骨盤矯正で骨盤を小さくする

骨盤矯正で小尻にしていく

骨盤矯正で小尻に

骨盤矯正をお考えなら初回から骨盤が小さくなることで評判の良い骨盤矯正をしている当院の骨盤矯正はどうですか。
骨盤矯正をするときには骨盤ベルトを巻いて腰を回すようにして運動して言葉を小さくする方法やストッキングや骨盤矯正ショーツなどを履いて骨盤を小さくする方法や歩き方で骨盤を小さくする方法などいろいろな方法があると思うんですが骨盤矯正をするときには何を改善したら骨盤が小さくなるのかというのがいろいろな方法で違うと思います。
骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときには骨盤を小さくすることをしていくわけなんですけど何をしたら骨盤を小さくすることができるのかと言う問題が多くの方に疑問を与えていますので骨盤矯正をするときには、当院でやっている骨盤矯正ですが骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正することと骨盤周辺に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすことをして骨盤を小さくすることをしています。
しかし骨盤矯正をするときに骨盤の歪みや骨盤の開きがある場合があるんですがどうして骨盤の歪みや骨盤の開きがあるのかと言う理由があります。
単純に骨盤矯正で骨盤を整えていくだけではなくどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているのかと言う理由まで改善しなければいけないと言うことなんです。
何も原因がなくて骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすることはありませんのでどうして骨盤の歪みが起きるのか、どこから骨盤の開きが起きるのかということを考えなければいけませんので、そのためにも検査することをしています。
骨盤矯正で小尻に

骨盤矯正をするときには

骨盤矯正をするときには多くの骨盤矯正法の場合検査もしないで単純に骨盤の歪みや骨盤の開きがあるだろうと言う推測のもとに行っている場合が多くありますので無理矢理、骨盤を押し付けたりすることや締め付けるような方法が多くあると思います。
骨盤ベルトや骨盤を小さくすることができるストッキングやショーツなどを履いて締め付けているだけで骨盤も小さくなるかも分かりませんが当院の骨盤矯正は全然意味が違います。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくから検査することをしていますが、今まで多くの方の言葉を小さくすることをしていきましたが骨盤矯正をする前に院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと多くの方が同じような答えをしています。
同じような答えと言うのは体調が悪くありませんとか、調子はいいですと単純に答えていますが何も症状が感じないからといって体調は良いとは限りません。
骨盤矯正で小尻に
体調がいいか悪いかと言うのは骨盤を検索すればすぐにわかります。
体調が良い方は言葉が整っているし骨盤周辺に浮腫や脂肪がある事はありませんので骨盤周辺に浮腫や脂肪が多くなってしまう原因と言うのは運動不足とか高カロリーのあるものを、食べ過ぎているとか糖分や油分や炭水化物などの摂取しすぎていると言う場合もあるかもわかりませんが、それ以上に体に蓄積していくものが関係している場合があります。

体に蓄積しているもの

骨盤矯正をしていくときには1番、関係するものは運動不足や炭水化物や糖分や油分だけではなくて日常で多く積み重なっていくものが原因の場合が多くあります。
日常的に仕事をしたりパートで働いたりバイトをしたり体を動かすことや料理を作ったり買い物をしたり車の運転をしたり散歩をしたり階段を登ったり降りたりすることでも多くなっていくものです。
日常的に多くなればなるほど、限界はなく積み重ねていくことができるものが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていき、さらに背骨のズレも起きている現象があればむくみや脂肪も増えていくのは当然だと言うことなんです。
それは疲れです。
疲れと言うと単純に『なんだ〜』と思うかも分かりませんが疲れほど体を悪くするものはありません。
疲れの蓄積と言うのは何をしても疲れが生み出されていき、また、何もしなくても家でごろごろしていてもゆっくりしていても家でテレビを見ていても本を読む読んでいても疲れは生み出されていきますので、疲れの限界は、『ここまでしかたまらない』と言う事はありません。
疲れを感じたら、いつの間にかその疲れを感じなくなってしまっていますので、消えたように思ってしまう方や忘れてしまっている方が多くいるんですが疲れは満たされたものは感じていないだけで、多くは体に蓄積していると言う事実があります。
蓄積している疲れと言うのは多くなればなるほどストレスに変換されてしまいますのでストレスから、ありとあらゆるものが悪くなります。

ストレスには2つのストレスがあります

1つ目のストレスは精神的なストレスであり、もう一つのストレスは肉体的なストレスです。
精神的に緊張やプレッシャーや抑圧などいろいろなもので精神にもストレスが蓄積されていきますのでストレスの蓄積から精神的なダメージをさらに増大させてしまうことが原因で眠れなくなったり頭がぼーっとしたり頭痛になったりイライラしたり元気がなくなったりと言うことが起きてしまいます。
骨盤矯正で小尻に
肉体的なストレスと言うのは日常で多くなっていくものが原因で例えばですけど仕事とかバイトで働いたりパートで働いたりすることだけではなくカラオケで歌を熱唱することでも疲れは多くなっていきますしお風呂に入って入浴することでも疲れは生み出されていきますので携帯やスマートフォンを操作したり見る事でも疲れを生じてしまっています。
ありとあらゆるもので疲れは生み出されていきますがその疲れはいつの間にか感じなくなって忘れてしまいますので溜まっていることさえ気がついていない方が多くいます。

疲れやストレスの蓄積

例えば仕事をして『あー今日は忙しかったから疲れたなぁ』と思ってもいつの間にか疲れを感じなくなってしまいます。
プールで泳いで筋肉を鍛えようとしてもプールで泳ぐこと自体疲れを生じてしまいますので疲れを生じればいつの間にか感じなくなりますが残ったままになっている場合があります。
ホットヨガなどで汗をかいて運動しても運動した疲れは生じてしまいますし、暑いと言うストレスを加えられることで発汗は促されて汗をかきますが、疲れやストレスが多くを体に蓄積していきますので体のダメージとして残ってしまいます。
何をしても疲れは生じてしまい疲れを多くしたものをストレスと言いますので精神的なストレスでも肉体的なストレスでも悪いものに。なります。しかしいつの間にか疲れを感じても時間の経過とともに感じなくなってしまいますが感じないだけであり忘れているだけであり体に多くの積み重ねが起きています。
骨盤矯正で小尻に

ストレスに変わる

疲れの蓄積が多くなっていけばいくほどストレスに変換されてしまい代謝を悪くしてしまいリンパの肌荒れが悪くなって老廃物が溜まりむくみや脂肪になってしまい骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていくんですが単純にそれだけではなく神経や血管やリンパや内臓の働きまで低下させしまうことがあります。
疲れと言うのは体の中にあるあらゆるものに溜まっていきますのでたまらないところはありませんがたまりやすいところとたまりにくいところに分かれてしまいます。
たまりやすい所と言うのは人の体については、弱い部分とそうでもない部分というのが存在しますので、そうでもない部分は疲れが溜まりにくいんですが弱い部分はそうはいきません。
弱い部分には疲れが溜まりやすく溜まった疲れを自力で解消することが不可能なんです。
弱い部分と言うのは誰でもあるものなんですが弱さの度合いが違うだけであり弱い人ほど疲れを溜めてしまいやすくなりむくみや脂肪を起こしたり骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを起こしていくと言うことで何も症状を感じなくても起きています。

 

 


page top