北九州市小倉南区で腰痛と腰の痛みを解消するなら

腰痛の原因とは

腰痛 を楽にしてくためには色々な治療法があるんですが 多くの治療法は対症療法という治療法になってしまいますので痛みを楽にすればいいというだけで原因なんかは関係なくどうして起きているのかどこから起きてるのかということはあまり関係はありません。
腰痛とは
腰痛を楽にしていく治療というのは二つに分けて考えることができるんですが一つ目は対症療法という治療法で もう一つの治療法というのは根本療法という治療法です。

対症療法

対症療法という治療法は多くの病院の整形外科や 整骨院や他の治療院で行われている治療法なんですが根本的な原因を見つけ出すことはしていませんので原因が残ったままになっているという致命傷があります。
腰痛の原因と疲れやストレスと低周波治療器や電器
しかし痛みがあるところで大して湿布を貼ったりすることも対症療法の一つになりますしマッサージをすることも筋肉だと思い込んでしてしまっていますので多くの専門家のマッサージの先生の方も筋肉を緩和することでも楽になることがあるために筋肉だと思っていることもありますし特に低周波治療器は電気などというのは機械さえあれば誰でもできることです。

機械や低周波というのは

機械を当てるということや湿布を貼るということは一番、楽な方法かも分かりません。
当院でも昔は低周波治療器は色々な電気を置いていましたが今では一切の天気が機械を扱っていませんので手の技術力を上げることで対処することをしていますし検査する努力をしていますので検査するということは治療とつながることがあります。
腰痛の原因とは
痛みを緩和するためにも検査することができなければいけませんが普通一般的には病気の検査が一般的ですので病気ではなければ検査する手段というのはありません。
当院では30年の経験と研究で検査することをしていますが、普通、一般的に、検査が出来なければ治療というのは行えることはできないという感じなんですが、多くの治療院では一般的に痛みの原因がわからないために 対症療法の治療方が多く見受けられるんです。

検査すること

検査することができないのに何かを行う行為をすることが対症療法ですから 病院に行って注射を打ったりすることや痛み止めをすることでも対症療法に一つですし何もわからずに薬を飲んだりすることも対症療法になります。
治療するということは検査ができないと何をしていいかということが分からない方が専門家の先生に多くいますので治療する技術をよりもさらに難しいのが検査するということになります。
腰痛の原因と疲れやストレス

腰痛の原因

腰痛の原因というのは筋肉や靭帯の炎症や腫れを伴いながら骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていることが体を支えられない状態で起きているために急性状態で捻挫を起こしている可能性があります。
骨盤の歪みや骨盤の開きから解消していくためにも筋肉や靭帯が改善できなければ、また安定状態をしなって骨盤が歪んだり開いたりして行きますので筋肉のバランスだけではなく筋肉や靭帯の炎症や腫れを改善することも必要になります。
腰痛の原因とは
しかしなにも原因がないのに骨盤が歪んだり開いたりすることはありませんので、何かの原因があるから骨盤が歪んだり開いたりすると考えなければいけませんので、骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしている原因を見つけ出す検査をしなければいけないということになります。
腰痛の原因
北九州市小倉南区の徳力整体院は腰痛の専門家です。

page top