産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正は体調が悪い方が多いようです。
体調が悪い事が影響して骨盤自体が、炎症を起こしていたり、腫れていたり、ただれていたりしていることが多く見受けられます。
産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正

体調が悪い事が、骨盤の歪みを起こしていきますが、体調だけではなく出産することで体力を多く使ってしまって、赤ちゃんができて環境が変わって寝不足にもなりますから。
なかなか、
自力で体調が上がるとは考えにくいのが現状になります。
体調が上がりきらないで、体調が悪い状態で生活していると、骨盤に炎症やハレ、ただれと言う事が起こり始めます。
骨盤の歪みや骨盤の開きだけでは済まなくなることが起こります。
単純なものではなく、骨自体が炎症を起こしたり、腫れたり、ただれたりすることが起こります。
そうすると
腰痛、股関節の痛み、鼠径部の痛みなども起こります。
この状態になると電器や揉んでも良くなりません。
骨盤の骨の炎症やハレ、ただれを解消していく必要があります。
出産後の産後の骨盤矯正は、体調や骨の状態を確認する必要があります。

 

当院では初回から骨盤が小さくなることで人気のある骨盤矯正をしていますが遠いと骨盤矯正は美容的な骨盤矯正でもなく 本当の意味で骨盤を治していく骨盤矯正で 骨盤を小さくすることができます。
当院では30年の経験から特殊な検査をすることができますのでその検査をすることで骨盤の状態がどういう状態になっているかという 骨盤がどうなっているかという事までわかります。
骨盤矯正というよりも骨盤の治療と言った方が正しいと思いますがどうして骨盤矯正というよりも骨盤の治療と言った方がいいのかという意味があります。

 

普通、骨盤矯正と言うと エステなどで行ったり整体やカイロプラクティックでも骨盤矯正をしているところもありますし 整骨院でもマッサージ3でも骨盤矯正をしているところもあるかも分かりません。
しかし多くの骨盤矯正をする治療院でも検査することはできていないしどういう風に骨盤がなっているかという検査もいい加減なところも多く見受けられます。
当院の骨盤矯正は 骨盤の歪みやズレや開きというだけではなく骨盤の骨自体や筋肉自体や 靭帯自体がどういう風になっているかということまで確認しながら骨盤矯正をしていきます。
今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたがそのためにも検査をして骨盤がどういう風になっているかということを判断しながら骨盤を整えていくわけですけどそのためには検査ができないと、また正確な精度が高い検査ができないと骨盤を小さくすることができません。

 

骨盤を小さくしていくためには

当院では特殊な検査ができることが 特徴ですから検査をすることで骨盤の状態を判断しながらしていきますしまた生理痛や便秘なども骨盤矯正の一番の大敵になりますのでそれらからも会場または改善していくようにしないといくら薬で抑えるようにしていても骨盤の中に入っている内臓がしっかりしない限りは骨盤は安定しませんし不安定状態になって便秘や生理痛が長期間に及んでしまっています。
骨盤矯正と言っても生理痛や便秘なども全て関係していきますので腸の状態や子宮や卵巣の状態なども検査しながら骨盤矯正で整えていくことをしないと 骨盤が小さくなって安定しません。

 

ただ骨盤矯正で言葉を小さくすればいいというわけではなく体調の状態や雷蔵の状態というのも大変関係が深くありますのでそれらからも整えていくことをしないと骨盤が安定しませんし逆に骨盤矯正をすることで不安定状態になってしまったり 生理痛がひどくなったり便秘がひどくなるという例もあるかと思います。

 

簡単に骨盤矯正というのを何も考えずに来られる方が多くいますが骨盤矯正をしていくためには関係するもの全てが 骨盤に影響を出していますので 骨盤が不安定状態になったりすることなく骨盤を整えていくことをしています。

 

骨盤を整えていくためには

例えばですが腸の状態の便秘症の方は骨盤全体が大きくなりやすく腸の働きが悪いと周辺に脂肪がつきやすくなったり太くなったり足も太くなったりしていきますので便秘というのは骨盤に 多大な影響を与えています。

 

生理痛が起こりやすい形や生理不順の方なども骨盤の株つまり股関節の辺りに影響が出ていきますのでご関節の辺りが異常に大きくなったりしてズボンが入りにくいとかいうこともありますし生理痛で 薬を飲んだりすることは一時的な痛み止めにしかなっていませんのでしっかり指導した原因を見つけることが骨盤が安定した状態で小さくなることができるし生理痛なども改善していくようになります。

