腰痛、腰の痛みを楽にするなら

腰痛、腰の痛みを楽にするなら

腰痛腰の痛みが起きるときには痛みの原因があるから起きているわけですけど痛みの原因を見つけ出す事は簡単な方法ではなく表面上の痛みだけを楽にする方法が多くあります。
腰痛、腰の痛み

腰痛や腰の痛みとは

表面上の痛みだけを楽にしても痛みが楽になっていきますので多くの施術法は表面上の痛みだけを楽にすることに集中していると思いますので湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり痛み止めを使ったり注射を売ったり筋肉を揉むマッサージをしたり低周波治療が電気代をかけたり鍼灸をしたり、指圧をしたりする事は対症療法的だと思っています。
対症療法と言うのは、痛みの原因を見つけ出すこともなく表面上の痛みを楽にする方法なんです。
しかし本当の起きた原因と言うのは、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレに原因があるんですが骨盤と言うのは、土台と言う意味もありますので土台が歪んだり傾いたりすると背骨も歪んだり、ずれたりしていきますので骨盤の支えがないときに重たいものを持ったり、中腰をしたり前かがみをしたりくしゃみをしただけでもまたは同じ姿勢を続けただけでも痛みに見舞われることが起こります。

腰痛や腰の痛みが起きるときには

根本的に痛みの原因がどうして起きるのかと言う事はわかっていないことが多くありますが整体やカイロプラクティックの治療院でも骨格構造の歪みからくると言う感じで説明したり姿勢が悪いからだと言うふうに説明したりして骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを矯正しているんですが、どうして歪んだり開いたりずれたりするのかと言う原因まで見つけ出すことまで至っていませんので矯正自体ができていません。

腰痛や腰の痛みが起きるときには

腰痛や腰の痛みが起きる場合何かをして痛めてしまうことが多くありますので例えば代表的なものはものを持とうとして前かがみになったときに、急激に痛みになってしまうということなんですが、骨盤が歪んだり骨盤が開いたり、さらに背骨がずれたりすると筋肉や靭帯が前かがみになる姿勢を支えることができないためにバランスを崩してしまう関係から急激な痛みになってしまうのがぎっくり腰なんです。
同じことをしても骨盤の歪みがなく土台がしっかりしていると痛みが起きる事はありません。

疲れやストレスの蓄積

腰痛や腰の痛みやぎっくり腰が起きたり椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になってしまうときには体に多くの疲れが溜まっているときに起こりやすく疲れが溜まっていると骨盤の歪みや骨盤の開きさらに背骨のズレを起こしていきます。
しかし疲れの特性として一過性でしか感じ取ることができません。
一過性と言うのは一時的にしか感じることができないと言う現象なんです。
疲れは感じてもしばらくするとなくなったように消えていくんですが残ったままになっています。
疲れは感じなくなって忘れていきますが残ったままになっています。
。感じなくなるだけであり、体に蓄積していることさえ、わからずに積み重ねてしまう結果を招いてしまい、疲れが多くなっていくと限界はありませんので蓄積状態が多くなっていけばいくほど、ストレスに変換されてしまい疲れやストレスの蓄積から骨盤が歪んだり開いたり背骨がずれたりしてる時にものを取ろうとしたり、重たいものを持とうとしたり、同じ姿勢を続けると、さらに拡大して歪んだり開いたりずれたりしていきますので、いつかは痛みになっていきます。
疲れと言うのは何をしても溜まっているものですから、全員の方が溜まっているんですが溜まっていると代謝が悪くなったりリンパの問題が起きたり老廃物が多くたまる現象が起きるのは当然です。
骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きていることがあるんですが、程度というか段階というか軽いものから、ひどいものから、ひど過ぎるものまでありますので軽いものであれば痛みになる事はなくそのままでいくと思いますが疲れが溜まると言う事は必然的に起きていきますので、いつかは痛みになる現象が起きると言うことも考えられます。
仕事をしても疲れは多くなります。
生活をしても疲れは多くなります。
家でごろごろゆっくりしていても疲れは多くなります。
温泉に入って旅行に行っても疲れは、いくつかあると温泉に入る疲れが生じてしまいますので疲れは多くなります。
何をしても、何もしなくても疲れは多くなっていきますし、睡眠不足だったり睡眠負債状態になっていると余計に疲れは増大していきます。
睡眠と言うのは熟睡状態の事だけを言いますので眠りが浅ければ体は必然的にボロボロガタガタ状態になっていて代謝が悪くリンパの問題も大量に起きて老廃物が多くたまることからむくみや脂肪になっていると考えられますがそれだけではなく骨盤の歪みや背骨のズレを起こしていくと言うことも起きています。
不眠症と言うのは寝ようとするときに月が悪く1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことが不眠症です。
しかし不眠症に対して睡眠負債は夜寝ようとするときにすぐ眠れて朝まで目が覚めない現象なんですが目が覚めないだけで眠りが浅い睡眠しかできていない状態ですから熟睡ができていませんので大変体がボロボロでガタガタ状態になっているんですが気がついていない方も多くいます。

 

 

 

page top