腰痛を解消して楽にしていくなら

腰痛の原因

腰痛、腰の痛みになるのは原因がありますので、痛みを楽にしたら原因も解消していきます。腰痛を改善していく方法は2通りあります。

  1. 体を整えて腰の痛みを楽にする方法(初回と2回目の方法(筋肉、じん帯の炎症やハレを緩和したり、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを整える方法)
  2. 期間を変えないで受けると

  3. 体質改善で痛みの原因を見つけ出して変えていく方法ができます

 

腰痛、腰の痛みを解消して楽にするなら

  1. 体を整えていく事(筋肉・じん帯のバランスを整えたり、炎症やハレを改善したり、骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを矯正したりすることや痛みを起した原因を見つけていく事も必要です)
  2. 椎間板ヘルニアになっていないか、骨盤の骨に異常がないか、確認していきます。
  3. 腰の痛みを作る骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを起こした原因を解消していきます。
  4. 痛みが楽になってきたら体質改善で原因を改善する事をしていきます。
  5. 眠りの問題も腰痛、腰の痛みを起こす原因になるますので、自分では気が付かないで眠りが浅い事もありますので。

 

腰痛や腰の痛みが起きると、慌てて何をしたら良いか迷ってしまいます。まずは痛みが起きたら入浴は避けるべきです。確かにお風呂に入って温める事で腰の痛みが楽になったと言う方はいます。その理由は炎症が少ない場合です。なんでもかんでも温めれば良いと言うのは違いますし循環を良くすれば良いと言う訳でもありません。
腰痛、腰の痛み
痛みが強い時には炎症が起きていますので入浴したり温めてしまうと、痛みが長引くこともあります。その為、何をしたら良いかと言うと冷たい湿布を貼って冷やして下さい。まずは炎症やハレを減らす事が優先ですから。
初期の方法を間違うと痛みが長く続くこともあるので、温めるよりは冷やした方が間違いはありません。
慢性化状態になってしまったらし冷やしても温めても構いません。
痛みが強くある時に、冷やすことをお勧めします。数日は冷やして回復を待った方が良いと思います。その理由は強い腰の痛みが起きている原因に由来しています。

腰痛が起きる時には

腰痛、腰の痛みが起きる時には体調が良い時には起こりません。腰痛でも肩こりでも体調が良い時に痛みやコリが強くなる事はありません。
体に痛みやコリが起きる時には、状態が良くない時や体調が悪い時にしか起こりません。
しかし人の体は、痛みやコリが起きてしまって初めて気が付きますから、それ以前に感じることがなければ、体調の悪さも調子の悪さも感じていない場合もあります。本人が、状態の悪さを感じていなければ、全員の方が『体調は悪くないのに、どうして腰の痛みが起きるのか?』と言う不可思議な現象になります。

 

当院では腰痛の方や、どこに行っても腰の痛みが良くならないとか、数年間の腰痛がある方が来院すると検査してみますが、見事に体調がすごく悪いことがわかります。こんな状態では回復もしないだろうし、痛みが良くなる事はないんじゃないのかと思う事もあります。

 

腰痛を予防することや腰痛を解消するには

腰痛の治し方は一般的には多くの方法があります。テレビや雑誌の特集でも良く取り上げていますから目にした方もいると思います。
腰の痛みが起きたら腰痛ベルトを巻いて固定することで痛みが緩和する事もありますから、腰痛ベルトを巻いて腰が痛くなるのを防いでいる方もいますし、痛みが楽になるからと言って腰痛ベルト巻いて生活している方もいます。
しかし腰痛ベルトは常時するモノではありません。単純に固定と圧迫しているだけですから。
固定して支えてあげると楽になる為であり、圧迫して締め付けていると、繰り返しにくくなることや防ぐことができる場合もあります。
しかし、圧迫することは、良くありません。圧迫していると筋肉も弱っていきますし内臓も圧迫されたままです。
腰痛ベルト痛みが強い時だけするようにして、普段の生活では巻くよりも原因を見つけ出す事をして下さい。

腰痛とストレッチ、体操、筋トレ、運動

腰痛が起きやすい方に良く言われることは、普段から筋肉を使っていないからだとか、運動していないからだとか、筋肉のバランスが悪いからだとか、プールで泳いだ方がバランスが良くなるだとか言われていますが、それも一理あります。

 

腰痛が起きるとストレッチしたり腹筋を鍛えたり運動したり体操したりサプリメントで楽にしたり湿布を貼ったりマットレスを変えたり寝方を変えたりする方法もありますが、痛みの原因は??
腰痛には腰が痛くなる原因がありますので、原因を見つける事も必要になります。
しかし、原因を見つける為にも、痛みを楽にすることが優先されます。