 

多くの骨盤矯正をしているところはそこまで考えていませんしその治療法さえもありませんから当院では検査をすることで色々な状態を判断して行くことができます。

 

検査することで骨盤の歪みと開きを

まずは何と言っても骨盤矯正ですから骨盤の状態を検査することで確認しながら治療に入ります。
先ほども言ったように美容的なものではなく何かを塗ったりすること言うのはなくマッサージすることではなく骨盤の状態を確認しながら歪みや開きなどを改善していくようにします。
しかし最近は体調の悪い方が異常に多いので体調が 悪い方ほど 自分の体調が分かっていないのが現状です。

 

こちらが検査をして体調悪いですねと言うと体調が良いと思ってきましたという方もいらっしゃいますから。

 

当院の体調を検査する 方位が正確なのでご自分の体調を過大評価してしまって分からなくなっている場合が多くあります。

 

最近多くの形が脳に疲れやストレスをためてしまって脳疲労というよりも脳が衰弱してしまっている方や脳に負債を多く食べてしまっている場合がありますので そういう形のことを睡眠負債と言っています。

 

眠りの浅さ

昔の 無理というのは寝つきが悪かったり1時間も2時間も眠れないという方ばかりでしたが また夜中に目が覚めたりして眠りが浅いということを知っている方が多くいましたが今の不眠症は夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると思っている勘違いがあることです。

 

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思うのは大きな間違いです。
夜に寝て 朝までの5時間か6時間の間に 夢を見るというよりも寝ながら考え事をしている睡眠というのをしているということです。

 

寝ながら考え事をしている睡眠というのが睡眠の中でも一番浅く悪い睡眠だからです。

 

この寝ながら考え事してる睡眠というのが睡眠負債の最大の要因になっていてこの睡眠負債が多くなればなるほど脳細胞はどんどん減っていきますのでローンの 空洞化ができやすくなったりして記憶の問題を起こしたり精神面を起こしたりうつやパニックなどを起こしたり最終的には認知障害に進行していくところが恐ろしいところです。
認知障害の方は痛みやコリを感じませんし 肺炎になるまで悪化させないと風邪の諸症状もわかってくれません。

 

脳疲労や脳衰弱があると

 

脳疲労が強かったり膿がすごく弱りすぎていて衰弱状態までを聞いていると脳細胞の減りが早く 急速に精神面を得られるか眠りが浅くなっていることさえもわからなくなって自分は元気だと思ってしまって勘違いしている方が多いからです。

 

自分自身が ハイテンションになっていることさえわからなくなってしまっている方も多くなっていますのでイライラしたり頭痛が起きたり頭がぼーっとしたりという方もいらっしゃいます。

 

骨盤矯正をしていく上で色々な状態のものを直して行かないとまたは改善していかないと骨盤が小さくなりにくいという方もいるからこの説明が必要なわけです。

 

ですから骨盤矯正と言っても簡単な美容的なものではなく何かを取って代わるものではありませんので当院では骨盤矯正を骨盤の治療するという風に言ってもいいくらいだと思っています。

 

当院の骨盤矯正には二通り

当院の言葉の矯正は二通りの骨盤矯正があります。
一つ目の骨盤矯正は体調を上げることで骨盤を小さくできる骨盤矯正。
体質改善という特殊な治療で若返りをさせてまたはアンチエイジングをして骨盤を小さくしていく骨盤矯正です。
しかし体質改善による骨盤矯正は初回からはできませんので数回後の骨盤矯正になります。
しかし体質改善による骨盤矯正というのは変化も大きく安定度でも一番なのが特徴です。
自分の体を若返らせていくわけですから 弱い内臓などもまた症状が起こりやすい内臓なども改善していくようにしていますので 改善をしていくと骨盤が小さくなったり ウエストのくびれができてウエストが細くなったり身体全体がほっそりしていく骨盤矯正ではあります。

 

つまりは骨盤にとどまらずウエストなどや 今日阪神などや 足も細くなったり顔も小さくなったり体調も上がって元気になるということができるのがこの骨盤矯正の特徴です。

 

 

 

北九州近郊で北九州市小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区や周辺の下関市、田川市、飯塚市、直方市、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町、福岡市、福津市、田川からも来られています。

page top