の骨盤の幅を自分で触っておぼえることをしてもらいます。
しかし、言っておきますが、簡単に触るとわかりませんよ。

骨盤を触ること

骨盤矯正をする時では、当院ではスタッフが測ったりすることはしていません。自分の手で触ってもらうことを基準にしています。
スタッフが測ると骨盤矯正前後で位置が違ったりゆるく測ったり、キツク測ったりする骨盤矯正院もありますから自分で触ることが一番だと思いますが、簡単だと勘違いして触ると小さくなっても分からないと言う方がいます。
骨盤矯正

ダメな触り方

① 手を動かす方
② ただ手を骨盤に当てただけの方、骨盤に手を置いているだけの方。
手を当てるだけならサルでもできます。
ましてや手を置いているだけでは変化しても分かりません。
人は考えたり感じたりすることができます。
骨盤矯正をする時にも、感じようとすると変化がわかります。

 

骨盤矯正の触り方は

触り方、骨盤矯正
骨盤矯正をする時の触り方は骨盤の両横に手を当てるだけです。
そして当てたら幅を感じようとして下さい。実は骨盤には左右差があります。
中心を境にして右側が大きいとか、左側の骨盤が一部が出っ張っているとか。
左右差がない方もいるでしょうが、感じようとすることが大切なんです。
多くの方は左右差があります。
ピッタリな洋服で骨盤の所を鏡の前で見て下さい。
左右差があるように見えますか??
もし、左右差があることがわかったら立ったまま目を閉じて骨盤の横に手を当てて下さい。
骨盤の左右差がない方、左右差がわからない方も立って骨盤を触って見て下さい。
触る時に、少し中心部に向けて押しながら触ります。
結構、多くの方が左右差があるのがわかります。
これを今でもしてくれていると、当院に来た時に説明しやすいのですが。

骨盤矯正に入ります

触ることができたら骨盤矯正に入ります。当院の骨盤矯正は簡単にして骨盤を変化させることができますが、簡単な方法ではありません。
当院の院長が骨盤矯正をしているときにも、こんな簡単で小さくなるんですね、と言われますが、院長は簡単だとは一度も言っていません。
骨盤矯正の方法は、マッサージをするような感じと言えば一番、近いと思います。
しかしマッサージをしているわけではありません。
マッサージをして骨盤が小さくなることはありません。
しかし、院長がすると小さくなっていきます。簡単に揉んでいるような感じしか見えない為に、簡単に思われますが簡単な技術で変わることはありません。
骨盤矯正をする時には、重大なことが関係しています。
美容的に減らす事もできますがそれだけでは安定して減りません。
骨盤矯正をするなら

骨盤矯正を検査する

骨盤矯正をする時には検査する事をしています。
検査してみると骨盤矯正に訪れた方の問題がわかります。
骨盤矯正に訪れた方は何も言いませんが、院長から「体調はどうですか」と聞くと全員が「体調は良いです」と答えますが検査してみると全員が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。
本当に多く方が体調が悪いのに、体調は良いですと言いますが、この体調の状態が骨盤矯正をする時に深く関係しています。
体調の低下があると骨盤の歪み・骨盤の開きが起きています。
そして骨盤の歪み・骨盤の開きが起きると浮腫み、脂肪が多くなっています。
そして、それ以上のことが起きています。
最近は多くの方が睡眠負債になっています。
睡眠負債と骨盤の歪み・骨盤の開き
骨盤の歪み・骨盤の開きが起きるときには睡眠負債とかさなって起きていることが多くあります。
睡眠負債があると本人も気が付いていないくらい体調が落ちていますが、奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしていても、それを感じとることができていません。
その理由は脳が弱っているからです。
大脳が弱ると痛みやコリを感じなくなります。大脳が弱ると奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしても感じません。
そのため体調が良いと思っています。
体調が良い方は骨盤の歪み・骨盤の開きは起こりません骨盤矯正をするなら


page top