腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛み

当院では腰痛や腰の痛みを解消するためには、まずは痛みを楽にすることから始めて楽になってきたら原因を見つけ出して変えることをしています。
まずは、痛みを何と言っても楽にすることから始めなければいけませんので、楽にしていくためにも状況を判断しなければいけませんので痛みの理由を見つけ出すことをしています。
痛みの理由を見つけ出すためには検査することをしていますので、検査をしてみて痛みの理由を確認しながら解消していくことをしています。 当院では痛みを解消していく治療として、湿布を貼るという行為や注射を打ったりという病院のような治療法ではありませんし、マッサージ院のような筋肉に対してマッサージをするということでもありません。
また整骨院や他の整体院やカイロプラクティック院のような低周波治療器や電気などを用いたりすることは昔はしていましたが今はしていません。

腰痛、腰の痛みの直した方は

腰痛は腰の痛みを起こした場合、何をすればいいのか、どこに行ったらいいのか、どうすれば良いのか??
まずは腰痛は腰の痛みという音炎症や腫れを伴う場合が多くありますので、お風呂で入ったり温めたりすることも、慢性状態になってしまったら構わないんですが、何よりも急性状態を疑わなければいけないので湿布などで冷やしてください。

腰痛、腰の痛みと湿布を貼る事

腰痛、腰の痛みと湿布を貼る
冷やすことで炎症や腫れを抑えてしまわなければいけませんので、なによりも冷やしたりすることが重要ですが体が冷えないようにして患部だけを湿布などで冷やしてください。
しかし湿布を貼って、なんでもかんでも痛みが楽になるかというと、そういうわけにはいきませんので、湿布を貼って楽になる範囲のものであればということになります。
湿布という意味は捻挫などに用いる場合が多くあり痛みを解消するために炎症効果のある鎮痛薬が入っていますので鎮痛薬の効く範囲であれば効果があるというのが湿布です。
腰痛や腰の痛みが起きる時には体が悲鳴をあげている時ですから体を悲鳴を上げる時というのは体調を落としている時に何か押したら痛みになってしまいますので痛みになってしまったきっかけが重たいものを持ったりとか前かがみになったとか座って立とうとした時とかという感じだと思いますのでなによりも調子を落としていることが原因です。
自分では調子は悪くないと思っても実は体には多くの悪いものが溜まっていますので悪いものが溜まれば溜まるほど自分でも気が付かないで調子を落としているんです。

 

※湿布を貼って腰の痛みは腰痛が楽になっても原因は残ったままになっていますから腰の痛みがない時でも原因は進行していくということを考える必要があります。

 

腰痛、腰の痛みとサプリメント

腰痛、腰の痛みとサプリメント
腰痛は腰の痛みが起きた時に栄養関係のものから解消していく方法というのもありますが、栄養不足であればもちろん服用した方がいいと思うんですが腰痛や腰の痛みが起きる時には栄養不足というのはどうなのかなと思います。
今時、そんなに栄養失調の方もいませんし普通に食べていればバランスが悪くなって多少のバランスが悪いぐらいでそれほどの違いはないと思います。
サプリメントというのは薬と同じように全身に効果をあらわしていますので痛いところだけに行くということはないし痛いところだけに効くということもありませんので全身の部分に痛み止めとして適用されているということを知ってください。
腰痛は腰の痛みのある部分だけに薬が行くことはありません。
腰痛は腰の痛みと言うと頭痛などに用いられる薬や生理痛などに用いられる薬とほぼ同じ成分で構成されていますので特別なものは多少の栄養成分やミネラルやビタミンの違いだけだと思いますし、あとは、腰痛に効果があるエキスかも分かりません。

 

※しかし、多くの腰痛の場合しっかりとした原因があるんですが、原因を見つけ出すことは簡単ではないためにサプリメントや薬に頼ってしまっているということがあると思います。

 

病院と腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みと病院
腰痛や腰の痛みと言うと骨のヒビや骨折や圧迫骨折というのも、考えられないことはありませんので、病院に行ってレントゲンを撮ったりエコーを撮ったりという感じも必要な場合もありますので簡単に考えない方がいいこともありますし、場合によっては骨の問題以外で病気の場合も考えられます。
病院に行ったら手術をしなければいけないような状況になっている場合も考えることができますので安易に簡単に腰痛だからといって思わないほうがいいこともあります。
しかし病院に行って色々な検査をしても異常がなかったら、当院の方が病院よりも専門になりますので一度、訪れて状態を確認してみるのも一個の方法です。
病気や骨の問題が無い場合で腰痛の治療と言うと低周波治療器や電気などをしたり痛み止めの注射を打ったり湿布を貼ったりという感じが主だと思います。 病院では保険が適用ですから安くて済みます。
しかし当院のような体を整えたり矯正したりということはしていません。

