整体で歪みやズレを解消

整体で骨盤の歪み・背骨のズレを矯正

整体というのは歪みやズレが起きた体を整えていくことですが普通一般的には整体と言うとボキボキしたり体を揉んだり低周波、電気治療器などをかけたりすることが多く見受けられます。
体の歪みが起きた時にはどうして歪みが起きるのかということを考えなければいけませんが多くの整体院では姿勢が悪いとか猫背だとかいう漢字で説明をされてしまう場合が多く見受けられますが、どうしして姿勢が悪くなるのか猫背になるのかということを説明している整体院は少ないと思います。
歪みやズレはどうして起きる

日常的にたまるのが歪みやズレに

体には毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することで体を動かしたりすることが多くありますので体を多く動かしたり使ったりすることであるものが生み出されていきます。
あるものが生み出されて体に蓄積していくことが原因で体は補正的に歪みやズレを起こしていきます。
歪みやズレを起こすことで痛みやこりになり体の不調状態を自分に知らせることをしているのが痛みやこりなんです。
体が唯一病気でもないのに知らせることができるのが痛みやこりとして起きています。

病院でもないのに痛みやコリが起きる

病気になってしまえば何かの症状が起きることがありますから病気というわけでもないのに何かの症状が起きたり痛みやこりになるということは不自然な状態だということなんですが体から見れば普通当たり前のことですし体が唯一をこすボディーランゲージというのが体が表現するという意味なんですが痛みやこりです。
どうして痛みやこりが起きるのかということがありますので普通一般的に腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などは歪みやズレが原因で起きている場合が多くありますが歪みやズレがどうして起きるのかという裏側にある原因がありますので単純に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正すればいいというわけではありません。
疲れやストレスと整体

整体では

普通、整体では骨の矯正を中心にしていますがどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのかということを姿勢が悪いとか猫背があるとかいう感じに説明されてしまいますので、その原因というのを見つけなければいけません。
姿勢が悪いのも猫背になるのも原因があるからです。
何も原因がなくて猫背になることはありません。
何も原因がないのに姿勢が悪くなることもありません。
生まれつき悪いという方も時にはいるかも分かりませんが多くの場合は思い込みの場合が多くありますから長年、姿勢が悪くなるのが治りきらないということです。

体を整える事が整体

整体というのは読んで字のごとく体を整えていくことですから歪みが起きた体を整えて強制することをしていくのが整体です。
整体というのは日本の古来の剣道や柔道の試合や練習で痛めてしまった腰や肩や関節などを矯正していたのが整体です。
整体というのは主に師範の方が矯正をしていたのが整体です。師範の先生から弟子に受け継がれているのが整体療法です。
整体というのは骨を矯正することなんですが骨を矯正すると言っても骨には関節がありますので関節を矯正して整えていくことをして腰痛や肩こり喉の痛みやコリを楽にしていく方法です。
整体というのは歪みやズレを矯正していくことですから歪みやズレから起きている色々な症状を改善することができるわけです。
体に起きる色々な不調や痛みやコリなどは必ず歪みやズレを伴いながら起きています。
しかしどうして歪みやズレが起きるのかという原因がありますので何も原因がなくて歪みやズレが起きることはありません。

風邪を引いても歪みやズレになる

腰痛や肩こりなどに代表される色々な症状というのも必ず歪みやズレが起きていますし風邪を引いてもインフルエンザになっても歪みやズレが起きています。
歪みやズレが起きる時にはどういうことが起きているかと言うと体には多くの疲れやストレスが溜まっていますので疲れやストレスを溜めてしまうと蓄積したところが原因で歪みやズレを起こしていきます。
人が生活していくときには仕事をしたり運動をしたり掃除をしたり食事を作ったり買い物をしたりすることや歩いたりジョギングをしたりすることで多くの疲れやストレスは生み出されていきますが生み出されたものは体に全て溜まっていきます。
体に疲れやストレスが溜まるということは何となくわかっている方が多くいますが疲れやストレスがどこに溜まるのかということを考えている方はいませんし専門の方も知らない場合が多くあります。

疲れやストレスの蓄積

何をしても疲れやストレスが多く満たされていき何もしなくても疲れやストレスは多くなっていきます。
疲れやストレスをおおくしてしまうことばかりなんですが減らすことは全然考えていません。
体に疲れが溜まったら気分転換をしたりカラオケに行ったり飲みに行ったり旅行に行ったりという感じで普段と違うことをすることが大切なことなんですが気分転換することでも多くの疲れやストレスは多くなりカラオケに行ってもエネルギー発散をしてしまいエネルギーを消費してしまうことで疲れやストレスが多くなっていきますし飲んだりすることでも座っているだけでも疲れが多くなってしまいアルコールを分解することでも内臓の負担になっていきます。
普段していることが体に多くの疲れやストレスを溜めてしまう結果になってしまうので疲れやストレスが多く溜まっていくと体は自然と歪みやズレを起こしていきますが歪みやズレが起きたからといって直結して痛みやこりになることはありません。
歪みやズレが起きて歪みやズレが大きくなるほど疲れやストレスが溜まっていききっかけで痛みやこりになっていきます。
疲れやストレスと整体

