腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛

腰痛を楽にしていくためには、腰痛の原因になっているものを見つけ出して改善していくことが必要になりますが、腰痛の原因を見つけ出すこともなく、単純に表面上にある痛みだけを楽にすることができるために多くの方の腰痛の治療がおざなりになっていて、原因が残ったままになっています。
腰痛を楽にすることと、腰痛を治していくということは全然意味が違いますので、多くの治療法が腰痛を治すという意味ではなく、腰痛を楽にしていくことを対象にしています。
腰痛を楽にする企業というのは、湿布を貼っても楽にすることはできるでしょうし、ドラッグストアなどに売っているサプリメントや痛み止めを飲んでも楽にすることができるかも分かりませんし、何かを塗ったりして楽にすることができる可能性もあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

また、家族の方に腰を揉んでもらったり、専門家の先生に腰を揉んでもらっても楽になることがありますが、低周波治療器や電気などをかけても腰痛を楽にすることはできると思います。
しかし、腰痛を楽にすることはできても、腰痛を治すことはできていません。
腰痛というのは腰痛を引き起こしている原因があるから、腰が痛くなっている訳ですけど、表面上の痛みさえ楽にすることができれば治ったと思うでしょうが、実は違うんです。

楽にすることと、直すこと

腰痛を楽にしていく事は、短期で可能かも分かりませんが、腰痛を治していくということは色々な面から攻めていくことをしないと治すことはできません。
最近は多くの方が腰痛をこじらせている方が多くいますので、腰痛をこじらせてしまった方はしばらくの治療が必要になりますので、治療を進めていくことで徐々に楽になっていくという感じですね。
腰痛にも色々程度がありますので、軽いのから中程度から重いのかなひどすぎるのから色々な段階がありますから、段階に応じて確認しながら変えていくしかありませんが、程度が軽い場合は数回で良くなると思いますが、楽になったら腰痛が治ったわけではありませんので、そこからさらに腰痛を起こしている原因がありますから、原因から改善していく治療のことを体質改善といいます。

毎日の生活で増えるもの

腰痛を起こしている原因は、毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することや色々な物事で体を動かすことで多くなって体に蓄積していくものが原因です。
毎日毎日の生活や体を動かすことで、多くなったりするものというのは疲れやストレスなんですが、疲れやストレスがどこに溜まるのかということを考えている方はいませんし、専門家の先生も知っている方は少ないと思います。
疲れやストレスというのは、同じ言葉なんですが、ストレスは溜まっていると考えている方がいますが、ストレスというのは蓄積した疲れです。
蓄積してしまった疲れが多くなればなるほど、ストレスという状態になっていきますので、ストレスというのは肉体的なストレスと精神的なストレスに分かれます。
肉体的なストレスが溜まった状態の時に精神的なストレスを解放すると楽になることもあるために精神的なストレス発散ばかりすることが多くあります。

ストレス発散

精神的なストレス発散というのは、飲みに行っても解消されることもありますし、カラオケで歌を歌ってもストレス発散はできるかも分かりませんが、飲みに行ってもカラオケに行っても体には疲れやストレスが溜まるばかりです。
精神的なストレス発散というのは、温泉にいってもストレス発散はできますけど、肉体的には疲れがたまるばかりです。
旅行に行ったり、温泉に行ったりする時に入っている時はいいですが、行くのと帰るのと両方ともに疲れやストレスが多くなるばかりです。
普段と違うことをすることがストレス発散になりますが、ストレス発散のものは精神的なストレスを減らすことができますが、肉体的なストレスを発散することを考えてもいませんし、してもいません。

体のストレスの蓄積

肉体的なストレスというのが蓄積していくばかりなんですが、肉体的なストレスというのはある部分に多く蓄積していきます。
腰痛を起こす原因は、肉体的な疲労が溜まってストレスになったのが原因ですから、ストレスがどこに溜まるのかで関係が深くあります。
例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると体重の半分以上-65kg以上の水分が出てきますが、随分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり、細胞の中の水だったりという感じで多くの水が出てきますので、水に何かが起きたりすることはなく、水にストレスが溜まることはありません。