 

※病院というところは骨折や怪我などの専門家ですから、外科や整形外科になりますが病院に行って注射を打ってもらったり湿布を貼ってもらったり薬をもらったりという感じで、本当の腰痛の原因は分かっていないんではなかろうかと思っていますので、病院というところは病気の専門家でもあります。

 

腰痛、腰の痛みとストレッチ

腰痛、腰の痛みとストレッチ
腰痛は腰の痛みと言うと筋肉や靭帯を伸ばしたほうがいいという感じでストレッチを色々な方法でやったり、足を前後にあって足を伸ばす方法とか色々な方法がやっていると思いますが、運動選手でもストレッチを十分に行っているのに痛めてしまうということがあるために効果的にはしないよりはしたほうがいい感じかなと勝手に思います。
ストレッチをしているのに痛めてしまうということは、何かがあるから痛くなると考えなければいけませんので、何でもかんでもストレッチをすればいいというわけではないと思います。

 

※腰の筋を伸ばしたり筋肉を伸ばしたり足の筋肉や靭帯が腰に関係するからといって、筋肉を伸ばすことは大変重要なことだと思うんですが普段から続けていないと効果がないということもありますし、やればやるほど疲労が多くなります。

 

運動不足から腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みと運動不足
筋肉のバランスが悪いからだとか腹筋を鍛えていないからだとか最近おきたいていないからだとかいう感じで運動不足の問題や筋肉のバランスの問題から腰痛が起きてしまっているということを多くの方で言われていることなんですが、どれもこれも該当しない場合も多くあります。
本当の原因は別な部分にあるのに筋肉の関係だとかバランスの関係だと言われている場合があり、鍛えようとしても続かないということも多くあります。

 

※運動すればするほど、多く生み出されるものは疲労です。

 

腰痛、腰の痛みと寝方

普段から寝ている時に寝方が悪いから朝から腰が痛いとか言われることがあるんですが寝てしまったら寝返りをするのでに始めが一番肝心だと思いますので寝やすい姿勢が一番だと思います。
どんな姿勢であろうと始めの眠りにつく姿勢がつきやすい姿勢であれば問題ないと思います。
寝てしまったら色々な姿勢を勝手にしてしまうので、自分でできるわけはありませんので。
腰痛、腰の痛みとマットレス、布団

マットレス、布団と腰痛、腰の痛み

布団やマットレスというのは良いものに変えてもあまり変化はありませんのでご自分の状態が一番関係していますので柔らかければ変えた方がいいと思いますし年数、経っていれば帰るべきではあります。
しかしどれもこれも高いのにすればクッション性や色々な物はいいでしょうけど布団やマットレスであまり変化を与えるというよりも自分の体の状態を確認しなければいくらマットレスや布団を変えても効果的にはありません。
基本になるものはご自分の状態です。

 

腰痛、腰の痛みとマッサージ

腰痛、腰の痛みとマッサージ
腰痛は腰の痛みが起きた時にはマッサージした方が良いという風に言われる方がいますが、マッサージというのは筋肉に対して、ほぐしたり揉んだり柔らかくしたりということをしていますので、矯正をしているわけではありません。
腰痛や腰の痛みというのは体の歪みが存在していますので身体のゆがみというのは体調の悪さから起きている問題ですから体調を上げたりして歪みを解消しなければいけないのに筋肉だけでマッサージしても楽になるために筋肉だけで治療している方が多くいます。
筋肉を柔らかくしたりほぐすということと骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正したり背骨のズレを矯正するということは全然意味からして違いますし歪みやズレや開きを矯正するためには筋肉の問題も関係しますので筋肉をを広げたり柔らかくしたりという行為はしています。

 

腰痛、腰の痛みを解消する治療は

腰痛、腰の痛みの治した方
当院では腰痛や腰の痛みの方の場合、まずは検査することから始めていきます。
普通は検査するということは、どこでも誰でもできる方は、少ないと思いますので多くの治療院でも検査が出来ないためにマッサージをしたり湿布を貼ったり低周波治療器や電気などをしたり注射をしたりという感じが多く見受けられると思いますので本当の腰痛は腰の痛みの原因は分かっていない場合が多くあります。
腰痛、腰の痛みの原因の検査が出来ないために分からない専門の先生も多くいるということです。

 

北九州市小倉南区小倉北区と八幡東区、戸畑区、若松区と門司区と行橋市と八幡西区から多くの方が訪れています。

page top