切っ掛けと歪みやズレ

場合によっては切っ掛けが起きていなくても痛みやこりになってしまうことはありますが限界まで食べてしまった疲れやストレスが原因で痛みやコリになっているということもあります。
風邪を引いてもインフルエンザになっても背骨のズレを起こしていきますので背骨のズレというのも関係する部分があるから背骨のズレになるわけですから風邪を引いたりインフルエンザになっても背骨がずれたりする原因は肺の炎症が起きていれば背骨の3番目の骨がずれを起こしていきますし肺の炎症が起きていないでも免疫の問題で背骨の7番目の骨はずれを起こして います。
もちろん風邪やインフルエンザから回復していくと背骨の7番目の骨は戻って行きます。
一時的に起きる問題と一時的に起きた状態が長期間続く場合があります。
整体というのは単純に骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを矯正すればいいというわけではありません。
普通一般的に整体院と言うと単純に骨盤の歪みや背骨のズレを矯正することを中心に施術していると思いますが筋肉を揉んだり低周波治療器や電気などをかけているところもあると思います。

骨盤の歪み・背骨のズレはどうして起きる

しかしどうして骨盤の歪みや背骨のズレが起きてしまっているのかということを考えている先生は少ないと思いますので骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こしている原因がさらに存在しているということです。
例えば体が疲れたとかストレスが溜まったと簡単に言いますが疲れやストレスというのはどこに溜まっていくのか。
疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなります。
つまり体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても単純な水というわけではなく血液だったりリンパ液だったり脳脊髄液だったり体液だったり細胞の中の水だったり色々な部分に水が存在していますので体を絞ることで出てくる水というのは60 kgにもなるということです。
水分が60 kg にもなりますので後残ったさ40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありません。

疲れやストレスがたまる所


この中で疲れやストレスがたまるところと考えられるのは筋肉にも溜まりながら内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていきます。
内臓の中には大脳と脳幹や脊髄なども入りますので内臓に多くの疲れやストレスが溜まるということで体は歪みやズレ起こしていき歪みやズレが起きてしまうと痛みやこりになってしまうということです。
筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨がずれて動いたりすることで筋肉は伸ばされたり緊張したりしていきますのでリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることが起こります。
何も原因がないのにリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまるということは起こりませんしもし何も原因がないのにリンパの働きが悪くなったり老廃物が多く溜まった事が起きていると大変なことが起きているということです。

リンパの流れ

リンパの働きが悪くなって老廃物が多く止まった状態で最悪の状態のことを腹水がたまっていると言いますので腹水が溜まるということはかなり良くない状態です。
腹水というのはお腹がパンパンに膨れた状態のことを言いますのでそういう状態はかなり状態が良くない時にしかを起こりませんので最悪の状態は腹水が溜まったという状態のことを言いますがリンパの働き悪くなって老廃物が多く蓄積していくということはその手前だということです。
リンパの働き悪くなって老廃物が溜まってしまうのは少ない状態で起きていますので単純に何も原因がなくて起きるということはありませんから疲れやストレスが溜まりすぎて体調が落ちていて調子を落としているということになります。
毎日毎日の生活や仕事をすることや体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスが多くなっていきますが減らす努力をしていませんので溜まるばかりですから溜まってしまうと歪みやズレになっていきます。

睡眠負債と疲れやストレスの蓄積

そしてそれ以上に最近多くの方が気がついていませんが睡眠負債という言葉があります。
睡眠負債という言葉は新しい言葉ですが不眠症に近い状態のことを言いますので不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったりするのが不眠症ですし夜中に何回も目を覚ましてしまうのが不眠症です。
しかし睡眠負債というのは不眠症とは違って夜中に何回も目を覚ましたりすることはありませんし寝つきは悪い方ではありません。
夜寝ようとすると朝まで眠れてしまうのが睡眠負債ですが睡眠負債というのは寝ているんですが眠りが浅い状態のことを言います。
浅い睡眠には二通りの睡眠がありますが夢を見ることも浅い睡眠のひとつですから夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが睡眠負債状態の最悪な睡眠というのは寝ながら考え事をしている睡眠をしている睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ながら考え事をしている睡眠ですから本人は寝ているので気がつくことはありませんし目が覚めた瞬間に忘れてしまうのが出ながら考え事をしてる睡眠になります。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは最悪な睡眠のことになりますので最悪の睡眠を多くしている方ほど大脳が弱っていき大脳が弱ると色々な状態で悪化していきこじらせた状態を招いていきます。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは多くの方に気がついていないで起きていますので夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。
疲れやストレスと整体

page top