骨盤矯正

骨盤矯正で骨盤を小尻に

骨盤矯正で骨盤を小さくするなら初回から骨盤が小さくなることで評判の良い骨盤矯正をしているボキボキもしないし痛くもないけど骨盤が小さくなっていくので人気があります。
骨盤矯正をして行く時には骨盤というものを考えるようにしてください。
骨盤矯正
骨盤矯正というのをわかっていないで希望される方が多くいますので骨盤矯正というのは骨盤を小さくしていくことです。
骨盤を小さくしていくためには何をしたら骨盤が小さくなるのかということを考えなければいけませんが多くの方はおぼろげに考えているだけですから骨盤矯正というのはどういうものかということを説明していきたいと思います。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして行く時には骨盤を小さくすることをしていくわけですけど実際に何をしたら骨盤を小さくすることができるのかという問題がありますので当院では初回から骨盤が小さくなると説明したように実際に骨盤が小さくなっていきますが何をして骨盤矯正をしているのかと言うと検査することをしています。
検査するというのは全体的な体調の検査はもちろん何ですが骨盤の歪みは骨盤の開きがあるのかということは最低限のレベルです。
骨盤矯正をしていくわけですから骨盤の歪みや骨盤の開きというのは単純に深く関係がありますので骨盤の横に広がったりすると骨盤が大きくなるということですけど何も原因がなくて骨盤が横に広がることはありません。
何も原因がないのに骨盤の横に広がることはありませんので何かの原因があって骨盤が横に広がったり骨盤が歪んだり骨盤が開いたりということが起きているということです。

骨盤を小さくする為には

今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたが院長が骨盤矯正をする前に体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと全員の方が同じ答えを返してきました。
同じ答えというのは体調はいいですとか調子は悪くありませんという感じなんですが検査をしてみると逆の事が分かります。
逆のことというのは体調が、すごく悪いということです。
体調が悪いということはどういうことだのかと言うと痛み凝りがないからといって体調が良いとは限らないし症状を感じないからといって体調が良いとは限らないんです。
体調が悪いということは疲れやストレスが多く溜まっていることをいいますので誰でも生活している限り生きている限り疲れやストレスは存在しているものです。
骨盤矯正とは

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスが存在していないし溜まっていないという方はいませんので。
疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的なプレッシャーを加えられることでも多くなったりするものです。
疲れやストレスというのは減ることはありませんし減らす努力をしていません。
普通一般的にというよりも全員の方が疲れやストレスが溜まるということはわかっているのに減らす努力をしていないから減っていません。
今まで生きてきた中でどれくらいの疲れやストレスが体に溜まっていると思いますか。
疲れやストレスというのは一番厄介なものであり減りにくいものなんです。
疲れやストレスを簡単に考えることはできません。

疲れやストレスがたまると

どうしてかというと疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分に多く溜まっていくと細胞の変化を起こすからです。
人の体には弱い部分とそうでもない部分というのが存在しています。
そうでもない部分は痛みや コリになることはありませんし先将来の問題につながることはありません。
例えば骨盤矯正をしていくときに骨盤の中の内臓はどうでしょう。
骨盤の中の内臓というのは膀胱や子宮や卵巣や大腸や小腸という内臓が存在していますので例えばですけど便秘などが起きやすい方、繰り返しやすい方、便通が悪い方などは便がたまっているわけです。

骨盤の中の内臓の関係

大腸や小腸に特に大腸に多く便が溜まっているということは腸が大きくなっている可能性があります。
便が停滞してしまうと大腸はそのままでいることがありませんので便がたまるということは大腸が大きく膨らんでいるということになります。
便通が悪い時だとも全部の便が一度に出ることはなくて腸がスッカラカンになることはありません。
骨盤矯正をするなら
食べたものというのは胃を通過したら十二指腸を通って小腸に送られますので小腸から大腸へ便が停滞しているということで大量に便が大腸や小腸の中にある可能性もあります。
大腸や小腸の中に便が大量にあるということは骨盤が大きくなることは必然です市骨盤の歪みは骨盤の開きが起きるのは当然なんです。
骨盤の歪みは骨盤の開きが起きると骨盤周辺にある脂肪が多くなったり浮腫みやすくなります。
骨盤矯正と言っても骨盤の歪みは骨盤の開きだけを調整すればいいというわけではありませんので骨盤の中に入っている内臓が深く関係して骨盤が歪んだり骨盤が開いたりということが起きています。

大腸や小腸、膀胱、子宮は

食べれば食べるほど便は作られていきますので便が作られた状態が詰まった状態になっていき停滞気味になり余計に便が硬くなるということもあります。
あまりにちょうに長く停滞気味を起こし便というのは硬くなります。
骨盤矯正をしていくときには骨盤だけを矯正すればいいというわけではなく骨盤が開いてあり骨盤が歪んだりしてる原因が大腸や小腸や膀胱や子宮などに関係しているということです。
骨盤矯正をしていくときに大腸や小腸だけではなく生理痛や生理不順がある方も繰り返す方も原因があるから起きているわけですから生理痛は生理不順のある方は骨盤の下のか腹部の辺りの股関節の辺りが出っ張ってくる可能性があります。
つまり骨盤の下の方が出っ張るということはズボンが履きにくくなる可能性があります。

骨盤の下部の広がり

股関節が横に出っ張ってくる可能性がありますので生理痛は生理不順の方も子宮や卵巣も関係しますし膀胱も深く関係します。
骨盤矯正でもし仮に骨盤が小さくなっても内臓の状態が悪いと戻りやすく歪みやすくなります。
全ては深く関係するのは内臓なんです。
しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありません。
毎日毎日の疲れやストレスが生み出されたものが内臓に蓄積していきますので内臓に蓄積した状態で生理痛は生理不順が起きたり便通が悪化させて悪化させた状態になってしまうことが多くあります。
生理痛なども毎月、軽かったりひどかったりするのは体調に関係しています。

体調と骨盤矯正

生理痛がひどい時には体調が落ちています。
生理痛が軽い時には体調が少しだけいい時です。
しかし体調というのは意味不明な言葉でありますので自分で体調が良いと思えば体調が良いことになってしまいますが痛みやこりがないからといって体調が良いとは限らないと説明しましたので同じ状態です。
骨盤矯正をしている時には総合的な体調をも関係しますので検査をしてみると最近多くの方が眠りが浅く寝ているようで眠れていませんので体調がすごく悪い方が多くなっています。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいます。

睡眠負債と小尻になること

つまり熟睡状態のことだけを眠りと言います。
不眠症というのは夜寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症です。
また夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違いますので目が覚めることがありません。
目が覚めることがないから多くの方が眠れていると思っています。
夜、寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると勝手に考えないでください。
本当に眠れている方はあくびが関係しています。
あくびというのは大脳が酸素を欲しがっている状況なんですが大脳が休養を取りたい時にあくびをしています。
昼間ではなく夜に寝ようとする時間にあくびが出ているかどうかです。
朝、起きてもあくびが出なければだめです。どんなにいい睡眠が毎日毎日できているのかという問題がありますのでそんなにいい睡眠が毎日できる理由はありません。
骨盤矯正をするなら睡眠負債は

page top