腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みが起きるのは

腰痛 を改善していくためには 湿布を貼ったりしても急激な痛みは解消されることもありますし マッサージをしたりしても強い痛みは解消できるかも分かりませんし 低周波治療器などを当てても腰痛の痛みは改善することもありますが多くの場合は腰痛の原因が残ったままになっています。

 

腰痛は姿勢が悪くてを期待するものではありませんし重たいものを持ったりして腰が痛くなることはありますが原因ではありませんし中国をしたりして立とうとして腰が痛くなることはありますけど原因ではありません。

 

庭仕事をしていて座っていて立とうとした時に急に腰が痛くなったりすることは原因ではなく原因があるときにには仕事をして座っていて立とうとしたから痛くなっています。

 

何かを取ろうとして手を伸ばした時にまた体を伸ばした時に腰が痛くなったりすることもありますがこれは切っ掛けであって原因ではありません。

 

朝、起きた時に布団が柔らかすぎたりすると腰が痛くなったりすることもありますが布団が原因ではなく歪みやズレがあるときに柔らかい布団に寝たから腰が痛くなっています。

 

くしゃみをしただけで腰が痛くなる時も 歪みやズレがあるから腰が痛くなっていてヘルニアのような症状を起こした時にくしゃみをしただけで腰が痛くなります。

 

腰痛を起こす時には

 

腰痛を起こす時には必ず骨盤の歪みや背骨のずれが存在しています。

 

骨盤の歪みや背骨のズレがあるときに重たい物を持つと腰が痛くなります。

 

骨盤の歪みや背骨のズレがあるときに柔らかい布団に寝ると腰が痛くなります。

 

骨盤の歪みや背骨のズレがある時にくしゃみをしただけで腰が痛くなります。

 

骨盤の歪みや背骨のズレがあるときに長く歌ったりしていると腰が痛くなって体が曲げられなくなります。

 

骨盤の歪みや背骨のずれというのは日常的に起きているものですが程度と段階があって程度が軽ければ段階が少しであれば腰痛や腰の痛みは起こりません。

 

逆に骨盤の歪みや背骨のずれがないという方はいないと思いますから多少はあるということです。

 

骨盤の歪みや背骨のずれが起きる原因

 

何も原因がないのに 骨盤の歪みや背骨のずれが起きたりすることはありませんので何かの原因が体にあって背骨の歪みや骨盤のゆがみになっています。

 

骨盤の歪みや 背骨のズレというのは大変多くの方に起きているものですが痛みになっていないだけで程度と段階があると説明したように誰でも起きているものです。

 

特別なものではありません。

 

背骨の歪みや骨盤のズレというのは大変多くの方に起きている現象ですが多くなればなるほど姿勢をきっかけとして起きてしまいます。

 

骨盤の歪みや背骨のずれが起きる原因は日常的に生活しているだけで溜まっていくものが原因です。

 

日常的に生活したり仕事をしたり運動をしたりストレッチをしたり精神的なプレッシャーが加わったり寝不足状態をしていると骨盤の歪みや背骨のズレは誰でも起きてしまっています。

 

この日常的に多くなるものとはどういうものなのかということを突き止めていくことが腰痛を改善する重要な事故になりますがそのものがどういうところに溜まっているのかということも重要になります。

 

日常的に体にたまるものというのは疲れやストレスです。しかし、この 体にたまる疲れやストレスというのはどこに溜まっていくのかということを説明できる方は少ないと思います。

 

専門家の先生でさえも疲れやストレスがどこに溜まるのかということを知らない方も多くいます。

 

疲れやストレスの蓄積

 

疲れやストレスというのは体に溜まっていくということは分かっていると思いますがそれがどこに溜まるのかということが一番の腰痛を改善していく上で重要なことです。

 

疲れやストレスというのは内臓に溜まっていきます。

 

もちろん内臓にたまるところもありますが筋肉にも溜まっていきますので筋肉バランスの影響は出てしまっているということもありますが内臓から筋肉に多くの影響を与えてしまいますので筋肉の方がより多くたまるということはありえません。

 

筋肉に多く食べるよりもさらに何十倍も多くの疲れやストレスは内臓に蓄積していき内臓の働きを弱らせてしまいますので病気ではなく内臓疲労という状態で骨盤の歪みや背骨のズレが起きて行きます。

 

内臓疲労が多く泊まれば貯まるほど貯まるところの状態に応じて腰痛を起こしていきますが溜まる腰痛を起こすところというのは腎臓が主です。

 

つまり腰痛というのは8割以上は腎臓の疲れが原因で腎臓が疲れれば疲れるほど 大腰筋腸骨筋という言葉の中にある筋肉のバランスが悪くなった状態で骨盤の歪みが起き背骨のずれが起きて行きます。

 

腰痛を起こす原因として挙げられるものはあと残りの2割弱は 膀胱や子宮や前立腺が深く関係しています。

 

疲労が腰痛の原因

 

しかし腰痛を起こしている原因の8割ぐらいは腎臓疲労が原因ですから腰痛=腎臓という構図が描かられます。

 

腎臓に疲れやストレスがたまりば貯まるほど骨盤の歪みが起きてしまいますので 骨盤の歪みが起きている時に重たいものを持ったり中腰をしたりくしゃみをしただけで腰が痛くなります。

 

骨盤の歪みや背骨のズレがある時に筋肉バランスが悪くなっているので何かをしただけでかなりの負担になりますのでこの負担が腰痛を起こしている原因で悪化させたものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に進行していきます。

 

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というのも特別なものではなく 初期中期であればまだ改善する余地があります。

 

しかしさらに悪化したものは椎間板の瑞鶴という中心角が途切れてしまって合流して出てきてしまいますのでそうすると手術をするしか治る手段はありません。

 

しかし多くの方の坐骨神経痛や椎間板ヘルニアは手術をしないでも解消できる場合が多くありますので行ってみる価値はあると思います。

 

骨盤の歪みというのは整形外科や外科でも矯正することはできませんし整えることはできません。

 

整形外科、外科というのは怪我や外傷や骨折やひびなどを扱うのが主な分野ですから矯正というのはありません。

 

骨盤の歪みや背骨のずれというのは 腎臓疲労から起きてしまいますので腎臓のある部分を触ると炎症を起こしたり腫れたり熱を持ったりということが多くあります。

 

腎臓が疲れるば疲れるほど腎臓が腫れ上がっていき炎症を起こしたりしていき骨盤の歪みや背骨のずれがひどくなっていきます。

 

腎臓疲労と言っていますので腎臓の病気というのをすぐ結びつけることはやめてください。

 

内臓と言うと祖父病気というのをイメージする形が多くいますが内臓にも疲れが溜まってしまっていますので疲れというのは病気ではありません。

 

内臓疲労が多くなればなるほど骨盤の歪みが起きてしまいます4戦骨のズレが起きると悪化させると椎間板ヘルニア坐骨神経痛になってしまうことが多くありますので腎臓疲労を取り除いて骨盤の歪みを解消して背骨のズレを改善することをして腰痛を楽にしていきます。

 

当院では痛くない 腰痛の改善をしていますので、手の改善で楽にすることをしています。

 

当院では腰痛が楽になったら体質改善という施術がありますので体質改善で腎臓を若返らせて腎臓自体を強くすることができます。

 

しかし体質改善の施術は初回からはできませんから準備ができたから順番に腎臓を若返らせていきますので一回で若返らせることはできませんが数回に分けて若返りをすると戻りにくく繰り返しにくくなっていきますが腰痛にならないというわけではありません。

 

 

 

小倉南区で 30年になる 腰痛 を改善しているカイロプラクティック徳力整体院です

page top