腰痛、腰の痛みを解消

腰痛を解消するために

腰痛が楽になる

徳力整体院の腰痛を楽にしていく施術法は、電機や機械は使いません。
ボキボキしないから痛くない腰痛の改善法をしています。
急性、慢性などがあります。
急性腰痛と慢性腰痛があります。急性腰痛とは、多くの場合ギックリ腰の事をいいます。

急性腰痛は

急性ギックリ腰などに代表される腰痛です。慢性腰痛とは、何をしても、改善しない腰痛になります。
急性腰痛は、一過性で、疲れやストレスがたまって起きた腰痛です。体にいつの何か蓄積した疲れやストレスが多くあります。
この蓄積した疲れやストレスが腰痛に関係する所にたまると起こりますギックリ腰は、一過性の捻挫です。足や手首などの場合と違い、大きな関節で起こるから痛みが強く感じます。体を支える関節なので、前かがみの状態や体が起こせなくなります。つまり、動けなくなります

慢性腰痛は

急性とは違い、最近ではなく、いつも腰が痛いとか、ヘルニア、坐骨神経痛などに進行した方です。腰痛などをこじらせている方です。
腰痛もこじらせると、直りが悪くなります。
疲れやストレスだけではなく、色々な原因ができるからです。
急性腰痛も慢性腰痛も、同じように椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に進行して悩ませる痛みやシビレを起こす場合があります。
椎間板ヘルニアなども、手術しなければ、いけないヘルニアと言いますが、手術しないで回復している例も当院では多くあります。 腰の痛みの原因を見つけ出すことです。

原因とは、腰痛の原因の事です。

必ず腰痛を起こしている原因があります。
この腰痛を起こしている原因を軽くしていく事で、どんな腰痛も改善していきます。

腰の痛みは

腰痛は、重いものを持ったことや体を捻ったことが原因で起きているのではありません。
腰痛が起きだす前には、もう腰痛が起きる準備ができていて、切っ掛けで腰痛になります。
この切っ掛けとなるのものが、最大の原因です。
つまり、腰痛を起こす原因の所に疲れがたまると、腰痛になります。

腰の痛みを起こす原因とは疲れです

疲れの蓄積が腰痛を起こしています。
疲れが腰痛を起こす原因の所にたまってくると、骨盤が歪みを起こしたりしていきます。
骨盤が歪みを起こして、足の長さが左右違っていきます。そして、背骨のズレが起こります。
骨盤の歪みが起きて、背骨のズレが起きたものが腰痛・ギックリ腰です。
悪化させると、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になります。脚の痛みやシビレになります。
では、腰痛を起こす原因は疲れですが、その疲れが、何処にたまるのか!!!!
腰の痛みは、ここが一番 重要です.。
必ず、たまって蓄積していく所があります。

歪みが腰痛の原因

腰痛は腰にたまった疲れが原因です
① 腰の痛みや腰痛は骨盤の歪みや骨盤の開きが痛みの理由の時。
② 骨盤の上の所の背骨のズレで腰痛が起きる場合。
③ 骨盤や背骨のズレ両方から起きる腰痛の場合。
④ 内臓から起きる腰痛の場合、などがあります。
最近、多いのが、内臓にたまる疲れで腰痛が起きる方が増えています。(病気ではありません)
※ 注意
説明の中に『内臓』と言う言葉が出ますが病気とは言ってませんので勘違いしないで下さい。
腰痛や腰が重い、ギックリ腰は腰の疲れが原因です。腰にたまる疲れと言うのがあります。腰に疲れがたまると、あとは切っ掛けで腰痛になります。

無理な姿勢が

腰の動かし過ぎや、姿勢、重いものを持つなどで疲れが腰にたまります。
腰に疲れが、たまり過ぎると、本当に切っ掛けで起きてしまいます。
腰痛の最大に影響力があるのは、大腰筋・腸骨筋です。この筋肉は、股関節の一部から骨盤や背骨についている筋肉です。
骨盤が開いたり、骨盤のネジレを起こす筋肉です。階段を昇ときに使う筋肉です。
この筋肉が収縮を起こすと、まっすぐな姿勢をするのが、立てなくなります。筋肉が収縮して短くなるからです。
この筋肉は、腸の後ろにあります。
大腰筋と腸骨筋は腰痛の原因の一番です。大腰筋と腸骨筋は歪みが起きると腰痛になります。