疲れやストレスの蓄積

あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということなんですが35キロの中には神経と血管とリンパの重さと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の重さと中枢神経系と内臓の重さになります。
この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは主にですが中枢神経系も内臓の一部ですから内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まると言えます。
内臓と言っても病気というわけではなりませんので、内臓イコール病気というのは考えるのはやめてください。内臓にも多くの疲れやストレスがたまることが原因で数値的な異常が出る訳ではなく、異常になることもあるんです。

内臓疲労が歪みやズレに

内臓に疲れやストレスがたまることが原因で数値的な異常が起きることはあまりなく、数値的な異常が起きる時にはあくまでも病気になっている時です。
病気と言ってるわけではないと説明したように、数値的な異常が何でもかんでも出てしまうことはありません。
人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しますので、弱い部分に多くの疲れやストレスが溜まりやすく、そうでもない部分はあまり痛みやコリになることもなく、歪みやズレを起こすことはありません。

弱い部分に疲れやストレス

弱い部分に多くの疲れやストレスがたまることが原因で腰痛は起きてしまいます。
例えばですけど、腰痛になる原因の内臓が弱い方が腰痛になっていきます。
腰痛になる原因の内臓がそうでもない場合は、腰痛にはなりえません。
腰痛というのは、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを起こして体を支えることができない時に腰を痛めたり、腰痛になっていますので、どうして骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きるのかという事は内臓に関係があるんです。

腎臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

腰痛を起こしている内蔵というのは腎臓です。
腎臓が弱い方が腎臓に関係する大腰筋と腸骨筋という筋肉のバランスが悪くなることが原因で骨盤が開いたり、骨盤が歪んだり背骨がずれたりということが起こりますので、特に腰椎の4番と5番がズレやすくなります。
骨盤が不安定な状態の時に重たいものを持ったりすることで、体を支えることができませんので、体を支えることができない時に重たいものを持ったり、体をひねったり、何かを取ろうとして手を伸ばした時に腰が痛くなったりします。
腰痛を起こしている原因は弱い腎臓に疲れやすいですが、溜まることが原因で大腰筋と腸骨筋という筋肉のバランスが悪くなることで骨盤が不安定になった時に何かをしたら起きます。

腎臓の弱さ

腎臓の弱さと最近はもう一つ腰痛になったり、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因が存在します。
腰痛を起こす原因というのは、睡眠負債です。
最近は多くの方が寝ているようで、眠れていません。
夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいますが、眠りというのは大脳が休養とって熟睡状態をしている時に寝ていると言えますので、ただ寝ているだけではダメなんです。

寝ているとは

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢を長く見ていたなと思っていても脳が起こすトリックであり、数秒の時間だったということもあります。
誰が見てもスースー寝息を立てているような眠りをしていても、大脳がどういう状態になっているのかということは考えてもいませんし、見えてもいません。
見た目で見て目をつぶってすうすう寝息を立てていることが寝ていると判断していますが、大脳が緊張したり考え事をしたりという感じのことまで分かっていませんし、見えていないということです。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ている時に寝ながら考え事をしてる時間が圧倒的に長くなっているのが最悪な時間になっていますので、寝ながら考え事をしている時間が5時間も6時間も7時間もあるということなんです。
しかし、寝ながら考え事をしている時間というのは、目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠になります。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは大変眠りが浅く、異常なほど体調を落としていますが、大脳が弱っていきますので大脳が弱ることが原因で痛みやこりを感じにくく歪みやズレが酷く起きていても何も感じないという方もいます。

睡眠負債と腰痛

最近は多くの方が睡眠負債状態になっていて、寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっていますので、寝ながら考え事をしていると大脳が急激に弱っていき、脳細胞の減少が起きるということも起こりますので、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあります。
骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあると腰痛になるのは当然です。
北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを解消。

 

 

page top