腰痛は

腰痛や腰の痛みが起きた時には、普通は何かをして痛めてしまう事が多くあり、代表的な事は、重たいものを持ったりする事や前かがみや、中腰や腰に負担が大きくなる姿勢で腰を痛めてしまう事がありますので、クシャミをしただけで腰痛になる方もいます。
座っているだけで腰が痛くなる方もいます。
朝、起きたら、いつも腰が痛い方もいます。

 

どうして腰痛や腰の痛みが起きるのか、多くの専門家の先生もわかっていません。
原因がわかっていないけど、湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽になっていく事も多くあります。
しかし、これらの方法は痛みの原因を見つけ出している訳ではありません。
原因を見つけ出さなくても痛みを楽にする事はできるからです。この方法を対症療法と言います。
腰の痛みの原因はわからないけど、湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしています。
多くの腰痛の専門の施術院は、対症療法をしていますが対症療法も悪い訳ではありません。

腰痛、腰の痛み

しかし繰り返したり慢性化して長期にわたり腰痛になる原因があります。
その原因は簡単に変わるモノではありません。

 

  • 腰痛の原因は湿布を貼っても変わりませんが、痛みは緩和するかも知れません。
  • 腰痛の原因はマッサージしても変わりませんが、痛みは緩和する事もあります。
  • 腰痛の原因は低周波治療器や電器をしても、変わりませんが楽にする事はできるかも知れません。
  • 腰痛の原因は注射を打っても変わりませんが、痛みは緩和するかも知れません。

骨盤の歪み・背骨のズレ
しかし腰の痛みがなくても、原因が残ったままになっています。
原因が残っていれば、いつまでも同じままではありません。つまり進行していく事もあります。

 

痛みを感じない時でも原因はあるので、進行していけば、次、痛みを感じた時には悪化して出てくるか、こじらせて治りずらくなるか、椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛が起きたり、慢性化状態になる事もあります。
例ですが

  1. 1回目に腰が痛くなった⇒湿布を貼って痛みが良くなった。(この時の年齢が30歳)
  2. 数年後に腰が痛くなった⇒湿布を貼っても良くならないので、整骨院に行って腰の痛みが楽になった。(この時の年齢が32歳)
  3. また数年後に腰が痛くなった⇒湿布を貼っても整骨院でも治らないから、整体に行ってボキボキして楽になった。(この時の年齢が35歳)
  4. また数年後に腰痛が起きた⇒湿布を貼っても整骨院に行っても良くならない整体院でも変わらない(この時の年齢が40歳)

腰痛が収まらないので病院でレントゲン検査をしたら手術でしか治らない椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症になっていると言われたと言う感じに進行してしまう事もあります。これは、あくまでも例です。

 

腰の痛みの原因を残したままだと、急に椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛で足のシビレや痛みが起きたりする事もあり、又、膀胱炎や生理痛なども起きてしまう事もあります。

 

 

腰痛の方も眠りに問題があると、治りずらくする事もあります。
眠りとは脳が寝ている事だけを言います。
布団やベットの上で横になって目を閉じてスースー寝息を立てていれば、寝ていると思うでしょうが違います。

 

脳から寝る事が出来ないと無呼吸になったりする事や、痛みが起きているのにマヒして鈍感になり痛みを感じにくくなることもあります。

 

腰痛の方は

腰痛が起きやすい方、腰を痛めたことがある方、今でも腰が痛い方は、慢性化した腰の痛みがある方、長期間の腰の痛みがある方、何をしても腰痛がとれない方、病院で椎間板ヘルニアだと言われた方など、多くの方が来ています。
整体とカイロプラクティックで腰痛、腰の痛みなどを解消していく時には、どうするのかと言うと、マッサージしたり揉んだりすることはしていますが、それが治療ではありません。低周波治療器や電器を使う事もしていません。
では、どうして痛みを解消していくのかと言うと、まずは検査です。
検査するのは炎症やハレから検査していきます。炎症やハレがあれば、それから抑えていかなければいけません。炎症やハレを改善できたら、次は骨盤の歪みを改善していきます。骨盤の歪みや開きを改善したら、次は、背骨のズレを検査で見つけていきますが、場合によっては椎間板ヘルニアがあることもありますから、椎間板ヘルニアも解消していきます。
しかし、いくら骨盤の歪み・背骨のズレを矯正しても歪みやズレは取れても治る力、回復する力がなければ回復もしませんし、立つ力が落ちていれば真っすぐ立つこともできません。その為、数回はかかる事もあります。

 

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

① 筋肉や靭帯の炎症やハレを解消すること
② 筋肉やじん帯のバランスを整えること
③ 骨盤の歪みや開きを矯正して整える事
④ 背骨のズレを矯正して改善すること(椎間板ヘルニアがあれば解消すること)
⑤ 骨盤の歪み・背骨のズレを起こした原因を見つけ出して整えること。
⑥ 腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの痛みが楽になったら体質改善で変えること。
腰痛と言っても施術項目が、6項目もあります。

page top