腰の痛みは筋肉からも

しかし、この大腰筋・腸骨筋は、腎臓に関係しています。
腎臓に疲れがたまった時に、収縮を起こしています。腎臓に疲れがたまると、筋肉バランスが悪くなって、骨盤の開きやズレを起こします。
バランスの悪さが、ひどくなると背骨の骨のズレを起こします筋肉バランスが悪くなると、椎間板も引っ張ったりしてヘルニアになります。
骨のズレと筋肉バランスが起こすのが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛と足の痛みとシビレです。
すべて、内臓の疲れが原因です。しかも、腎臓の疲れです。当院では、腎臓の疲れを軽くしていく施術をしています。
腰痛は腎臓の疲れからおこります
腰痛、腰の痛みは原因があります。

腰痛は腎臓から

腎臓の働きが落ちた時に、この筋肉は、緊張します。
腎臓に疲れがたまった時に、筋肉バランスが悪くなって腰痛が起きます。       
緊張するとは、収縮するのが普通です。収縮するとは、短くなります。
筋肉が短くなると、前かがみで姿勢を起こせません。
腰痛を悪化させると、ヘルニアになります。程度により色々ですが、咳やくしゃみをすると腰が痛くなります。

ヘルニアが軽いときには、起こりません。

脚に行く神経を圧迫するまで悪化させると坐骨神経痛になります。脚の神経が圧迫されると、足にしびれや、痛みになります。
腰の痛みの原因は筋肉バランス
筋肉に影響をするのは、全て体にたまった疲れが原因です。
疲れは内臓にたまります。
内臓にたまると、その内臓は疲れていきます。内臓が疲れると、内臓自体よりも、少しずつ筋肉に影響して筋肉自体を収縮させていきます。
収縮度合いが強くなると、骨盤をネジッたり、骨のズレを起こします。筋肉が収縮すると、筋肉自体が短くなって骨を引っ張ります。
椎間板にも、ついているので、引っ張って引きずりだします。これがヘルニアにつながります。

椎間板圧迫 ヘルニア

腰痛の黒幕中の黒幕は腎臓です。病気ではありません 腰痛は、腎臓が弱った時に、起こります。
ギックリ腰やヘルニア、坐骨神経痛も腎臓が黒幕で起きています。腎臓が弱ると、疲れがやストレスがたまります。
腰痛は腎臓が弱って起きています。
腎臓に疲れがたまって腎臓が弱ると、上の絵の大腰筋、腸骨筋のバランスが悪くなります。
腎臓は、筋肉の大腰筋、腸骨筋にも影響力が強いんです。
必ず、腎臓が弱ると筋肉のバランスが悪くなります。バランスが悪くなると、骨盤を横に引っ張るので、骨盤が開いたりすることも起こります。特に腸骨筋の緊張で筋肉が強く収縮を起こすと、骨盤がネジレたり開いたりします。
下のイラストのように腎臓が弱ると骨盤はネジレや歪み、骨盤が開いていきます。歪みなどで姿勢が支えられないくらいになると急なグギッとした痛みになります。グギッとしなくても、痛みになったりします。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

骨盤のバランスのズレと歪み

腎臓が弱くなって筋肉のバランスが悪くなると、骨盤が歪みやズレを起こします。
大腰筋は、股関節の位置から、上まで行っている筋肉です。大腰筋が主に収縮すると体が真っ直ぐになりません。
又、大腰筋は、背骨や椎間板にもついています。
大腰筋が収縮すると、骨のズレや椎間板も引っ張ってネジレや骨のズレを起こします。椎間板も、大腰筋が引っ張ると、ヘルニア状態になって、強い痛みになります。ヘルニア状態になって、神経に触ると坐骨神経痛になったりして足に痛みやシビレが起きます。シビレが長いと、マヒに進む場合もあります

これが腰の痛みのメカニズムです。

痛みが起きている所に炎症があれば、炎症が収まるようにしていきます。
骨盤が開いていれば、開きが良くなるようにしていきます。
骨盤がネジレていれば、ネジレが良くなるようにしていきます。腰の骨が、ズレていれば、矯正していきます。
痛くもなくボキボキしないで矯正できます椎間板ヘルニアが、あればヘルニアが改善するようにしていきます。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
詳しくは、体質改善 アンチエイジング(若返り)のページで
北九州地区で腰痛を解消するなら北九州市小倉南区・小倉北区、八幡東区、戸畑区、行橋市などから多くの方が来院する腰の痛みを原因から解消するカイロプラクティック徳力整体院

内臓の疲労から起きる症状はストレスが

毎日の仕事、家の家事などでストレスがたまって、解消できないと、人の体はストレスをためていきます。
このストレスが、多くなれば多くなるほど、自力で解消もできなくなります。ストレスも際限なく蓄積していきます。
まさに、底なし沼のような感じです。

ストレスには2種類のストレスが

ストレスは2種類あります。普通に使うストレスと言うのは疲れの蓄積の事です。一本的に使うストレス解消と言うのは軽い方のストレスになります。
軽いストレスと言うのは、ストレスがたまったから旅行に行こうと言う感じで減らすことが出来ます。カラオケにも同じ軽いストレスを減らすことができます。
気分転換をすると、気分が変わって変わる程度のものが軽いストレスです。または、カラオケなどで熱唱すると変わるのが軽いストレスです。
もう一つのストレスは
もう一つのストレスが、結構厄介なストレスです。このストレスの事を軽度と違いわかりやすいように重度のストレスと言います。

重度のストレスが

腰痛、腰の痛みの施術を受けに来られた方の声
腰痛、腰の痛みの方 (40代女性の方)
病院でヘルニアと言われて手術でしか治らないと言われて、休めないので、どこか良い所を探していました。 同僚から紹介されて、手術しないですむのなら?と言う気持ちでいきました。  治療中に色々言われていましたが、聞いていなくて、すいませんが、起きて帰るころには、なんだか少し痛みが違いました。少し良くなったような気持でした。 その晩ゆっくり眠れました。 久しぶりに起きませんでした。 
色々行きました腰痛、腰の痛みが (50代男性の方)
腰が痛くて、整骨院や整形外科に行きましたが、どうにも変わらなくて、看板で見つけました。  今ではウソのように楽です。 運転で腰痛、腰の痛みに (30代の男性の方) 長く運転することが多いため、腰が痛くなっていましたが、ここに来て数回で楽になっています。今まで色々な整体やカイロプラクティック、マッサージに行きましたが、すぐ戻ってしまって繰り返しでしたが、ここは、少しずつでも楽になっていくのが実感できます。色々行きました
腰痛、腰の痛みが (20代の女性の方)
高校生のころからスポーツをしていて腰を痛めました。整形外科に行っても電器や湿布ばかりで良くならなくて、整骨院やマッサージにも行きました。会社の先輩からここを進められて半信半疑で予約してみました。電器なんかは使わないで、痛くもないしつらい腰の痛みが楽になりました。
腎臓の働きが
腎臓にストレスがたまると腰痛を起こします。腎臓機能が病気ではなく腎臓の働きが弱い方が腰痛、腰の痛みになっています。
腰痛、腰の痛みを一度でも起こした方は、腎臓の問題がある方です。この腎臓の問題があると、イラストのように時々腰痛、腰の痛みを起こしながら、進行していきます。
腎臓が
弱い腎臓には疲れやストレスがたまりやすく、たまると一時的に腰痛、腰の痛みになっています。
腰痛、腰の痛みが起きる時には、一時的ですが、もっと疲れやストレスが蓄積していくと弱い腎臓はもっと弱くなっていきます。人の年齢も歳をとりながら老化していきます。
腎臓の弱さは疲れやストレスをためる事で、ドンドン老化していきます。
腰痛、腰の痛みが起きた方が腎臓の病気になる確率が、ドンドン上がっていきます。確率が上がるごとに病気に近づいていきます。これが腰痛、腰の痛みになっている方の問題として最終的なものになります。あとは進行度合いと、どれくらい弱いかで違います。
これを なる前に変えていくのが、当院の体質改善と言う施術です。体質改善の施術は別名、アンチエイジング・若返りと言います。
詳しくは体質改善のページでも説明しています。
体質改善 アンチエイジング 若返りの施術

 

  1. 病院でもレントゲンを撮って骨に異常(骨折、骨のヒビ、脊柱管の狭窄)が、なければ湿布を貼ったり注射を打ったり低周波治療器や電器をしたりする事や痛み止めの薬の方法だと思います。まさに痛み止めです。つまり対症療法になります。対症療法も良いんですが腰痛の状態を見つけ出していないような感じです。
  2. 腰痛が、どうして起きるのか、どこから痛みになるのか! そこが大切だと思います。

  3. 整骨院でも揉んだり低周波治療器や電器をしてくれます。機械の種類は違いますので性能で差はあると思います。でも、そこまで違いはありません。しかし整骨院の施術項目は骨折、捻挫、打撲、打ち身、脱臼が専門です。保険が効いて安いようです。当院のような検査をする事もなく揉んだり低周波治療器や電器をしてくれます。毎回、通院しても低周波治療器や電器です。

    低周波治療器や電器も悪くはありませんが、当院でも技術力と検査する力がない時にでは、低周波治療器や電器を使っていました。しかし今では技術力の向上により一切の低周波治療器や電器は使いません

  4. マッサージは筋肉に対して揉んだり押したりしてマッサージしてくれます。マッサージと言うのは筋肉のコリや緊張をほぐしているモノですが、どうして筋肉のコリが起きるのかなどを検査していません。
page top